東小5年生の稲刈り体験

2016.10.21.fri/粟生外院2丁目

東小5年生の稲刈り体験

10月21日(金曜日)、粟生外院2丁目の田んぼで、東小学校の5年生たちが稲刈り体験を行いました。
6月に同じ場所で田植えを行い、収穫を心待ちにしていた子どもたち。
最初に、田んぼを提供した農家のかたから、夏の水やりが大変だったこと、台風で稲が倒れてしまったことなど、これまでの作業や苦労についての話があり、子どもたちは真剣に聞き入っていました。
そして、いよいよ稲刈り。二人一組になり、一人が鎌を持って稲を刈り、もう一人がそれを受け取って、田んぼの隅へ運んで丁寧に重ねていきます。ザク、ザクと稲を刈る音が、しばらく田んぼに響きました。
腰をかがめて、手作業での稲刈りは、大変な作業。「一粒一粒、大切に食べてほしい」という農家のかたの言葉にうなずいた子どもたちは、「ありがとうございました」と声を揃えました。
この日収穫した30キログラムの米は、後日学校に届けられるということでした。

page top