アマゾン源流の町でフェアトレード

2015.04.29.wed/多文化交流センター

アマゾン源流の町でフェアトレード

4月29日(水曜日・祝日)、多文化交流センター内のコムカフェで行われた「アマゾン源流の町でフェアトレード」。南米・ボリビアの音楽演奏と、ボリビアで暮らす日本人の話を聞くというこの催しに、多くのかたが参加しました。

最初に登場した「グルーポ・ウヌ」は、南米の民俗音楽・フォルクローレの愛好家が集まったグループ。カラフルな民族衣装に身を包み、ケーナやチャランゴ、サンポーニャといった楽器で、主にボリビアに伝わる曲を演奏しました。ノリのいい曲には手拍子が起こり、アンコールも飛び出して、楽しいひとときとなりました。

続いては、お話の時間。
講師の河田菜摘(かわた・なつみ)さんは、箕面市出身・ボリビア在住のかた。青年海外協力隊員として現地を訪れ、そのままそこに根を下ろして今に至るまでを、スライドを交えて説明していきました。
ボリビアといえば世界で最も標高の高い国として知られていますが、河田さんの暮らすルレナバケの町は低地で、アマゾン川の源流地帯に当たります。
協力隊員として現地入りした河田さんは、女性たちの「仕事を通した関係作り」に取り組みます。ヤシの木を使った民芸品作りで、女性たちに収入とやりがいをもたらす…試行錯誤しながらも、なんとか軌道に乗り始めた頃、協力隊としての活動期間が終わりを迎えます。

せっかくここまで作り上げて、これからという時なのに。

河田さんは、そのままルレナバケに留まることを選択しました。民芸品店「ラ・カンビータ」を設立し、販売の拠点とします。反応は上々で、観光客はもとより町の人たちも「今までこういうのを買える場所がなかった」と訪れるようになりました。
河田さんはボリビア人の男性と結婚し、現在は二児の母親でもあります。ルレナバケでの暮らしは日本ほど便利ではなく、また最近は豪雨による災害もあり、大変なことも多いという河田さん。それでもスライドに映った人々や子どもの表情はいきいきとしていて、参加者のみなさんは興味深そうに見入っていました。

テレビ番組の「世界の果てに暮らす日本人」を取り上げる企画に、何度か出演したことがあるという河田さんは、こんな感想を一言。

「向こうから見たら、日本の方が世界の果てなんですけどね」

page top