滝道の地質観察会

2011.04.24.sun/箕面公園

滝道の地質観察会

 箕面の自然をフィールドに観察会を実施している箕面の自然と遊ぶ会。今回は、滝道の地質をテーマに、岩盤から滝道二億年の過去を探る観察会を実施しました。
 マグマからできた岩、マグマに焼かれた岩、押しつぶされた岩、マグマに始まってマグマにもどる岩のサイクル・・・石には情報がいっぱい詰まっています。
 箕面の山で見られる石の種類の紹介のほか、昆虫館手前にある野村泊月の句碑の後ろにある断層の解説など、箕面の山は人類が存在する以前は海の底であったのではないか、また、今は美しい箕面の山は、噴火を繰り返していたようだ、など岩肌や足元の石が教えてくれる驚愕の話満載の観察会となりました。
 参加者の一人は、「長い地球の歴史を考えると、今の箕面の山の美しさはほんの一瞬の出来事なのかもしれない。楽しめることも、なんて幸せなんだろうと思いました。山の歩き方に新たなバージョンが加わった気分です」と話していました。

page top