みのおキッズシアターwith末成由美第9弾「なないろ夏休みと約束」編

2014.08.30.sat/メイプルホール

みのおキッズシアターwith末成由美第9弾「なないろ夏休みと約束」編

吉本新喜劇の人気女優・末成由美(すえなり・ゆみ)さんと箕面の子どもたちが共演する「みのおキッズシアターwith末成由美」。
9年目、第9弾となる今回は「なないろ夏休みと約束」編と題して、8月30日(土曜日)、31日(日曜日)の二日間、メイプルホールで盛大に上演されました。
参加した子どもたちは、役者30人、ダンサー6人。3カ月の稽古を経て迎えた本番の舞台で、これまでの成果を惜しみなく披露しました。
いよいよ迎えたオープニング。元気いっぱいのダンスで、カラフルな衣装の子どもたちが、舞台狭しと躍動します。
続いて末成さんがテーマ曲に乗って登場し、子どもたちと一緒に踊ったあと、おなじみのギャグを一発。全員ずっこけました。
末成さんが口上を述べ、全員で「ご期待ください」と声を揃えると、会場はさっそく大きな拍手に包まれました。

<ストーリー>

薄闇の中、集まってきた妖怪たち。何やら相談しています。
「みんなでこの村を出ていかんか?」
人が減り、いずれ消滅する予定の村。妖怪が存在できるのは、人間がいればこそ。
多くの妖怪たちが賛同する中、カッパのきょうだいのカワヒメ・カワタロウは、まだ出ていけないと言います。
「ここで一緒に遊ぼうって、約束したんです」
約束した相手は、人間の女の子。しかしそれは、70年前のことだったのです…。

村はずれの池のほとりに、今日も由美ばあさんは一人でいます。
そこへやってきたのは、幼なじみの俊ばあさんと孫。
由美ばあさんに、転居を勧めに来たのです。
しかし由美ばあさんは、頑なに誘いを断ります。
「ナナと約束したんや。ここで一緒に遊ぼうって…」

その頃、村へと向かって歩く姉妹の姿がありました。
都会から、汽車に乗ってやって来たのです。
二人の目的は「おばあちゃんの妹さんの友だち」に会うこと。
元気かな、その人。会えるといいな…。

村では、子どもたちが元気に遊んでいました。
しかし、多くの子が転居する予定で、こうして遊べるのもあとわずか。
「せっかくだから、夏休みの共同自由研究で、この村の謎を調べてみない?」
この村の謎とは、由美ばあさんのことでした。
カッパと友だちだというのですが…。

ところ変わって、ここはとある町の中学校。
演劇部の生徒が、芝居の稽古をしています。
とはいうものの、スマホに夢中の部員たちは、さっぱり稽古に身が入らないようす。
そんなとき、スマホに情報が入ります。
「カッパを捕まえたら、1億円!?」

訪れた村の子どもたちに、由美ばあさんは自分の子どもの頃の話をします。
戦争で両親を亡くし、一人で生きてきたこと。
戦争は嫌だと広言したため、非国民とののしられたり、殴られたりしたこと。
ある日、イモを盗んだ疑いをかけられ、争っているうちに、池に落ちてしまった由美。
助けてくれたのは、カッパのカワヒメとカワタロウでした。
カッパを恐れない由美は、これをきっかけに、二人と友だちになったのでした。

翌日、再び由美ばあさんを訪れた村の子どもたち。
カッパを求めてやって来た、演劇部員たちも一緒です。
由美ばあさんは、話の続きを始めます。
村にある日、見慣れない女の子がやって来ました。
疎開もんと呼ばれていじめられ、泣かされていたその子は、ナナといいました。
由美はいじめていた子どもたちを追い払いますが、「友だちになって」というナナの言葉にはうなずこうとしません。
「ウチと一緒におったら、あんたまでいじめられる」
それでもナナは、由美の後を追い続けます。
ついに由美は、カワヒメとカワタロウをナナに会わせます。
カッパをまったく恐れないナナに、由美もようやく心を開き、4人の奇妙な友情が始まりました。
ある夕焼けのきれいな日。ナナはとっておきの砂糖を取り出し、みんなになめさせます。
かぶっていた麦わら帽子を由美に贈るナナ。
由美は何かをナナに伝えようとしますが、また明日も遊べるから、と手を振って別れます。
また明日、遊ぼうねと約束して。

「…その時からずっと、こうしてここで、ナナを待ってるんや」
語り終えた由美ばあさん。そこへ、都会からやって来た姉妹が到着します。
二人はなんと、ナナの姉の孫だというのです。
祖母の遺品から、ナナが書いた由美宛ての手紙が出てきたため、それを届けに二人はやって来たのでした。

