自転車事故の衝撃をプロのスタントマンが再現!

2017.11.06.mon/箕面市立彩都の丘学園

自転車事故の衝撃をプロのスタントマンが再現!

 自転車事故を防止するため、突発的な事象やミスでヒヤリとしたり、ハッとしたりする「ヒヤリ・ハット」の事例を、プロのスタントマンが目の前で実演するスケアード・ストレート自転車交通安全教室が、中学生を対象に実施されました。この日は、彩都の丘学園で行われ、グラウンドでは、プロのスタントマンが、車との衝突事故を始め、2人乗りや、傘をさしながらなどの危険な運転が引き起こす自転車事故をリアルに再現。生徒たちは、衝撃的なシーンを間近で見て、事故の恐怖を体感することで、交通ルールを守る大切さを学びました。