箕面出身のサッカー亀川諒史選手に箕面市長表彰!

2016.12.26.mon/箕面市役所

箕面出身のサッカー亀川諒史選手に箕面市長表彰!

 リオデジャネイロオリンピックで、男子サッカー日本代表チームの一員として出場した、箕面一中出身の亀川諒史選手に、倉田哲郎市長から箕面市長表彰が贈られました。
 亀川選手は、湘南ベルマーレから現在はアビスパ福岡に所属するディフェンダー。リオ五輪では、2試合に出場し、フル出場した試合で勝利をおさめました。大きな舞台に立てたことが良かったと話す亀川選手に、市長が「緊張しましたか?」と問いかけると、「緊張より、その一瞬を楽しみたい!という気持ちの方が強かった」と述べました。
 また、サッカー選手を夢みる箕面の子どもたちに向けて「僕自身も、小さい頃サッカー選手を夢みて頑張った。がむしゃらに、まずはサッカーを楽しんでやってほしい。あきらめずに努力すれば、無名でもきっと道は拓けると思うので、夢に向かって一生懸命頑張ってほしい」とメッセージをくださいました。
 今後は、「さらにみなさんに勇気や感動を与えていけるように頑張るので、ぜひ応援してください。みなさんの応援が力になります」と話していました。
 このもようは、タッキー816(FM81.6MHz)で2017年1月5日(木)10:45〜10:55に放送します(再放送 同日16:10〜、19:25〜、翌朝7:05〜)。

page top