「ピカッテル」で夜間の交通事故防止!

2012.01.13.fri/箕面市役所

「ピカッテル」で夜間の交通事故防止!

 1月13日(金)、箕面市へ市民のかたから1000本の交通安全タスキが寄贈されました。
交通安全タスキの名前は「ピカッテル」。その名の通り、夜間に車などのライトが当たると「ピカッ」と光り、タスキとして身につけていることで、自分の存在を知らせることができます。また、タスキには箕面のオリジナルキャラクター「たきのみち ゆずる」と「モミジーヌ」がちりばめられており、子どもたちにとっても親しみを感じられるデザインとなっています。
 寄贈したのは、箕面市内に住む原朝香さん。「箕面のみなさんの交通安全に少しでも役に立ちたい」という思いから、今回の寄贈に至りました。
 市役所内で行われた贈呈式では、倉田哲郎箕面市長から原さんへ感謝状が贈られ、続いて、放課後に活動を行う小・中学生のスポーツクラブ18団体の子どもたちに「ピカッテル」が手渡されました。原さんから「ピカッテル」の使い方などを直々にレクチャーする時間も設けられ、子どもたちは熱心に話に耳を傾けていました。

page top