新年を迎え、新たな気持ちで基本を大切に!箕面少年剣道錬成会が初稽古

2022.01.08.sat/箕面市立武道館

新年を迎え、新たな気持ちで基本を大切に!箕面少年剣道錬成会が初稽古

 1月8日(土曜日)、新稲3丁目にある箕面市立武道館で、箕面少年剣道錬成会の初稽古が行われました。
 初稽古は年長から中学生までの、およそ30人が参加し、ランニングや準備体操のあと、全員が整列して年始の挨拶をしました。そして、グループごとに、気合の入った稽古に励みました。
 剣道を始めたきっかけは、アニメや警察官に憧れてなどさまざまですが、「今は剣道が好き」という気持ちが少年剣士たちの共通の思い。「礼に始まり礼に終わる」と言われる武道ですが、寒さをものともせず、基本を大切にしながら稽古を重ねていく子どもたちは、とてもすがすがしく感じられました。
 約3年剣道を続けているという小学生は、日頃の練習について「自分が楽しいので、つらいと思うことはない」と話していました。
 箕面少年剣道錬成会では、毎週土曜日の午後1時20分と、日曜日の午前9時に、それぞれ1時間20分程度の稽古を、武道館で行っています。
 取材を担当したみのおエフエムのスタッフは「子どもたちがそれぞれ、自分の目標をしっかり持って取り組んでいる姿に感動しました。そして、指導者も学び続ける意識を持っていることが印象的でした」と話していました。

page top