山と里のエドヒガン

2020.03.26.thu/箕面森町、萱野3丁目

山と里のエドヒガン

 箕面でも桜のたよりがちらほら届く3月下旬。ソメイヨシノより一足早く咲くエドヒガンが、山と里で見頃を迎えています。
 箕面森町の、東ときわ台との間の谷は、エドヒガンが群生。箕面観光ボランティアガイドの伊藤修孳さんが情報と写真を寄せてくださいました。平野部よりも気温が低めのため、開花はまだまだだろうと予想して行かれたそうですが、なんと満開近く咲いていたとのことでした。
 また、萱野3丁目南交差点近くにあるエドヒガンも今が見頃。見事な咲きっぷりに、道行く人も足をとめて見上げていました。
 エドヒガンは、花びらの下のガクの下部がぷっくり膨らんでいるのが特徴です。

page top