第5回手をつなごうコンサート

2015.03.29.sun/メイプルホール

第5回手をつなごうコンサート

「手をつなごうコンサート」は、東日本大震災の被災者を支援するためのチャリティを目的として、震災のあった2011年から毎年、市民の有志が集まって実施してきました。
 5回目となる今回は、3月29日(日曜日)正午から、メイプルホール小ホールで開催されました。
 最初に、震災で亡くなったかたたちに対して、会場全体で黙とうが行われました。
 このコンサートで集められた募金は、山形県で被災者支援を行う団体「葉っぱ塾」に毎年寄付されています。今年はその「葉っぱ塾」から、代表の八木文明さんが初めて出席し、支援への感謝と、被災地の子どもたちの現状、支援の継続の必要性を訴えました。
コンサートには、15グループ・およそ140人が出演し、さまざまな歌や演奏を披露しました。子どもたちのリコーダー、おやじバンド、家族アンサンブル。
ブラスバンドの演奏に合わせてかわいいダンスを披露した子どもたち。
神奈川県からはるばる参加した夫婦デュオ。
迫力のシャウトで会場を熱狂させたゴスペルグループ。
コーラス、ウクレレ、オカリナ、琴など多彩な音楽を、子どもから大人までいろいろな年代の人たちが奏でていきました。
 飛び入り参加のコーナーでは、出演者と観客がハンドベルに挑戦し、ぶっつけ本番ながらもなんとか演奏を終え、盛んな拍手を浴びていました。
 いよいよ迎えたフィナーレは、全員で歌う「花は咲く」。
そして最後に、みんなで手をつないで「ふるさと」を歌いました。

発起人の成元雅子さんは、「続けることの難しさはいつも感じるが、終わったあとでは『やっぱりやって良かった』と思います。4年が過ぎ、震災がだんだん忘れられていくことに怖さを感じます。このコンサートが被災地を思い出すきっかけになればと願いながら、手をつなぐ人の輪をさらに広げて、来年の第6回を迎えたいです」と語りました。

阪神・淡路大震災写真展「街が消えた」

2015.03.28.sat/らいとぴあ21

阪神・淡路大震災写真展「街が消えた」

らいとぴあ21では3月24日(火曜日)〜4月8日(水曜日)、震災写真展「街が消えた」が開催されています。
これは、写真家の故・牧田清(まきた・きよし)さんが、1995年の阪神淡路大震災の発生当日から、被災地で撮影してきた写真の数々を展示したものです。被害の大きかった神戸市長田区を中心に、震災を生き延びた人たちがそこに映し出されています。
倒壊した自宅を呆然と見つめる老人。
足の踏み場もないほど人でいっぱいの、避難所となった体育館。
飼い主のいない犬。
がっくりうなだれ、座り込み、生きる気力を無くしたように見える人。
ひしゃげた家、焼け焦げた壁、むき出しになった鉄骨。
給水車からもらった水をバケツで運ぶ、二人の後ろ姿。
中でも印象的なのは、子どもたちの表情です。壊滅した街の中にあって、なおたくましく光を失わない目、ふとした折りにこぼれる笑顔。もの言わぬ写真に写った人たちの表情が、20年前の震災のようすを雄弁に語りかけてきます。

通りかかった子どもたちが、写真をのぞきこんでいました。
「これ、東日本大震災の写真?」
居合わせた職員が、説明しています。昔、神戸で大きな地震があってね、そのときは箕面もすごく揺れたんだよ。あなたたちが生まれる前のことだから…ここに写っている子どもも、今は大人になっているよね。
 そんな話を聞きながら、子どもたちは自分たちと同年代の子どもや、犬の写った写真をながめていました。

 これらの写真は、もともと1995年に開催された「みのおセッパラム」という催しで展示されたものです。催しの実行委員が写真家の牧田清さんと知り合いで、ぜひ会場で写真を紹介させてほしいと牧田さんに頼んだことにより、写真展が実現しました。使われた写真はその後、ずっと倉庫で眠っていましたが、このたび久しぶりに陽の目を見ることになりました。
 2006年に亡くなった牧田清さんは、マイノリティと呼ばれる少数者、社会的弱者に寄り添いながら、撮影を続けた写真家でした。今回の展示は、牧田さんがどんな思いで被写体を見つめてきたのか、写真を通して感じられるような、そんな写真展となっています。

