TTR能プロジェクト「能楽を学ぼう!!」が開催

2022.02.17.thu/箕面市立市民会館

TTR能プロジェクト「能楽を学ぼう!!」が開催

 日本の伝統芸能である能楽を、能楽師によるレクチャーで楽しく学べる講座「能楽を学ぼう!!」が、箕面市立市民会館で行われました。
 この講座は、箕面にお住いの能楽師、大倉流大鼓方の山本哲也さんと、幸流小鼓方の成田達志さんによる、「TTR能プロジェクト」と呼ばれるユニットが開催。2月10日と17日(木曜日)に、能の世界を楽しく紹介したほか、鼓や、合いの手についての解説がありました。
 今回、題材となったのは、「江口」という演目で、現在の大阪市東淀川区にあったといわれる、「江口の里」を舞台にした物語です。
 コロナ禍で、実際に鼓を打つ体験は行われませんでしたが、参加者は、ジェスチャーで叩き方を学んだり、合いの手をとったりと、能の世界を楽しんでいました。
 告知を見て参加したというかたは「舞台になった場所を地図で見て、能楽をより身近に感じました」と、話していました。
 取材をしたみのおエフエムのスタッフは、「能の世界はシンプルでありながら、強い情熱と美意識にあふれていて、伝統的で美しい世界でした」と、話していました。
 この、「TTR能プロジェクト」は、今後も定期的に開催される予定だということです。

組み写真3段目右側…山本哲也さん(左)と成田達志さん(右)

page top