粟生外院バラ祭、5月18日まで開催中

2014.05.18.sun/粟生外院2丁目

粟生外院バラ祭、5月18日まで開催中

5月17日(土)・18日(日)の2日間、粟生外院2丁目の住宅街にあるバラ園で、市民のグループがバラ祭を開催しています。2カ所、660屬猟躅爐砲蓮∪屬箍、パープル、ピンク、白など、色とりどりのバラ、約60種類・200株が咲きそろい、訪れた人たちは、バラの甘い香りと美しさに酔いしれていました。
 庭園の所有者は、フラワーデザイナーの久保ノリ子さん。南側のバラ園は、イングリッシュガーデン風。クラシック音楽が流れ、優雅な気分に浸れます。
 訪れたかたは「バラのアーチをくぐり、たくさんの咲き誇るバラに囲まれ、幸せな気分を味わいました。なかでもピンクの大輪の『イブ・ピアッチェ』というバラは、とても甘い香りが心地よく、『これぞバラ!』という感じがしました」と話していました。
 バラ祭は、5月18日(日)も午前10時から午後4時まで行われ、午後1時から3時には、園芸家の井野元敏さんが、花壇づくりのコツや肥料のやり方、花を摘むタイミングなどを教えてくださる相談コーナーもあります。
 場所は、箕面市粟生外院2丁目11で、皿池公園や帝釈寺の南西方向(阪急バス山麓線「外院」下車南へ徒歩5分)。付近に案内のチラシやスタッフがおられます。

page top