各校区で「危険箇所・問題箇所点検」活動実施中!

2014.05.31.sat/萱野小校区

各校区で「危険箇所・問題箇所点検」活動実施中!

 子どもたちがより安全に地域で過ごすことができるように、箕面市青少年指導員のみなさんが中心となり、PTA、地域のかた、市の職員、そして子どもたちも一緒に、毎年5〜6月に、市内14小学校区で「危険箇所・問題箇所点検」が行われています。
 この活動は、30年以上前から行われていて、全国的にもめずらしい取り組みで、14校区合わせて、毎年約1000人が参加しています。地域に住むみなさんが参加することによって、細部にわたり気を配った発見があり、見つかった危険箇所は、青少年指導員が取りまとめて、箕面市に報告。市は、報告をもとに、危険箇所を改善しています。
 5月31日(土)は、萱野小校区でも行われ、班に分かれて地域内を点検し、学校に戻って、青少年指導員が各班の問題箇所を報告しました。
 30年以上前から、地域の市が連携して、通学路などの危険箇所の改善に取り組み、子どもたちの安全を守っています。

箕面ミュージックフェスティバル!〜第4回箕面バンドワールドフェスティバル

2014.05.31.sat/箕面市立メイプルホール小ホール

箕面ミュージックフェスティバル!〜第4回箕面バンドワールドフェスティバル

 中学生から「おじさんバンド」まで、年齢もジャンルもさまざまな16ものバンドが集まり、今年も箕面バンドワールドフェスティバルが行われました。今回で第4回と歴史はまだまだ浅いですが、毎年バンド数は好調に増えていて、今年は初の二日間開催となりました。
 箕面歌謡ロック大使のセーリング、箕面J−POP大使のLuckDuckもステージに立ち、昨年よりもさらにバラエティ豊かになった今年のバンドワールドフェスティバル。来年も5月30日(土)、31日(日)の二日開催が決定しており、さらなる盛り上がりが期待されます。ぜひ来年は、あなたもこのステージに立ってみてはいかがでしょうか。

オリジナルTシャツをつくっちゃおう!

2014.05.31.sat/箕面市立多文化交流センター

オリジナルTシャツをつくっちゃおう!

 5月31日(土)、箕面市立多文化交流センターで、指で描ける絵の具を使ってオリジナルのTシャツを作るワークショップが開かれ、多くの子どもたちが参加しました。
 タイからの留学生をスタッフとして迎え、真っ白いTシャツを前に、最初は何を描けばいいか困っていた子も、アドバイスを聞きながらイメージをふくらませ、好きな絵を描いたり、作ったTシャツを父の日の贈り物にしようとメッセージを入れるなど、世界に一つだけの作品作りに夢中になっていました。
 完成したTシャツには、参加した全員が大満足!留学生との交流もできて、思い出に残る一日になりました。

箕面のシンボルロードを北小のみんなも清掃!

2014.05.23.fri/府道豊中亀岡線

箕面のシンボルロードを北小のみんなも清掃!

 箕面2丁目交差点から国道171号までの府道豊中亀岡線、通称箕面公園通りを、箕面のシンボルロードと位置付け、箕面の顔にふさわしい沿道にしようと、毎月1回、沿道の清掃活動を行う「みのおシンボルロードまちづくり協議会」のみなさんの清掃活動に、箕面市立北小学校の5・6年生が参加しました。
 総勢106人の児童のみなさんが、箕面市役所に集合。班に分かれて、ごみ袋やゴミバサミ、モップなどの清掃道具を持ち、いざ出発。歩きながら、沿道のタバコの吸い殻やお菓子の包み紙などを拾い、雑草を抜き、道路にこびりついた鳥のフンに水をかけてきれいに清掃しました。
 みのおシンボルロードまちづくり協議会の月1回の清掃で、沿道のごみは減少しています。そんな中、依然無くならないタバコの吸い殻は、明らかに大人が捨てたごみ。子どもの手本になる行動をお願いします。

画家のマサコさんとガーデナーのベネシアさんのパネルトーク

2014.05.23.fri/Jiku Art Creation 箕面スタジオ(西小路3)

画家のマサコさんとガーデナーのベネシアさんのパネルトーク

 イギリス在住の画家マサコさんと、ハーブ研究家のベネシアさんのパネルトークが、5月23日(金)、マサコさんの展覧会に先駆け、箕面市西小路3丁目にオープンした「Jiku Art Creation 箕面スタジオ」で行われました。
 日本で生まれてイギリスに住み、画家として生活するマサコさんと、イギリスで生まれて日本に住み、ガーデナー、ハーブ研究家として生活するベネシアさんとのライフスタイルのお話を聞こうと、多くのファンが来場しました。
 初めに、「Jiku Art Creation」を主宰する向井佳子さんが、これまで猪名川町のギャラリーで多くの作家を紹介してきたが、より幅を広げるために箕面にギャラリーをオープンしたこと、今後も企画展を手掛け、多くのかたにアートに触れてほしいと挨拶。その後、マサコさんとベネシアさんが、便利な生活と引き替えに、どんどん環境が損なわれてきたこと、生活全てをシンプルにし、便利か環境か、人間はどちらをとるか真剣に考えないといけない、与えられる情報よりも自分で感じる心が大切、などと話しました。
 来場者のみなさんは、うなずきながら話に聞き入り、大きな拍手を送っていました。

どっこい三味線異文化国際交流コンサート、大盛況!

