新しいオレンジゆずるバスのデザインが決定!表彰式とお披露目会が開催

2021.11.03.wed/キューズモールふれあいパーク

新しいオレンジゆずるバスのデザインが決定!表彰式とお披露目会が開催

 箕面市のコミュニティバス「オレンジゆずるバス」のデザインが、新しくなりました。
オレンジゆずるバスは、運行開始から10年が経過し、走行距離が50万km を超えました。そこで、車両の更新と合わせて、市民から新しいデザインを募集。選考会で選ばれた最優秀作品がデザインされたバスが誕生しました。
 新しいデザインは、滝ノ道ゆずるとモミジーヌの間に、勝尾寺のダルマが描かれ、車体全体には四季折々の色鮮やかなもみじが散りばめられています。
 11月3日(祝日)には、バスのお披露目会&試乗会が行われ、来場者は新しいバスに乗ったり、クイズに答えたりして楽しみました。当日は、箕面J-POP大使の北川たつやさんと、UNO Dance Studioのダンサーが、初お目見えのモミジーヌと、「たきのみちゆずるダンス」などの曲に合わせてパフォーマンスを披露。続いてデザインの表彰式では、最優秀作品と優秀作品に選ばれたかたに、上島一彦市長から表彰状が手渡されました。
 最優秀作品に選ばれた、野出春樹さん(小学5年生)は「自分の作品が選ばれたという連絡をもらい、興奮して眠れませんでした。イメージ通りにバスにデザインされていて、うれしいです」と照れ笑い。また、来場者は新しいバスの車内を見て、「車内も広々していて、使いやすそうですね」と話していました。
 新しいオレンジゆずるバスは、つり革や手すりなどに抗菌加工が施されているほか、天井部分に空気清浄機が設置されているなど、車両も更新されていて、11月4日(木曜日)から順次運行されています。

page top