宮沢賢治生誕120年メモリアルでイーハトーブを味わう

2016.04.17.sun/箕面市桜井2丁目

宮沢賢治生誕120年メモリアルでイーハトーブを味わう

 宮沢賢治生誕120年にちなみ、桜井にあるレストラン「セリーニ」では、宮沢賢治学会理事の中野由貴さんを水先案内人として、郷土菓子を食べながらイーハトーブを空想旅行する催しが開かれました。
 当日は、朝の雨ニモカカワラズ、店内は満席。関西宮沢賢治の会の深田稔会長の挨拶に続いて、中野由貴さんのお話やスライドショーでイーハトーブの世界を感じ、岩手県のお菓子「がんづき」の説明や作り方を聞いたあと、ルイボスティーと共に味わいました。
 また、2012年の箕面芸術祭で結成された「チーム銀河鉄道」のみなさんが朗読劇も披露。効果音や合唱も入り、シーンが迫ってくる立体的な朗読劇に、参加者のみなさんから感動の声が聞こえました。
 箕面で、しばし宮沢賢治の世界に思いをはせる、そんなひとときになりました。

page top