春日神社で夏越の大祓

2012.06.30.sat/春日神社

春日神社で夏越の大祓

今年の上半期最後の日「6月の晦日」となるこの日、小野原西5丁目にある春日神社では、あさ8時から夏越の大祓式と茅の輪くぐり神事が行われました。
これは、半年間で人が知らず知らずに犯した罪や穢れを祓い清めるもので、茅の輪を8の字にくぐることで災厄から逃れられると伝えられています。
朝早くから氏子の皆さんが集まり境内での大祓式の後、宗方宮司を先頭に茅の輪をくぐりました。
地域のかたも多数お集まりで、続々と茅の輪をくぐられました。
茅の輪は7月8日まで飾られるということです。

page top