すてるモノで宝物をつくろう!

2016.02.16.tue/コミュニティセンター萱野小会館

すてるモノで宝物をつくろう!

 2月6日(土)、企業などで出た廃材を使って、小物や飾りなどを作る催しがコミュニティセンター萱野小会館で行われました。これは、市民活動を応援する夢の実支援金の交付を受けた「[vvv]ヴィークラフト」のアップサイクル事業。アップサイクルとは、リサイクルをさらに進化させ、使われなくなったものを工夫して、新しく、より良い製品に生まれ変わらせて価値を高めることをいいます。
 参加した子どもたちは、さまざまな材料で、飾りや小物づくりに挑戦していました。ポーチを作るコーナーに参加した小学生は、細長く切った洗剤のパッケージを何重にも編み込んで作品が完成すると「きれいな色のポーチができたのでうれしいです」と話していました。

page top