2014.05.22.thu/箕面市立東生涯学習センター

どっこい三味線異文化国際交流コンサート、大盛況!

 箕面市立東生涯学習センターの駐車場や音楽室などの改修工事が完了し、5月22日(木)、工事完了を記念したコンサートが開催されました。
 イタリアから箕面高校へ留学しているソフィアさんの三味線演奏、どっこい三味線のみなさんの全国各地の民謡、ラスベガスで日本文化を学ぶ日本が大好きなシニアグループ「happy Feet Vegas」のみなさんの演奏に、フォークダンスも加わって、会場は大盛りあがり。安来節のどじょうすくいに大笑いし、斎太郎節では東北にエールを送る『エンヤートットト』を会場全員で踊り、汗をかいて、笑って、踊る、すばらしい国際交流になりました。
 外国人市民も多く住む箕面市東部にある東生涯学習センターは、駐車スペースを増設し、大会議室に可動式ステージを設置するなど、改修工事が完了し、より利用していただきやすくなりました。改修工事記念コンサートにも多くのかたが来場し、改修工事完了を祝いました。

今年もやります!「みのおキッズシアターwith末成由美」結団式

2014.05.22.thu/グリーンホール

今年もやります!「みのおキッズシアターwith末成由美」結団式

箕面の子どもたちと、吉本新喜劇の人気女優・末成由美さんが舞台で共演する「みのおキッズシアターwith末成由美」。2006年から毎年上演されており、今年で9回目となります。
8月30日・31日の本番に向けて、これから稽古の日々が始まります。それに先立ち、出演者と制作スタッフの顔合わせとなる結団式が5月22日(木曜日)午後7時から、グリーンホールの大会議室で行われました。
演出・脚本の小寺弘之(こてら・ひろゆき)さんからは、「今年は『約束』をテーマにした作品になる予定です」と説明がありました。
また、末成由美さんは「また箕面の子どもたちと芝居ができるのが嬉しいです。これからも命の続く限り、80歳になっても90歳になっても出させてもらおうと思ってます」とあいさつしました。
参加した子どもたちも、一人ずつ立ちあがって、舞台への意気込みを語りました。
毎年続けて参加し、すっかり常連となっている子。
今年が初めての参加で、緊張気味な子。
どの子もしっかりとあいさつしていました。

今年の参加は、役者部門30名、ダンス部門6名。
力を合わせて、ぜひいい芝居を作ってほしいものです。

外国人市民の学習支援ボランティア「T.E.Sにほんご」のみなさんが、大阪府知事表彰を受賞

2014.05.22.thu/箕面市立多文化交流センター

外国人市民の学習支援ボランティア「T.E.Sにほんご」のみなさんが、大阪府知事表彰を受賞

 外国人市民への日本語の学習支援ボランティア活動を続けていらっしゃる「T.E.Sにほんご」のみなさんが、大阪府知事表彰を受賞されました。
 箕面市国際交流協会から委託を受けて、日本語の読み書きや会話の教室を毎週行っているほか、日本語の日常会話の練習と交流の教室も開かれています。
 この日は、日本で生活を始めるために必要な会話、「〜しようと思います」「〜するつもりです」といった文法表現を、テキストを見ながら勉強していました。
 寄り添いながら教えていらっしゃる「T.E.Sにほんご」のみなさん、大阪府知事表彰受賞、おめでとうございました。

講座「図書館を10倍楽しむ方法」開催

2014.05.21.wed/箕面市立西南図書館

講座「図書館を10倍楽しむ方法」開催

 本を借りたり、調べものをしたり、さまざまな目的で利用されている図書館をもっと楽しんでもらうための裏ワザを紹介する講座が、箕面市立西南図書館で開かれました。
 企画したのは、本と人を結びつける活動を行う「人と本を紡ぐ会」。箕面市立中央図書館の大迫美恵子館長が、ipadや箕面市立図書館のホームページから本を検索する方法や図書館の本の並び方、司書さんが本を探すコツなどを紹介しました。
 書名が分からなくても、一つのキーワードから関連する言葉などを想像し、探したい本を見つけるワザで、本も見つかるし、別のおもしろい本にも出会える広がりがあります。
「また新しい楽しみ方で、ぜひ図書館を利用してください」と話していました。

