ケータイ・ネット安全教室

2011.12.08.thu/市立第三中学校

ケータイ・ネット安全教室

 今や身の回りにあふれている、ケータイ・ネット文化。子どもが携帯電話を持つことも普通になりましたが、便利な一方それは誘惑・危険に満ちた世界でもあります。
 子どもを取り巻くそんな状況を理解し、正しく対応するための「ケータイ・ネット安全教室」が12/8(木)、市立第三中学校で開催されました。
 教室では、講師の菅野泰彦(かんの・やすひこ)さん(読売防犯協会)が、参加した保護者に対して、出会い系サイトやフィッシング詐欺といった危険について解説し、実際に各自が携帯電話を操作して「有害サイトにアクセスする」という想定の疑似体験も行いました。
 子どもたちを危険から守るため…保護者のみなさんの真剣な表情から、そんな思いが伝わってきました。

page top