■阪神・淡路大震災写真展「街が消えた」神戸市長田の記録
日時:3月24日(火曜日)〜4月8日(水曜日)※月曜休館
場所:らいとぴあ21
(入場無料)

■ギャラリートーク「あれから20年−長田に住む在日コリアンたちはいま」
日時:4月4日(土曜日)午後2時〜3時30分
場所:らいとぴあ21
(入場無料)
ゲスト:金信鼻淵ム・シニョン)さん(神戸コリア教育文化研究センター)

「青春の169ページ〜拝啓15の私たちへ」…六中卒業記念植樹

2015.03.28.sat/箕川周辺(粟生新家2丁目)

「青春の169ページ〜拝啓15の私たちへ」…六中卒業記念植樹

3月28日(土曜日)、箕面東公園の入口付近の箕川沿いで、六中の卒業生による梅の植樹が行われました。この箕川沿いの道は、過去の卒業生から「未来への道」と名付けられ、6年前から歴代の卒業生が植えてきた梅がずらりと並んでいます。
今回は、六中29期卒業生から10人の代表が参加しました。
植樹をサポートする「箕川水とみどりの会」のみなさんの指導のもと、卒業生たちは一本ずつ梅の若木を植え付け、水を注ぎました。
梅の木の前に掲げられた記念プレート「青春の169ページ〜拝啓15の私たちへ」には、169人の卒業生の思いが込められています。
これから何年、何十年経っても、この梅を見るたびに、中学の仲間と過ごした日々がよみがえることでしょう。
無事に植樹が済み、卒業生たちも大人たちも晴れやかな笑顔を浮かべていました。

修了式…さようなら、保育所

2015.03.25.wed/東保育所

修了式…さようなら、保育所

3月25日(水曜日)、箕面市立の各保育所で修了式が行われました。
東保育所では、年長の白組の子どもたち28人が修了式に臨み、所長から修了証書を受け取りました。
式の間は、泣いていたり、神妙な面持ちだった子どもたちも、終わった後は保育士のみなさんや友だちと一緒に、笑顔で写真を撮ってもらっていました。

アトリエあい なかま展

2015.03.23.mon/如意谷1丁目

アトリエあい なかま展

3月22日(日曜日)〜26日(木曜日)、如意谷1丁目の個人宅ギャラリー「アトリエあい」で、「なかま展」が開催中です。絵が好きな7人の仲間たちが集まり、毎年3月に展示会を開催しており、今年も力作が展示されています。主催者の岸本佳子さんは「どなたでもお気軽にお入りください」と話していました。

春のこどもフェスティバル in 箕面

2015.03.21.sat/芦原公園

春のこどもフェスティバル

3月21日(土曜日・祝日)、「春のこどもフェスティバル in 箕面」が開催されました。
午前10時からは「謎解き滝道ウォークラリー」が行われ、多くの子どもたちが滝道を歩きながら、各所で出題されるクイズに挑戦しました。
芦原公園では午前10時から「お祭り広場」が開催されました。ミニトレインやバッテリーカー、フリースロー、ふわふわエアマットなど、たくさんの楽しい催しに、参加した子どもたちは大喜びでした。
「謎解き滝道ウォークラリー」に参加した子どもたちも、続々とゴールの芦原公園に到着し、抽選会に臨みました。
初春のうららかな青空の下、「春のこどもフェスティバル in 箕面」は大盛況のうちに幕を閉じました。

