夏越の祓い、境内で「茅の輪くぐり」

2017.06.30.fri/阿比太神社

夏越の祓い、境内で「茅の輪くぐり」

 6月30日、1年の半分に当たるこの日は「夏越(なごし)の祓い」。箕面市内でも、小野原西の春日神社や牧落八幡大神宮などで、夏越の祓いの行事が行われています。阿比太神社でも、本殿正面に大きな「茅の輪(ちのわ)」が設けられ、これをくぐることで半年の間に付いた厄を落とし、この先の無病息災を祈願するという「茅の輪くぐり」が行われました。
 今年は朝からあいにくの雨模様でしたが、境内には一人、また一人と参拝客がやってきて、茅の輪くぐりのスタートを待ちます。宮司の後をついて8の字を描きながら、三度くぐり、本殿へ。年中行事として毎年必ず茅の輪をくぐっているというかたや、お母様に連れられてやってきたという大学生の親子など、地域のかたが参拝されていました。

page top