今年も60種、270株が満開!「粟生外院バラ祭」開催

2016.05.21.sat/箕面市粟生外院2丁目

今年も60種、270株が満開!「粟生外院バラ祭」開催

 箕面市粟生外院2丁目の住宅街にある「バラ園」で、60種、270株のバラが満開を迎え、5/21(土)と22(日)の2日間、「バラ祭」が開催されています。
 今年で3回目となるバラ祭は、市民の実行委員会の主催。フラワーデザイナーで所有者の久保ノリ子さんが構想を練った英国風の回遊式バラ園で、植栽管理は、園芸家の井野元敏さんが手がけています。井野元さんが開発したピンク色の「花嫁」や黄色の「光華」、茶色の「ブラックティ」といった個性的な品種が楽しめる北園と、世界バラ会議が指定している「殿堂のバラ」が楽しめる南園の2カ所あり、色とりどりに咲き誇るバラの美しさと甘い香りに、訪れた人たちは酔いしれていました。
 バラ祭は、5月22日(日)も午前10時から午後4時まで行われます。井野元さんによる園芸相談や、記念写真撮影コーナー、ぬり絵やバラの苗などの販売コーナーもあります。場所は、箕面市粟生外院2丁目11で、皿池公園や帝釈寺の南西方向(阪急バス山麓線「外院」下車南へ徒歩5分)。付近に案内のチラシやスタッフがおられます。

page top