「それで、ナナは?ナナはいま、どうしてるん?」

「ナナさんは、この手紙を書いてすぐ…亡くなったそうです」

手紙には、由美への思いがつづられていました。
遊ぼうと約束した日の朝、急に迎えがきて、住んでいた町に戻ったこと。
家は焼けており、バラックで暮らしていること。
由美に教わったおかげで、食べられる虫や草を探すのが得意になったこと。
でも今は病気になり、思うように起きられないこと。
あの村で、四人で過ごした日々の楽しかったこと、一緒に遊ぼうという約束を果たせなかったこと、そして由美への感謝の言葉。

聞き終わった由美は
「違う!ちゃうねん!ウチの方こそ、ありがとうと言いたかったんや!こんなウチと友だちになってくれて、ありがとうって…。
あの日、言おうと思ったのに、明日も会えると思って、言わずじまいやった…」
身を切るような言葉に、話を聞きに来た子どもたちは、気持ちを伝えることの大切さを知り、共にむせび泣きます。
「ナナ…ありがとう…ありがとう…!」
由美の涙ながらの呼びかけに、ナナの幻が浮かび上がり、「由美ちゃん」と応えます。
由美の「ありがとう」は、時を超えて、ナナに届いたのでした。


一部始終を知った妖怪たち。
「なあ、ワシらも、もう少し待ってみようやないか。また人間たちが帰ってきて、にぎやかになるのをな」
カワヒメ、カワタロウらと共に、妖怪たちはうなずくのでした。

8/24の豪雨による土砂を片付ける災害ボランティアさん活動中

2014.08.30.sat/箕面4丁目

8/24の豪雨による土砂を片付ける災害ボランティアさん活動中

 8/24(日)の豪雨により、箕面市内で浸水や土砂の流入などの被害を受けられたお宅などで、流木や土砂の撤去・片付けなどを手伝うボランティアのかたが活動中です。
 この日は、豪雨で大量の雨水が軒先に侵入し、床下まで浸水する被害があった箕面4丁目のお宅で、お二人のボランティアのかたが、庭の泥のかき出し作業を行いました。
 災害ボランティアについては、箕面市社協ボランティアセンターへお問い合わせください。Tel 072-749-1535

写真家 横塚眞己人さん講演会「ゾウの森をまもるぞう!」

2014.08.28.thu/箕面市立メイプルホール小ホール

写真家

 読書感想文全国コンクール課題図書にも選ばれた、写真家の横塚眞己人さんの著書「ゾウの森とポテトチップス」は、ボルネオ島に住むゾウの暮らしにスポットを当て、熱帯雨林の生き物たちと人間の生活の豊かさの関係を考えるお話です。
 8月28日(木)、横塚さんが箕面の子どもたちに向けて、本の朗読と講演を行いました。会場は、夏休み中の小学校高学年の子どもたちと保護者で盛況です。朗読の前には、ボルネオゾウにまつわるクイズタイム。「ボルネオゾウが快適に生活するのに必要な土地の広さは?」などのクイズに、参加した子どもたちはコレだと思う答えに元気に手を挙げていました。ちなみに、ボルネオゾウの活動に必要な土地の広さは300k屐L面市のおよそ6倍の土地が必要なんだそうです。
 また、講演会では、横塚さんが撮影したボルネオ島で暮らす動物たちのスライドを見ながら、横塚さんのお話を聴きました。私たちが何気なく食べているポテトチップスや、毎日使っているシャンプーや洗剤が、ゾウたちの命をおびやかしているという現状に、子どもたちも真剣に聴き入っていました。

箕面在住アーティスト いしいまゆみさんの「抒情画と絵本の世界」展、開催中

2014.08.25.sun/みのお市民活動センター

箕面在住アーティスト

 みのお市民活動センターで開催されている、箕面在住のアーティストの作品を展示する「箕面在住アーティスト展」。今回は『抒情画と絵本の世界』と題して、絵本作家 いしいまゆみさんの作品が約20点展示されています。
 いしいさんは箕面在住で、月刊「詩とメルヘン」第23回イラストコンクール年間佳作
賞を受賞されたほか、絵本「おおきな おおきな たけのこ」を京都新聞トマト倶楽部から刊行されています。太めの水彩の風景画には、田園などの日本の原風景が季節感いっぱいに描かれています。中には、みんながよく知っている昔話の主人公たちが隠れている絵もあり、鑑賞するだけでなく、探す楽しさもある展示になっています。
 また、和紙を自ら色付けし、ちぎり絵で作った絵本の原画パネルも展示されています。

