福豆で厄除け!阿比太神社節分祭

2021.02.03.wed/阿比太神社(桜ケ丘1丁目)

福豆で厄除け!阿比太神社節分祭

 2月3日(水曜)、阿比太神社で、恒例の節分祭が行われました。毎年行われてきた、大護摩や火渡りの行事は、高齢となった山伏のみなさんの引退により中止となりましたが、厄落としや無病息災、病魔退散の願いを託した護摩木の焚き上げは、神職により行われ、境内ではご利益のある護摩の煙が雪のように舞っていました。
 節分祭の最後は、「福豆」の授与です。参拝者たちは列を作り、福豆を受け取ると、本殿で祈りを捧げていました。
 大学4年生になる娘さんと親子で参拝した女性は、「こんなときなので参拝を迷いましたが、娘の就職も無事決まり、お礼参りも兼ねて来ました。距離をとって参拝している人たちを見て、みなの思いは一つなんだと感じています。感染予防をしながら、こうして地元の伝統ある行事が行われたことはうれしく、来てよかったです」と話していました。
 阿比太神社の禰宜 内藤景都さんは「御祭神の素盞鳴尊は、文学や武道の守護神ですが、流行り病にも霊験あらたかです。コロナ禍で市外の安産祈願へ行けないといった妊婦さんなど、今後もどんなことでもお気軽に相談してください」とコメントを寄せました。

page top