さくらのトンネルくぐりぬけ…なか幼稚園の入園式

2014.04.10.thu/なか幼稚園

さくらのトンネルくぐりぬけ…なか幼稚園の入園式

4月10日(木曜日)。あたたかな春の日差しが降り注ぐ中、各市立幼稚園で入園式が行われました。

なか幼稚園では、真新しい制服に身を包んだ子どもたちが、保護者や来賓が見守る中、入園式に臨みました。
最初に「なかようちえんのうた」をみんなで歌います。

さくらのトンネルくぐりぬけ
わくわくスキップたのしいね…

続いて、園長先生が「幼稚園はとっても楽しいところですよ」と子どもたちに語りかけ、先生の紹介では、先生たち一人一人が「よろしくお願いします」とほほ笑みながらあいさつしました。
続いて行われたパネルシアターは、幼稚園の紹介をするというもの。二人の先生が、遊具の絵を見せながら「これは、何かなー?」と問いかけると、

「すべりだいー!」
「すなばー!」
「ぶらんこー!」

指さしながら、子どもたちは大きな声で元気よく答えていました。
式の後は、二つのクラスに分かれて、教室で改めて顔合わせ。これからみんな、よろしくね…子どもたちの幼稚園第一日は、こうして始まったのでした。

園庭から枝を伸ばした桜の下を、子どもたちは保護者のみなさんと手をつないで帰っていきます。時おり風が吹くと、無数の花びらが雪のように舞い散って、幸せそうな家族の姿を包んでいました。

page top