より正確に、安全に手術ができます!箕面市立病院に最先端の人工関節手術支援ロボットが登場!

2023.06.27.tue/箕面市立病院

より正確に、安全に手術ができます!箕面市立病院に最先端の人工関節手術支援ロボットが登場!

 箕面市立病院では「人工関節手術センター」を開設し、北大阪の自治体病院として初めて、人工関節手術支援ロボット「Mako(メイコー)」を導入しました。
 人工関節手術とは、傷んでしまった関節を、人工の関節に置き換える治療です。箕面市立病院では、今年(2023年)4月に、人工関節手術支援ロボット「メイコー」を導入し、6月中旬から、メイコーによる人工関節の手術を行っています。 
 このロボットの特徴は、人の手のように手ぶれすることがなく、正確に人工関節を設置するなど、手術計画どおりに手術器具を操作することができ、手術後の痛みなど、患者さんの負担軽減や、合併症の減少などが期待できます。
 同病院 整形外科の主任部長 李勝博さんは「一人でも多くのかたを笑顔にしたいというのが私のモットーです。このシステムを使うことで、より正確に、安全に手術ができるので、悩まれているかたがいれば、ぜひご相談ください」と話しました。

page top