新春カルタ大会

2009.01.30.fri/松寿荘

新春カルタ大会

箕面市老人クラブ連合会が主催した、毎年恒例の百人一首カルタ大会。松寿荘「ささゆりの間」に、腕自慢のみなさんが集まりました。
最初の試合は、五人ずつ五組に分かれての「ちらし取り」方式。30分間で取った札数を競い、各組の上位二名がトーナメントに進みます。トーナメントでは一対一の対決となります。
札の取り方もさまざまで、「ハイ!」と声を上げて取る人もいれば、やさしく指を置いて取る人もいました。中には、上の句を詠み始めるやいなや、待ってましたと早取りする達人もいました。

page top