かやの幼稚園の卒園式

2015.03.19.thu/かやの幼稚園

かやの幼稚園の卒園式

3月19日(木曜日)、箕面市内の市立幼稚園で卒園式が行われました。
このうち、かやの幼稚園では年長のれもん組・ぶどう組、合わせて45人が卒園式に臨みました。
保育証書の授与では、一人ずつ中央の花道を進んだ子どもたちに、園長先生から「おめでとう」の言葉と共に証書が渡されました。「ありがとうございます」と答えて受け取った子どもたちは、続けて「おおきくなったらバレリーナになりたいです」「パイロット」「サッカーせんしゅ」「だいく」と、将来の夢や目標を語りました。
花道を戻ってきた子どもたちは、待っていた保護者に「おべんとうをつくってくれてありがとう」など感謝の気持ちを伝え、保護者のみなさんはそれに応えてギュッ!と子どもたちを抱きしめるなどして、気持ちを表していました。
園生活を振り返るスライドショーでは、動物園へ行ったこと、プール、生活発表会、もちつきのようすなどが上映され、懐かしい思い出の数々に、子どもも大人も笑ったり涙ぐんだりしていました。
在園児からは、全員で「ごそつえんおめでとうございます。いろいろなことをおしえてくれてありがとう」の言葉が贈られ、卒園児は「やさしい年長さんになってね」とそれに答えました。
たくさんの歌声と拍手と「ありがとう」、そして笑顔とちょっぴりの涙に彩られた卒園式。
通いなれた園をあとに、子どもたちは巣立っていきました。

門出の日、花のアーチをくぐって…南小学校卒業式

2015.03.18.wed/南小学校

門出の日、花のアーチをくぐって…南小学校卒業式

3月18日(水曜日)、箕面市内の各小学校で卒業式が行われました。
このうち南小学校では、体育館に先生、来賓、保護者が詰めかける中、5年生の演奏するリコーダーの音楽に合わせて、6年生73人が入場してきました。
校歌斉唱に続いて、卒業証書の授与。
6年生は一人ずつ進み出て、大きな声で「将来は○○になりたいです」などの夢を語り、校長先生から卒業証書を受け取りました。
その後、6年生全員が舞台に並び、小学校生活の思い出やお世話になったかたへの感謝の言葉を述べました。修学旅行に運動会、雨の日も風の日も通い続けた6年間…万感の思いを乗せた最後の歌声が、体育館を満たしました。
この日は、それまで続いていた厳しい寒さと悪天候とは打って変わった、春を思わせる陽気となりました。正門までの道を、卒業生たちはたくさんの笑顔に見送られながら、花のアーチをくぐって、新しい一歩を踏み出していきました。

東日本大震災復興支援イベント〜3.11を忘れない〜

2015.03.15.sun/みのお市民活動センター

東日本大震災復興支援イベント〜3.11を忘れない〜

東日本大震災から4年が過ぎた今年、「東日本大震災復興支援イベント〜3.11を忘れない〜」という催しが開催されました。
3月15日(日曜日)、会場はみのお市民活動センター。
復興支援活動パネル展示では、箕面市社協や大阪大学のボランティアサークルなどの活動が紹介されていました。また、気仙沼や七ヶ浜の物産の販売もあり、海産物などの特産品や手芸品が人気を集めていました。
会場ではタッキー816の公開生放送も行われました。
番組では「箕面発!!防災ラジオドラマ」の制作に参加した聖母被昇天学院、レインボーこども会のみなさんがゲスト出演し、制作のエピソードなどを語りました。
聖母被昇天学院・聖歌隊によるチャリティーコンサートでは、小・中・高校生が合同で美しい歌声を響かせ、詰めかけた観客を魅了していました。

つながれ!ボランティア in みのお 第17回いきいき祭り

2015.03.14.sat/総合保健福祉センター

つながれ!ボランティア

3月14日(土曜日)、箕面市立総合保健福祉センターで「つながれ!ボランティア in みのお 第17回いきいき祭り」が開催されました。
約30のボランティア団体による、活動内容の展示、発表や、ボランティア体験コーナー、手作り品の販売、ステージ、震災復興支援コーナーもあり、多くの人でにぎわいました。

中学校の卒業式

2015.03.13.fri/第三中学校

中学校の卒業式

3月13日(金曜日)、箕面市立の各中学校で卒業式が行われました。
第三中学校では、吹奏楽部の演奏するファンファーレの中、卒業する3年生たちが入場し、教職員や保護者、在校生が見守る中、一人ずつ卒業証書を受け取りました。
式の後、校門までの道の両側に見送る人たちが並んで、笑顔と拍手で卒業生を送り出していました。

