箕面公園昆虫館で「擬態」をテーマにした企画展が開催中(9/4まで)

2023.05.29.mon/箕面公園昆虫館

箕面公園昆虫館で「擬態」をテーマにした企画展が開催中(9/4まで)

昆虫の宝庫、箕面の森にある大阪府営の箕面公園昆虫館では、企画展「擬態 Camouflage and Mimicry of Insects」が開催されています(9月4日まで)。
この企画展では、植物や他の虫になりきる不思議な虫たちをテーマしています。木の枝にそっくりなナナフシや、枯れ葉にそっくりな蛾を見たことがあるかたもおられるのではないでしょうか。
擬態には、周囲の環境に似せて天敵から見つかりにくいようにするものから、有害な生き物を真似て天敵に捕食されにくくするものまで、いくつかの種類があります。今回の企画展では、擬態を「隠ぺい」「扮装」「ベイツ型」「ミューラー型」の、4つのタイプに分けて展示・解説が行われています。
 展示方法もさまざまで、写真展示、生体展示、標本展示などがあり、クイズ形式の展示があるコーナーでは、昆虫館に来るのは初めてという箕面在住の小学生の男の子が、周囲に溶け込んで見分けにくい昆虫を、一生懸命探していました。

■箕面公園昆虫館企画展「擬態 Camouflage and Mimicry of Insects」
開催日時:2023年5月10日(水曜日)〜9月4日(月曜日)午前10時〜午後5時(最終入館受付は午後4時30分)
休館日:火曜日(7月18日(火曜日)〜8月31日(木曜日)は開館)
箕面公園昆虫館公式サイト

page top