◇箕面在住アーティスト展
 いしいまゆみ「抒情画と絵本の世界」
 8/23(土)〜31(日)9:00〜22:00(最終日は17:00まで)
 ☆8/31(日)14:00〜17:00(作家のいしいさん来館)

第9回みのおこども文化体験フェア

2014.08.23.sat/中央生涯学習センター、メイプルホール

第9回みのおこども文化体験フェア

子どもたちが、芸能などのさまざまな文化を体験する「みのおこども文化体験フェア」。
第9回となる今年は、8月23日(土曜日)・24日(日曜日)の二日に渡って、中央生涯学習センターとメイプルホールで開催されました。

今年初めて実施された「染色」コースには、多くの子どもたちが参加して、藍染めに挑戦しました。
白いハンカチやTシャツを、充分に染まるまで藍の液に漬けてから、取り出して広げます。
模様を出すために、あらかじめ布のあちこちにビー玉をくるんで、根元を輪ゴムでくくってあります。
一つずつほどいて、広げると…
白い輪の模様が、くっきりと現れました!
これは「絞り染め」と呼ばれる技法で、くくり加減によって模様の形や大きさが変化します。
子どもたちは楽しそうに、自分で作った模様に見入っていました。

他にも尺八、小鼓、料理、演劇、弦楽、日本舞踊など、さまざまなコースで、子どもたちは楽しみながら体験していました。

やってみよう!フラダンス

2014.08.23.sat/みのおライフプラザ

やってみよう!フラダンス

 赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃんまで、交流しながらみんなでフラダンスを体験する催しが、みのおファミリー・サポート・センターの主催で開かれ、多くのかたが参加しました。
 まずは、ロミロミーズのみなさんが見本のダンスを披露。そして、ゆったりとしたハワイの音楽に合わせて、会場全員でフラダンスを踊り、ハッピーで楽しい時間を過ごしました。途中、滝ノ道ゆずるも登場し、一緒に体を揺らしていました。

地蔵盆まつり

2014.08.23.sat/森川北向き地蔵(箕面5丁目)

地蔵盆まつり

 箕面市内でも、8月24日を中心に行われている地蔵盆まつり。北小校区にある「森川北向き地蔵」でも、8/23(土)に行われ、子どもたちを中心に地域のみなさんでにぎわいました。
 地蔵堂の周辺には、子どもたちの健やかな成長を願った提灯が吊るされ、お菓子の振る舞いや金魚すくい、かき氷などの夜店が並びました。
 森川北向き地蔵には、妻を亡くした男性が、夜泣きする幼い我が子を背負って歩いていると、お地蔵さまの前でピタリと泣き止んだという言い伝えが残っています。別名「夜泣き地蔵」とも呼ばれ、地域のみなさんに親しまれています。
 夏の終わりの地蔵盆まつりは、子どもたちの元気な姿が見られました。

「赤ちゃん先生」と高齢者のみなさんが交流

2014.08.22.fri/箕面桜デイサービス(桜2丁目)

「赤ちゃん先生」と高齢者のみなさんが交流

 赤ちゃんがいるとみんなが笑顔になったり、赤ちゃんを通じて会話が始まる。そんな赤ちゃんの力を借りて、3歳未満の乳幼児とママが高齢者の施設や学校に出向き、命の大切さを伝える「赤ちゃん先生プロジェクト」という取り組みがあります。NPO法人「ママの働き方応援隊」が行うこの取り組みは、ママたちは「ママ講師」として、「赤ちゃん先生」に同行します。
 箕面桜デイサービスでは、年間を通じて全10回、デイサービス利用者のみなさんと赤ちゃん先生、ママたちと交流をしています。この日訪れた赤ちゃん先生とママは6組。4カ月から3歳までの赤ちゃんは、ご高齢のおじいちゃん、おばあちゃんのお膝にのったり、抱っこしてもらってご機嫌。高齢者のみなさんも、相好を崩して赤ちゃんとスキンシップをして、笑い声が絶えません。ママたちも、人生の大先輩から知恵を授けていただく、良い交流の場となっています。ご夫婦でデイサービスを利用する80歳代のかたは「赤ちゃんを抱っこするなんて何十年ぶりかしら、涙が出てきたわ」と感動の面持ちでした。
 9月3日(水)放送の「植田洋子とTea for two」では、箕面桜デイサービスのスタッフ松橋悦子さんと、赤ちゃん先生プロジェクトを推進するNPO法人「ママの働き方応援隊」代表 恵夕喜子さんをゲストに招いてお話を伺います(15時放送。FM81.6MHz)。

コンサートに向けて!みのお太鼓只今稽古中!