みつけた!地域の人間国宝さん…萱野小3年「かやのお宝認定会」

2015.03.11.wed/らいとぴあ21

みつけた!地域の人間国宝さん…萱野小3年「かやのお宝認定会」

萱野小学校の3年生たちが、校区で人のためになる仕事をしている人を探して、地域の「人間国宝」として認定する「かやのお宝認定会」が開催されました。
3月11日(水曜日)、らいとぴあ21体育館が認定会の会場です。
招かれたのは、公園の清掃、登下校の見守りなど、地域の環境の向上に貢献している人たちです。認定会に先がけて、子どもたちはそれぞれのかたにインタビューを行い、壁新聞にまとめて校内で発表会を行ってきました。
 集まった「人間国宝」のみなさんに、子どもたちは感謝の気持ちを伝え、歌やクイズなどでもてなし、一緒に楽しいひとときを過ごしました。

第7回箕面森町妙見山麓マラソン大会

2015.03.08.sun/豊能町立東ときわ台小学校

第7回箕面森町妙見山麓マラソン大会

第7回を迎え、すっかりおなじみとなった「箕面森町妙見山麓マラソン大会」。箕面森町の一番高い所や、高低差50メートルのつづら折りの急坂、林道の下り坂などを駆け抜けるコースで、「大阪一しんどいマラソン」と呼ばれることもあるそうです。
3月8日(日曜日)、晴天に恵まれた当日。スタート地点・とどろみの森学園には、大会史上最多の1466人が集まり、3キロ・5キロ・10キロの各コースごとにスタートラインに立ち、号砲とともに一斉にスタート!ゴール地点・豊能町立東ときわ台小学校めざして、難コースに踏み出していきました。
参加者の中には、愛知県から来たというかたも。最高齢は男性が77歳、女性は79歳のかたでした。
1月の「全国女子駅伝」を制覇した大阪代表チーム、その一員として出場した高松望ムセンビさん(高2)、智美ムセンビさん(中3)の姉妹も、去年に引き続き参加。お父さんで元マラソン選手のマクシム・ムセンビさんともども、5キロメートル一般女子・中学生・一般男子の各部で、それぞれぶっちぎりの1位でゴールしていました。
中には、きのこや戦隊ヒーローのコスプレで参加した人も。息せき切って駆け込んだゴールでは、いろいろな出店や豚汁のふるまいも行われており、走り終わった人も応援の人も、みんな笑顔で大会を楽しんでいました。

箕面市少年少女合唱団「定期演奏会」

2015.03.08.sun/グリーンホール

箕面市少年少女合唱団「定期演奏会」

3月8日(日曜日)午後2時から、グリーンホールホワイエで箕面市少年少女合唱団の定期演奏会が行われました。
会場につめかけた多くの観客の前で、おそろいの衣装に身を包んだ合唱団の子どもたちは、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の歌を始め、いろいろな歌を披露しました。
箕面市少年少女リコーダー合奏団も友情出演し、美しい音色をホワイエに響かせました。合唱団と合奏団の共演もあり、子どもたちの歌と演奏を楽しむひとときとなりました。

第10回箕面芸術祭「不思議の国のアリス」

2015.03.07.sat/メイプルホール

第10回箕面芸術祭「不思議の国のアリス」

 市民が参加して芝居や歌、踊りによる舞台作品を作り上げる「箕面芸術祭」。第10回となる今年の作品は、ルイス・キャロル作「不思議の国のアリス」が選ばれました。
3月7日(土曜日)、8日(日曜日)の公演では、会場のメイプルホールに多くの観客が訪れ、市民の熱演を見守りました。

