ラジオで「命のパスポート」シリーズ144・梅雨の大雨対策を万全に!

2023.06.09.fri/みのおエフエムスタジオ(船場東2)

ラジオで「命のパスポート」シリーズ144・梅雨の大雨対策を万全に!

 箕面市の広報紙「もみじだより」では毎月、防災特集記事「命のパスポート」を、シリーズで掲載しています。
 2023年6月号は「大雨対策を万全に!」と題し、災害に備えた準備について紹介をしています(8ページ・9ページ)。
 直近では6月2日に箕面市内に大雨警報(土砂災害)と「高齢者等避難」が発令されました。午前6時45分に災害対策本部を設置し、8カ所の避難所を開設しましたが、幸い大きな被害は発生しませんでした。
 過去には、2018年に記録的な大雨が箕面市を襲い、土砂崩れや冠水が発生したほか、同年9月の台風21号では、倒木や電柱の倒壊による停電も発生しました。
 このような災害に備え、箕面市では3日分の水と食糧、乾電池やウェットティッシュなどのグッズを備蓄しておくことをお勧めしています。
 箕面市市民安全政策室の川まりのさんは、みのおエフエムの番組に出演し「雨は地震などと違い、ある程度予測ができるので、雨量が多くなりそうなときは、あらかじめ家の周りの側溝に、落ち葉やごみなどが詰まっていないか確認をするようにしています」と、自宅で行っている雨対策を紹介しました。
 1カ所の側溝などの詰まりが周囲の冠水を引き起こし、自分の家の周りだけでなく、地域全体に大きな被害をもたらす可能性もあります。雨が降り出す前に、今一度ご確認ください。

page top