夏越し祓

2020.06.30.tue/阿比太神社(桜ヶ丘1丁目)

夏越し祓

 6月30日は一年の半分が過ぎた6月の晦日。知らず知らずのうちに半年で身にまとってしまった穢れを祓い清める「夏越し祓い」の日です。
 桜ヶ丘1丁目の阿比太神社では本殿前に「茅の輪」が設けられ、雨除けのテントが張られたなかで、「茅の輪くぐり」が行われました。
 「茅の輪」は直径2メートル程の輪に、イネ科の植物「茅」を巻きつけたもので、8の字を描きながら3度くぐると厄災を逃れられるといわれています。
 午前11時、梅雨の本降りの雨にも関わらず、20代から50代くらいの20人ほどの参拝者が、宮司に続いて「茅の輪」をくぐり、穢れを祓いました。その後は、コロナ対策として開け放たれた本殿で、ご祈祷が行われ、参拝者も一心に祈っていました。
 友人と参拝したという近所に住む女性は「毎年来ています。今年はコロナのことがあるので、無病息災疫病退散を必死に祈りました」と話していました。
 箕面市内では、阿比太神社のほかに、小野原西の春日神社でも、茅の輪くぐりが行われています。また、7月下旬には、牧落八幡大神宮でも行われます。

page top