大阪府内 第1号!!公共空間が民間企業の広告の場に!!

2012.06.01.fri/箕面公園通り

大阪府内

大阪府屋外広告物条例の規制が緩和され、自治会や商店街組織等の地域の活動主体が営利を目的としない地域活動に広告収入を充当する場合に限り、公道上への屋外広告物の掲出が可能となりました。
このたび、府内で初めて箕面市域の府道豊中亀岡線において、箕面シンボルロードまちづくり協議会が箕面森町で住宅販売を行うハウスメーカー4社と連携した屋外広告物を掲出し、広告主からの収入を地域の活動に充当する取組みが始まりました。
まちなみに調和した広告が連続することで、まちの景観が向上するとともに広告収入による自立的な地域活動の進展が期待されます。
今回の実施状況を検証しながら地域支援活動の一環として、さらなる拡大に取り組んでいきます。

page top