 羽ペンを手にしたルイス・キャロルが舞台に登場し、作品の構想を練っています。さまざまなキャラクターたちが闇に浮かび上がり、やがて集まった彼らは、期待を込めて中央を見つめます。浮かび上がる、少女のシルエット。スクリーンを破って飛び出してきたのは、アリス。主人公の誕生です!
 白いウサギを追って、穴に落ちたアリス。そこは不思議な世界、体が大きくなったり小さくなったり、鳥やネズミやイモムシが口をきき、赤ちゃんがブタになり、にやにや笑いを残して消えるチェシャ猫、帽子屋と三月ウサギとヤマネの終わらないお茶会…やがてハートの女王の裁判に連れてこられたアリスは、そのでたらめな裁判に思わず
「あんたたちなんか、ただのトランプのくせに!」
と叫びます。
色めき立って襲ってくる、トランプの兵士たち。逃げ惑うアリス。大混乱に陥る舞台。
気が付くと、そこは元の世界でした。
フィナーレでは、すべてのキャラクターが再登場し、躍動的なダンスを披露します。舞台上で見つめ合う、アリスとルイス・キャロル。やがてアリスは、微笑みながら、作者のもとを去って行くのでした…。

「彩都なないろ公園」がオープンしました

2015.03.07.sat/彩都

「彩都なないろ公園」がオープンしました

3月7日(土曜日)、箕面市内最大級の公園「彩都なないろ公園」がオープンしました。
当日はオープニングセレモニーが行われ、多くの関係者が出席しました。
この公園の目玉は「ダブルフリーフォールすべり台」。最大斜度80度、ほぼ垂直のすべり台で、落差は3.5メートルと5.5メートル。自由落下のスリルが味わえます。多くの観客が見守る中、すべり初めが行われ、多くの子どもたちが続々とフリーフォールを体験していました。
自然の地形を生かした、広大な公園。無料ドッグランを備え、大パノラマ展望台からの眺めはまさに絶景の一言です。
公園づくりには、構想段階から、彩都の丘学園の子どもたちが関わってきました。自分たちで予定地を見回り、公園のコンセプトから遊具の種類や配置まで、柔軟な発想のアイデアを出してきました。そのアイデアが盛り込まれた公園のオープンに、関わった子どもたちは感慨深そうでした。

子育ちサークル「にこハート」活動中!

2015.03.06.fri/西南公民館

子育ちサークル「にこハート」活動中!

3月6日(金曜日)、子育ちサークル「にこハート」による、春から仕事に復帰する母親のための応援会が、西南公民館で開催されました。
参加した母親のみなさんは、子どもと一緒に手遊びなどで楽しんだり、お互いに語り合いながら情報交換するなど、のんびりと交流のひとときを過ごしていました。

凱旋!箕面出身の若き津軽三味線奏者…「桃響futari」演奏会

2015.03.01.sun/箕面文化・交流センター

凱旋!箕面出身の若き津軽三味線奏者…「桃響futari」演奏会

3月1日(日曜日)、箕面文化・交流センター8階大会議室で「春うらら 津軽三味線の響き 桃響futari演奏会」が行われました。
桃響futari(とうきょうふたり)は、澤田響紀(さわだ・ひびき)さんと岩田桃楠(いわた・ももくす)さんによる津軽三味線のデュオ。二人とも20代の若い奏者ですが、国内はもとより海外でも演奏活動を行うなど、活躍中です。
メンバーの岩田さんは箕面市出身で、現在は東京芸大に在学中です。会場は友人、知人を始め、詰めかけた多くの人で満員となりました。
演奏会の第一部では、紋付はかま姿で、「津軽じょんがら節」など津軽民謡を中心に。
第二部は一転してカジュアルな衣装で、オリジナルやアイルランドの民謡なども披露されました。
繊細な音、力強い音、柔らかい音、盛り上げる音…さまざまな表情を見せる津軽三味線の生音に、観客はすっかり魅了されたようすで、演奏に聴き入っていました。
演奏会を終えて、澤田さんは「最初は緊張していたが、会場のあたたかさが伝わってきて、どんどんやりやすくなっていった」。岩田さんは「成長した姿を箕面のみなさんに観てもらえて嬉しい」と感想を語り、今後のさらなる飛躍へ思いを新たにしていました。

(写真左:岩田桃楠さん、右:澤田響紀さん)

page top