ようこそ、福島のみなさん…!「大福交流会」

2013.03.26.tue/芝楽広場(萱野2丁目)

ようこそ、福島のみなさん…!「大福交流会」

「福島のみなさんを、箕面にお招きしよう!」
こんな市民の思いが実現しました。
箕面市萱野の北芝地域の人たちが中心となって立ち上げた「きずな・ふくしまプロジェクト」。震災と原発事故の影響で、今でも屋外で遊ぶことができない福島の子どもたちを招待して、ほんの一時でも放射能を気にせず思いっきり遊んでもらおう、そんな思いで企画を進めていきました。
3月25日(月曜日)〜27日(水曜日)、福島県郡山市から箕面を訪れたのは、24名の親子。スポーツや観光、太鼓体験、ハイキングなどを楽しみました。
3月26日(火曜日)の夜は「大福交流会」(大阪・福島の意)と題して、芝楽広場で大宴会が行われました。福島のお母さんたちも、郡山の郷土料理「キャベツもち」などを振る舞い、味の交流にもなっていました。
 子どもたちが走り回り、歓談に花が咲き、笑い声が上がり、やがて湧き起こる歌声…福島と箕面、遠くはなれた二つの地域の心が一つになったひととき。少し肌寒い春の夜は、ゆっくりと更けていきました。

page top