粟生外院バラ祭、5月18日まで開催中

2014.05.18.sun/粟生外院2丁目

粟生外院バラ祭、5月18日まで開催中

5月17日(土)・18日(日)の2日間、粟生外院2丁目の住宅街にあるバラ園で、市民のグループがバラ祭を開催しています。2カ所、660屬猟躅爐砲蓮∪屬箍、パープル、ピンク、白など、色とりどりのバラ、約60種類・200株が咲きそろい、訪れた人たちは、バラの甘い香りと美しさに酔いしれていました。
 庭園の所有者は、フラワーデザイナーの久保ノリ子さん。南側のバラ園は、イングリッシュガーデン風。クラシック音楽が流れ、優雅な気分に浸れます。
 訪れたかたは「バラのアーチをくぐり、たくさんの咲き誇るバラに囲まれ、幸せな気分を味わいました。なかでもピンクの大輪の『イブ・ピアッチェ』というバラは、とても甘い香りが心地よく、『これぞバラ!』という感じがしました」と話していました。
 バラ祭は、5月18日(日)も午前10時から午後4時まで行われ、午後1時から3時には、園芸家の井野元敏さんが、花壇づくりのコツや肥料のやり方、花を摘むタイミングなどを教えてくださる相談コーナーもあります。
 場所は、箕面市粟生外院2丁目11で、皿池公園や帝釈寺の南西方向(阪急バス山麓線「外院」下車南へ徒歩5分)。付近に案内のチラシやスタッフがおられます。

自然を感じる体験フェア開催

2014.05.18.sun/箕面駅前野外ステージ

自然を感じる体験フェア開催

 5月18日(日)、自然工作体験や山麓保全活動のパネル展示などの「自然を感じる、家族で楽しむ自然体験フェア」が行われ、家族連れでにぎわいました(主催:NPO法人みのお山麓保全委員会)。
 どんぐりを使った工作や、松ぼっくり釣りなどに、子どもたちは楽しそうに参加していました。また、箕面の山の保全活動に活用される公益信託「みのお山麓保全ファンド」の募金箱も設置され、募金に協力してくださったかたには、カブトムシの幼虫がプレゼントされました。

みんなで貿易ゲーム〜世界ってこんなに不公平?〜

2014.05.17.sat/多文化交流センター

みんなで貿易ゲーム〜世界ってこんなに不公平?〜

 「貿易」ってなに?世界にはたくさん国があるけれど、どういうふうにつながっているんだろう?そうした疑問がゲームを通じて学べる催しが、箕面市小野原西にある多文化交流センターで行われました。
 ゲームの説明をするのは、箕面を拠点に北摂で活動する「みのおフェアトレードの会 楓(ふう)」さん。今回は子どもに合わせたゲーム設定ですが、各グループには保護者のかたなど、大人もまじり、子どもといっしょになってゲームに白熱していたようすでした。
 実は、各グループの人数や当初の資金、資源には最初から偏りが生じているこのゲーム。子どもの中からは「不公平だ〜!」という不満も聞かれ、どうやら「世界の貿易のしくみを知る」という目的は達成できていたようです。
 5月は世界フェアトレード月間。今回、フェアトレード雑貨の販売なども行われ、改めて「貿易」「フェアトレード」について考える機会となりました。

第14回箕面の森の音楽会

2014.05.17.sat/瀧安寺前広場

第14回箕面の森の音楽会

緑に囲まれた箕面の山の中、滝道沿いにある瀧安寺前広場で「箕面の森の音楽会」が行われました。
スタートは昼の12時30分。
 最初に登場したのは「ツハ・コ・ケストラ」のみなさんです。市内在住の津波古さん一家6人によるファミリーアンサンブルで、2013年10月には「第2回全国ファミリー音楽コンクールinよっかいち」で準優勝を果たし、箕面市の市長表彰も受けています。
いろいろな大きさのリコーダーによる合奏や、面白い音の出る「びやぼん」などの楽器の演奏、手遊びやペープサートを使った演出もあり、音楽好きな一家の楽しい演奏に大きな拍手が送られました。
 続いて登場したのは、ケルト音楽を演奏するデュオ「hatao & nami」のお二人です。アイリッシュ・フルートとアイリッシュ・ハープの奏でる美しいメロディは、森に囲まれたこの場所にぴったり。イギリスのバグパイプや北欧の柳の笛といった珍しい楽器も披露され、軽快なダンス曲では自然に踊りだす人もいて、楽しい時間となりました。
 幕間には滝ノ道ゆずるが登場し、舞台を盛り上げました。「音楽会ということで、ゆずるも楽器に挑戦します!」…手渡された小さなウクレレを、懸命に弾こうとするゆずる。なかなか苦労していましたが、かろうじて音らしきものが鳴り、拍手ももらって嬉しそうでした。
 いよいよ最後の出演。舞台に立ったのは、箕面出身の姉妹デュオ「Sky」です。2010年のメジャーデビュー後、CMソングやプロゴルファーのテーマ曲を手がけ、2011年には箕面市特命大使にも任命されるなど、活躍を続けています。
 二人が歌い始めると、その伸びやかな歌声、美しく調和したハーモニーが、緑に包まれた空間を満たしました。空の青さ、雲の白さを歌った曲では、見上げれば歌詞そのままの澄んだ空が広がり、歌と自然の共演に、居合わせた人たちは時を忘れて聴き入っていました。

