ママと赤ちゃんのためのおうち「はんもっくのおうち」

2021.02.09.tue/今宮3丁目

ママと赤ちゃんのためのおうち「はんもっくのおうち」

 子育てを応援する箕面のボランティア団体「NPO法人はんもっく」は、ママと赤ちゃんが楽しめるさまざまな催しを定期的に開催しています。
 そんな「はんもっく」が、ママと赤ちゃんのためのおうち「はんもっくのおうち」を今宮3丁目にオープンしました。小児科医や助産師などの専門家と、先輩ママたちで創る、0歳からよちよち歩きの赤ちゃんとママ、きょうだいしまいも一緒に過ごせる『まちの居場所』です。安心して子育てするためには、ママがリラックスして、一人ひとりにあった赤ちゃんとの関わり方ができることが大事で、家族以外の人の応援があることが大きな力になると、代表の福井聖子さんは話します。
 「はんもっくのおうち」は、祝日を除く火曜日から金曜日までの午前10時〜12時と午後1時〜3時の間、自由に出入りができます。また、ほかにも、ママヨガ教室や沐浴の指導や実践、赤ちゃんを預けてママがゆっくりお昼寝できるなど、いろいろな企画や有料メニューもあります。
 初めてヨガ教室に参加したという1歳1カ月の赤ちゃんのお母さんは「ヨガは以前から興味がありました。ここでは子どもを安心して預けてヨガに取り組めるのがうれしいです」と話していました。また、おもちゃで遊ぶ赤ちゃんのそばで「卒乳」や赤ちゃんの睡眠について、先輩ママに相談するお母さんの姿もありました。
 『はんもっくのおうち』では、助産師さんは火曜・木曜・金曜日に常駐しています。新型コロナウイルス対策として定員を設定していますが、ホームページの申し込みフォームで空き状況が確認できます。
NPOはんもっく

page top