突っ走れ、力の限り!…小学校の運動会

2012.09.29.sat/箕面市立西小学校

突っ走れ、力の限り!…小学校の運動会

9月29日(土曜日)、箕面市内の各小学校で運動会が開催されました。
西小学校では、たくさんの保護者が運動場につめかける中、朝9時の開会式で運動会が幕を開けました。赤組・白組に分かれて、対抗種目では互いに一歩も譲らず、意地がぶつかり合いました。
 6年生の騎馬戦は、まず団体戦が行われ、赤白の騎馬が入り乱れて帽子を取り合いました。そのあとは勝ち抜き方式の一騎打ち。両手をがっちり組み合って、なんとか相手をねじ伏せて帽子を奪おうとしますが、なかなか決着が着かない組も。かと思えば、出会い頭の一瞬で勝負が決まる組もあり、取った相手の帽子が高々と差し上げられると、勝った側からはドッと歓声が上がりました。
 徒競走は、1年生が50メートル、2年生が80メートル、3年生が90メートル、4年生以上は100メートルを走りました。スタート位置がそれぞれ異なるセパレートコースで、体を傾けながら横一線になってコーナーを駆け抜けていく走者に、観客席から声援が飛びました。
 PTA競技は、毎年おなじみの玉入れ。タイトルが「今年はかごの穴を小さくしてやったぜい ワイルドだろー?」という今年風のもので、かごの口径よりも小さい穴のふたをかぶせて、難易度を上げての玉入れとなっていました。
 白組リードで迎えた、最終競技。児童全員が参加する「大玉GO!GO!」は、赤組・白組がトラックに沿って二列に並び、その間を大玉を転がして通し、端まで行ったら折り返して、今度は持ち上げてトスしながら玉を送ります。勢い余ってとんでもない方向へ吹っ飛んだり、なかなか思うに任せない大玉の動きに、大いに焦る子どもたちでした。
 終盤、赤組も追い上げましたが、逃げ切って今年も白組の勝利。結果が発表されると、白組からは大きな喜びの声が上がりました。頑張った赤組にも健闘を称える拍手が送られ、今年の運動会も充実のうちに閉会となりました。

page top