かやの広場にドッグラン出現!

2012.06.02.sat/みのおマーケットパークヴィソラ「かやの広場」

かやの広場にドッグラン出現!

6月2日(土曜日)、みのおマーケットパークヴィソラ内かやの広場に、400平方メートルのドッグランが現れました。
これは、愛犬の散歩時間を活用して地域の安全や飼い主のマナー向上を目指す「みのおワンワンパトロールWEST」が主催したもので、昨年12月に続いて2度目のイベントです。
ドッグランには合計40匹のわんちゃんが参加。においをかぎ合って挨拶する犬もいれば、飼い主さんから離れない犬も。かと思うとボールを投げてもらっては大喜びで走って取りに行き「もう一度投げて」とおねだりする活発な犬もいて、それぞれの楽しみ方をしていました。
会場の一角には、獣医による無料相談コーナーが設けられました。6月は湿度が高くなるため垂れ耳の犬にはつらい季節で、実際に耳の中をみてもらっている犬もいました。
ステージでは日本レスキュー協会による救助犬のデモンストレーションが行われました。ジャーマンシェパードによる基礎訓練が披露されているときには、トコトコと最前列までやってきて「すごーい」と言わんばかりに目をまん丸にして見ていた犬の姿もありました。
また、5つある箱のどれかに隠れた人間を救助犬が発見する訓練では、わんわん広場に参加された飼い主さんの中から希望者が飛び入り体験。救助犬の能力の高さを実感していました。
午後からはステージでドッグダンスが披露され、ドッグラン参加者たちもワンポイントレッスンを受けながら実際にドッグダンスに挑戦。初歩的なステップができた、と楽しそうでした。

わんわん広場には外院の里わんわんパトロール隊、箕面わんわんマナーネットワーク、小野原わんわんパトロールの隊員の姿もあり、市内の安全をまもる「わんパト」の横のつながりも感じられました。
ドッグランに参加した犬には美味しいおやつのお土産がたっぷりとふるまわれ、飼い主さんともども大満足の様子でした。
一日を楽しく過ごした飼い主さんと犬たちは、これからも地域の安心を守ってくれることでしょう。
わんわんパトロール隊の皆さんは、ふだんから腕章やワッペンを付けて散歩しているとのことで、「興味のある方はお気軽にお声をかけてください」と話していました。

page top