2014.08.21.thu/箕面市立メイプルホール小ホール

コンサートに向けて!みのお太鼓只今稽古中!

 9月6日(土)開催のコンサートに向け、みのお太鼓のみなさんが熱く稽古に励んでいます。演奏ももちろんのこと、フォーメーションや太鼓の位置を変える動きなど、本番をイメージしながら入念な打ち合わせを繰り返していました。
 今回のコンサートは「和み〜和太鼓で奏でる箕面の四季〜」と題して行われます。子どもたちとの演奏や、民舞胡蝶のみなさん(舞踊)、箕面市青少年吹奏楽団とのコラボレーションも盛り込まれ、さらに、会場のみなさんも一緒に楽しめる曲もあるとのこと。心に響く「和太鼓」の魅力、ぜひ体感してください!

■みのお太鼓コンサート「和み〜和太鼓で奏でる箕面の四季〜」
 9月6日(土)17:30開演、箕面市立メイプルホール大ホール
 料金:1,000円
 ・みのお太鼓Facebook

「戦時生活資料展」開催中

2014.08.15.fri/箕面市立郷土資料館

「戦時生活資料展」開催中

 箕面市立郷土資料館では、9月8日(月)まで、戦争中の暮らしの中で使用したものなどを展示した「戦時生活資料展」が開催されています。
 戦時中の新聞や雑誌、教科書、食べ物や服などの配給券、もんぺ、国民服、練習用の木銃など、市民のかたから寄贈された貴重な資料が展示されています。
 展示は、郷土資料館へ実習に訪れている学芸員志望の大学生が毎年手伝っています。今年も、展示の入れ替えを担当する市民グループのみなさんと一緒に、準備にあたりました。

今日から私もかご職人!むかし体験講座「かご編み体験」

2014.08.13.wed/箕面市立郷土資料館

今日から私もかご職人!むかし体験講座「かご編み体験」

 クラフトバンドを編んでオリジナルのかごを作る体験教室が、8月12日(火)と13日(水)に、箕面市立郷土資料館で開かれました。
 おばあちゃんとお孫さんのペアやお友達同士での参加もあり、和やかに作業が進みました。
一人ひとりが作るかごは、バンドの色使いから編み方、細部の飾りに至るまで、まさに十人十色。
 参加者は、「毛糸玉入れにしようか」「パンを入れるのも良さそう!」と完成間近のかごに期待を膨らませていました。

ミニプラネタリウムをつくろう

2014.08.11.mon/箕面市立西南図書館

ミニプラネタリウムをつくろう

 箕面市立西南図書館ではこの夏、「夏の夜空を楽しもう」と題した展示や講座を開催しています。その1つ、ミニプラネタリウムを作る講座が、7月30日(水)に行われ、小学1年生から3年生までの子どもたちと保護者のかた35人が参加しました。
 宮沢賢治の、星座や天体をうたった「星めぐりの歌」の朗読を聞いたあと、いよいよミニプラネタリウムづくり。土台になるのは打ち上げ花火で使われる花火玉。ソフトボールくらいの大きさの花火玉を半分にして、表面に折り紙で好きな色や模様を貼り付けていきます。顔のように作ったり、ハートを散りばめたり、カラフルにしたり。
 そして、満点の星を映し出したい場合は、たくさんの穴をキリであけていきます。星座を映し出したいなら、星座の形にあけます。それをボンドで球体に仕上げ、懐中電灯を入れて照らすと…天井にきれいな星が浮かび上がりました。
 参加した子どもたちは「星に興味があったので、もっといろんなことを知りたくて参加しました。きれいにできました」と話していました。
 みんな、自分だけのプラネタリウムを大切に持って帰りました。

公園でラジオ体操!

2014.08.05.tue/粟生南公園

公園でラジオ体操!

 箕面市では、昨年から、公園などで定期的にラジオ体操をしてくださるかたを募集しており、現在、その輪が広がっています。
 粟生南公園のラジオ体操の輪は長く、1995年から始まりました。多いときでは50人を超えるかたが参加されています。明るく元気に朝の光を浴びて、みんなでラジオ体操をして、一日が始まる。健康になるだけでなく、知り合いも増えます。6時30分のラジオ体操の前には、太極拳や気功もしているそうです。参加者のみなさんがスタンプを押す台を手づくりしてくださったり、親子でガンバって参加し、スタンプ150個を達成して景品の「滝ノ道ゆずるメモ」をもらったかたも!
 粟生南公園では、今朝もラジオ体操開催中。お近くのかたぜひ参加されませんか?

