箕面市の新入職員&教職員辞令交付式

2012.04.04.wed/箕面市役所

箕面市の新入職員&教職員辞令交付式

 新年度初日の4月1日(日)、箕面市職員並びに箕面市教職員の辞令交付式が市役所で行われ、職員のかた52人、先生がた29人の合計81人の箕面市職員・教職員が誕生しました。
 今年は、大阪市や堺市などの政令市を除く全国の市町村で初めて、教職員人事権(任命権)が、都道府県(大阪府)から箕面市に移譲された元年。
箕面市が採用した先生が、箕面の子どもたちの教育を進めることになりました。
 タッキー816みのおエフエムでは4月12日(木)放送の「816ラジオ日和」内で、職員20人の声をお届けしました。(収録は4月4日(水)、研修終了後に行いました)
「大学を卒業したばかりで、早起きがちょっぴりつらい」「学生時代に勉強したことは直接役に立ちそうにないけれど、これから頑張る」「前職の経験が生かせそう」などスタートラインに立った感想はさまざまでしたが、箕面市の役に立ちたいという気持ちはみな同じ。
「早く仕事を覚えたい」「市民のみなさんの立場に立って仕事をしたい」と瞳を輝かせながら語っていらっしゃいました。
初心を忘れずにそれぞれの配置先でぜひがんばってください!
 なお、みなさんの新人研修は4月いっぱい行われ、5月1日から配置先で本格的に仕事を始められます。
また、箕面市のHP内の「箕面市役所 新人奮闘記!」にみなさんが登場するのも5月1日から。新人だからこその視点で綴られるブログにもご注目ください。
(写真は、辞令交付式と職員研修、インタビューさせていただいた職員のみなさん)

page top