桜の下でノルディックウォーキング

2012.04.18.wed/瀧道

桜の下でノルディックウォーキング

 ノルディックウォーキングは、2本のストックを使って行うフィンランド生まれの歩行運動。背筋が伸びて歩幅が広がるため、運動量も高くなり、しかも足腰への負担が少ないと注目を集めています。
 スカイアリーナでは、月に2回程度、コースを変えてノルディックウォーキングを実施しており、全日本ノルディックウォーク連盟公認指導員が指導にあたっています。
 今回は、箕面大滝をめざすコース。参加者のみなさんは、瀧安寺前広場で基本的な動きを練習した後、新緑の美味しい空気を満喫しながら、自分のペースで大滝をめざして歩きました。
○1月のようすはコチラ

page top