ホタルを楽しまNight ホタルの夕べ

2016.06.18.sat/聖母被昇天学院

ホタルを楽しまNight

 6月、箕面市内では、箕面川や勝尾寺川、箕川などでホタルが見られますが、ホタルを見たことがないという子どもたちが増えているということを聞き、聖母被昇天学院の自然科学部のみなさんとNPOホープビジョンがタッグを組み、そんな子どもたちのためにホタルを通して自然環境の大切さを感じてほしいと、6月18日(土)、ホタル鑑賞の催しを開催しました。
 体育館には、約4畳分ほどの手作りの特大ホタル鑑賞用ケースを設置。まず、芝生広場で、学院の聖歌隊が合唱で来場者を出迎え、自然科学部のみなさんがホタルクイズを出題しました。ホタルについて少し学んだあとは、いよいよ体育館へ。ケースの中に約1000頭のゲンジボタルが放され、暗闇の中に浮かぶホタルの光の舞をしばし鑑賞しました。
 来場者は1000人にのぼり、ホタルの光を初めて見た子どもたちも喜んでいました。ホタルは、この後学院内のビオトープに放され、学院では、新たなホタルの名所になってほしいと話しています。

page top