タンポポ同好会(仮称)準備会

2011.04.16.sat/箕面市立中央生涯学習センター

タンポポ同好会(仮称)準備会

 昔のように野原が減り、タンポポが豊かに花を咲かせる環境が減っています。また、在来種のカンサイタンポポの姿が少なくなり、外来種のセイヨウタンポポが増えています。
 4月16日(土)、箕面市立中央生涯学習センターで、タンポポが咲く環境を守り広げるためにはどうすればいいのかをみんなで考える「タンポポ同好会(仮称)準備会」の集まりがありました。
タンポポの種類から、タンポポの1日、関西や箕面市内の棲息分布図の紹介などのほか、カンサイタンポポの群生地の保全や拡大などを盛り込んだ「箕面たんぽぽビジョン(たたき台)」の説明、シロバナタンポポをご自宅で育てていらっしゃる参加者からのお話もありました。
 今後会では、賛同者を集めながら調査報告書を作成し、それに合わせ正式に「タンポポ同好会(仮称)」を発足させたいとしています。

page top