みのお歳時記

2012.02.05.sun/グリーンホール

みのお歳時記

2月5日(日曜日)、グリーンホールでは「みのお歳時記」が開催されました。これは上方の文化芸能を守り育てるという後継者育成事業公演で、みのお太鼓や胡蝶民舞の皆さん、上方舞や長唄、講談など、さまざまな演目が一堂に会しました。
タッキーでは、語り芝居・近松門左衛門原作「曽根崎心中」に出演された三島ゆり子さん、南条好輝さんのインタビューを放送しました。
舞台は多くの裏方に支えられて成り立っているもの。「みのお歳時記」中盤では「第九回上方の舞台裏方大賞授賞式」が行われ、普段客席からは見えないところで舞台芸術を支えているかたたちが表彰されました。
文化芸術もともすれば東京一極集中になりがちな今日、こうして上方の文化・芸能を守り育てる機運を高めることはとても大切なことで、このような催しを箕面で行えたことは誇らしいことです。
ロビーでは 瀧ノ道ゆずるが特産品販売コーナーでPR活動をおこなっていました。また、お茶席も設けられ、おいしいお茶とお菓子で雅なひとときも。

page top