モザイクタイルを作ったよ!古代人チャレンジキャンプ

2014.08.03.sun/箕面市立教学の森野外活動センター

モザイクタイルを作ったよ!古代人チャレンジキャンプ

 夏休み中の子どもたちが、箕面の自然の中で過ごしながら、古代の人たちの暮らしを体験して学ぶ「古代人チャレンジキャンプ」(少年少女文化財教室主催)が、今年も8月1日(金)〜3日(日)に行われました。
 このキャンプを毎年楽しみにしている子どもたちも多く、今年は28人が参加しました。今年は、モザイクタイルや石を磨いて勾玉を作ったり、火をおこしたり、みんなで助け合って2泊3日の古代人の生活を体験しました。
 初対面の子、昨年参加して友達になった子、全国各地から参加した子どもたちが、箕面の自然の中で、あっという間に仲良くなれるのがこのキャンプの魅力の1つ。子どもたちの夏休みの大切な思い出が増えました。

アポさんのリズムワークショップ

2014.08.01.fri/多文化交流センター

アポさんのリズムワークショップ

ドゥケッケ、ドゥンケ、ドウケッケ、ドゥンケ…
子どもたちが、いろいろな形の太鼓を手でたたきながら、リズムを練習しています。
指導しているのは、トルコ出身のアポさんです。
「みんな、とっても上手です。じゃあ、次はこんなリズムをやってみましょう」

多文化交流センターで7月30日(水曜日)・8月1日(金曜日)の二日間、「アポさんのリズムワークショップ」が開催されました。参加した子どもたちは、トルコに伝わる基本的なリズムを教わりました。2拍子、3拍子、4拍子はもちろん、5拍子のリズムも。
「ドゥンテケ、ドゥンドゥンテケ」
これは、けっこう難しい…!子どもたちも真剣な表情です。
そこへ応援に駆け付けたのは、有志の大人たち。アポさんの友人で、多彩な国籍のみなさんです。ギター、フルート、パーカッションで大人たちが参加すると、音に彩りが出て、一気に演奏っぽくなってきました。うーん、けっこういい感じ!
最後は二日間の締めくくり、成果発表です。
予定になかったのですが、急きょ同じ館内の「Comm cafe」で、お客さんの前で演奏することになりました。習ったリズムを一つずつ、難しいリズムもなんとかがんばって、ランチタイムをにぎわす一大セッション!惜しみない拍手が送られました。

チリメンモンスターをみつけよう!

2014.08.01.fri/箕面市立西南公民館

チリメンモンスターをみつけよう!

 箕面市立西南公民館では、夏休み中に楽しみながら学べる機会を作ろうと「なつやすみ講座」を企画しました。その1つが「チリメンモンスターをみつけよう!」。8月1日(金)に行われ、30組の親子が参加しました。講師に、きしわだ自然資料館の職員のかたを迎えて、分かりやすく、そして楽しく海の生物の不思議を学ぶことができました。
 私たちが日頃食べている「チリメンじゃこ」は、カタクチイワシの稚魚ですが、市場に出回るまでの工場できれいに選別される前の状態では、たくさんの生物たちを見ることができるそうです。それらの生物たちを「チリメンモンスター」と呼びますが、さまざまなモンスターたちを探し、顕微鏡でその姿を見る子どもたちは、とてもイキイキと楽しそうでした。

いま、瀧道で鳴いてます!箕面公園昆虫館くるびー館長とキリギリス採集

2014.08.01.fri/新稲、瀧道

いま、瀧道で鳴いてます!箕面公園昆虫館くるびー館長とキリギリス採集

 夏の太陽が照りつける7/21(土)の午前中、15人の子どもたちと箕面公園昆虫館の久留飛克明館長が、新稲の土手へ一緒にキリギリス探しに出かけました。
 すばしっこくて逃げ足の速いキリギリス。「いたいた!」「どこ行った??」「捕まえた〜!!」と、元気一杯の子どもたちは、暑さにも負けずにキリギリスを追いかけていました。
 初めてキリギリスを見る子も多く、久留飛館長にオスとメスの見分け方や、何を食べているのか?何で鳴いているのか?などたくさんのことを学びました。
 捕まえたキリギリスは、瀧道の商店主さんが預かってくださり、大切に育てられています。8/10(日)まで、「虫の声が聴こえる瀧道」として、店先で鳴いています。
 私たちに涼を届けてくれるキリギリスの声を聴きに、ぜひ瀧道へお越しください!

page top