半年の罪や穢れを落とす夏越の大祓

2023.06.30.fri/阿比太神社(桜ヶ丘1丁目)

半年の罪や穢れを落とす夏越の大祓

 2023年も半分が過ぎ、阿比太神社では、恒例の「夏越の大祓」が行われました。知らず知らずのうちに身に付いた「穢れ」を祓い清める神事で、半年に一度、6月30日と12月31日に、天候に関わらず行われています。
 本殿正面には、約2メートルの大きな「茅の輪」が設置され、当日は11時から、内藤景治宮司の先導で茅の輪くぐりを行いました。参拝したかたは、無病息災を祈りながらくぐっていました。
 茅の輪をくぐったかたは「半年間無事に過ごせたことへのお礼参りに来ました。また半年も健やかに過ごせるようにしていきたいです」との願いを込めて、お参りされていました。
 禰宜の内藤景都さんは「夏バテや流行りの病などで、元気がなくなる時期です。お参りいただいて、『元』(もと)の『気』と書く『元気』を取り戻してください。そして、夏を無事に過ごしていただき、年越の大祓式でみなさまにお会いしたいです」と話していました。

page top