サントリーサンバーズが、箕面ホームゲームで連勝!

2022.02.26.sat/箕面市立スカイアリーナ

サントリーサンバーズが、箕面ホームゲームで連勝!

 箕面市に本拠地を置く男子バレーボールチーム「サントリーサンバーズ」のホームゲームが、2月26日(土曜日)と27日(日曜日)、箕面市立スカイアリーナで開催されました。
 2日連続で「VC長野トライデンツ」と試合が行われ、見事連勝。地元・箕面での晴れ舞台となりました。
 当日は、公式グッズの売店や飲食ブースの出店、JA大阪北部の新鮮な野菜の販売のほか、くじ引きのコーナーもあり、1等賞品の全選手のサイン入りユニフォームをねらって、多くの来場者が楽しんでいました。
 試合開始前には、UNO Dance Studioの子どもたちがダンスを披露したり、サントリーサンバーズのアンバサダーを務める、荻野正二さんが、試合の見どころを分かりやすく解説するなどし、観客の期待感を膨らませました。
 サンバーズ 秦耕介選手のサーブからスタートした、26日の箕面ホームゲーム。当日の試合では、得点を入れては入れられ、同点が続く接戦となりましたが、サンバーズ側が得点を決めると、会場からは大きな拍手が上がっていました。
 また、インターバルでは、箕面高校ダンス部がパフォーマンスを披露し、観客を飽きさせない工夫が各所に見受けられました。
 そして、試合の後半、20点台の大台となった第4セットでは、佐藤謙次選手が最後の得点を決め、サンバーズが勝利を収めました。
 佐藤選手は、試合後のみのおエフエムの取材に対し「久しぶりのホームゲーム。箕面のみなさんに自分たちが活躍する姿を見ていただけたのが幸せですし、勝利できてほっとしました」と試合後の感想を話していました。
 現在リーグ首位のサンバーズ。3月残り6試合、みなさん全力で応援しましょう!

page top