中学校で本番さながらに生徒会役員選挙&18歳選挙についての懇談会開催

2016.03.17.thu/箕面市立第二中学校

中学校で本番さながらに生徒会役員選挙&18歳選挙についての懇談会開催

 選挙権の年齢が18歳以上へ引き下げられるのを受けて、箕面市立第二中学校では、本番さながらに生徒会役員選挙が行われました。昨年までの選挙では、各教室で投票用紙に記入していましたが、今年は箕面市選挙管理委員会事務局のサポートで、校内に投票所を設けて、実際の投票箱や記載台を使用し、投票を行いました。
 さらに、投票最終日には、市選管委員と生徒会役員の18歳選挙権についての懇談会も行われ、みなさん積極的に意見を述べていました。実際の投票箱や記載台で投票を行ったことについては、責任感が持てたという意見や、これまでは教室でみんなと考えて一票を投じていたが、しっかり自分で考えて投票できたなどと話していました。
 また、18歳選挙権については、18歳になるまでに誰に政治を託せるのか政党などをちゃんと自分で勉強しておきたいと前向きにとらえていました。

page top