迫力の訓練!箕面市消防出初式が開催

2022.01.03.mon/箕面市立萱野東小学校

迫力の訓練!箕面市消防出初式が開催

 晴天に恵まれた1月3日(月曜日)、2年ぶりとなる箕面市消防出初式が、今年は箕面市立萱野東小学校のグラウンドで開催されました。
 子どもたちに大人気の消防体験コーナーは、コロナ禍の影響で残念ながら直前に中止となりましたが、消防車や消防関係者の有志を一目見ようと、たくさんの来場者で賑わいました。
 箕面市青少年吹奏楽団のファンファーレで幕が開け、消防職員、消防団員、大阪青山大学の学生消防隊「MATOY」、婦人防火クラブ員、少年消防クラブ員の総勢570人の行進に続き、消防車30台が入場して、会場いっぱいに整列しました。

 その後、消防関係者や、防火の図画・習字作品の表彰式があり、消防訓練の披露が行われました。
 訓練は、箕面市で震度6強の地震が起こり、学校の校舎屋上に人が取り残されたという想定で、消防ヘリコプターから、レスキュー隊員がロープで校舎屋上に降り立ち救出する訓練や、放水訓練が行われ、迫力ある訓練に、来場者は大きな拍手を送りました。
 初めて出初式に来たという箕面市内在住の女性は、「すごい迫力でびっくりしました」と感動したようすでした。
 また、取材をしたみのおエフエムのスタッフは、「市民の安全安心のために、日々努力しているかたの姿を見ると、自分のできる防火や災害対策をすることが大切だと改めて感じました」と話していました。

組み写真1段目…行進のようす
2段目…救出訓練のようす
3段目…来場した親子(左)と、自作の消防服を着た子どもたち(右)
4段目…整列のようす

page top