なお、今回出演した三組のグループは、いずれもタッキー816で番組を担当しています。

●サタデーワイドフィーバー(土曜日正午〜午後5時)
 第4週のアシスタント…津波古奈穂(ツハ・コ・ケストラ)

●DJカーニバル(日曜日午前11時〜12時)
 第4週担当…hatao & nami

●afternoon de Sky(第4土曜日午後1時30分〜2時)
 DJ…Sky

一日看護師体験も!医療・看護フェア

2014.05.15.thu/箕面市立病院

一日看護師体験も!医療・看護フェア

 5月15日と16日の2日間、箕面市立病院で「医療・看護フェア」が開催されました。
これは、ナイチンゲールの誕生日である5月12日の「看護の日」にちなんで毎年催されていて、一日看護師体験や、血圧、肺年齢などの測定、医師による医療相談、栄養相談など、健康管理や医療・看護に関する情報の発信などを行っています。
 一日看護師体験では、看護師をめざす学生さんや看護に興味のある市民が、制服を着用して実際に患者さんの車いすを押したり、脈を測るなどの体験を行いました。
 また、栄養相談では、ズラリと並んだフードモデルから食べ物を選び、栄養バランスを測定するSATシステムを活用しながら、指導を受けていました。

おひさまルームひじりの「子育てサークルデイ」

2014.05.15.thu/おひさまルームひじり

おひさまルームひじりの「子育てサークルデイ」

 おひさまルームひじりでは、毎週木曜日に、週替わりで子育てサークルが活動する「子育てサークルデイ」を実施しています。第3木曜日は『おたまじゃくし』のみなさんが集い、地域の子どもたちと一緒に遊具で遊んだり、絵本を読んだり、お母さん同士でおしゃべりして過ごしています。
 昨年完成したばかりの多世代交流センター内にあり、新しくてきれいなお部屋で、子どもたちはのびのびと遊んでいました。
 おひさまルームは、子育て中のお母さんやお父さんと一緒に、3歳までの未就園のお子さんが集まって、新しいお友達を作ったり、楽しく遊んで過ごす場所。箕面駅前のみのおサンプラザと、らいとぴあ21にもあります。ぜひご利用ください。

ハルカス、ヤッホー!(こども会メンバーリーダー講習会)

2014.05.11.sun/青少年教学の森野外活動センター

ハルカス、ヤッホー!(こども会メンバーリーダー講習会)

「こども会メンバーリーダー講習会」は、市内の各校区からこども会のリーダーが集まり、校区を越えた交流を図るとともに、こども会のリーダーとしての役割を学ぶための講習会です。
5 月10日(土曜日)・11日(日曜日)、青少年教学の森野外活動センターでの同講習会は、萱野北小・北小・西南小・豊川北小・中小校区を対象に行われまし た。参加した子どもたちは、キャンプファイヤーや飯盒炊さん、レクリエーションなどを楽しみながら、共同生活を通してリーダーとしての自覚を身につけてい きました。

5月11日(日曜日)、2日目の朝。
朝食後に予定されていたのは「展望台ハイキング」です。
子どもたちはまだどこか眠たげなようすでしたが、指導役の元気なリーダークラブ員たちに引っ張られるように、展望台へと出発しました。
上り坂が続きますが、初夏のみずみずしい緑に包まれた林道を行くのは、実にさわやか。遠く近く鳴き交わすウグイスの声を聴きながら、歩くこと15分で「あおぞら展望台」の小さな看板にたどり着きます。そこから急な山道を少し行くと、視界の大きく開けた場所に出ました。

「ここが、あおぞら展望台です」

見渡す限り広がる、大阪平野。
梅田の林立するビル群、そしてその背後にひと際高く、のっそりと立つグレーのシルエットは、日本一の高さを誇るビル「あべのハルカス」です。その奥には、生駒の山稜がうっすらと浮かんでいます。
右手にある伊丹空港では、離着陸する飛行機のようすがよく見えます。眼下の箕面のまちなみに目をやると、小学校のグラウンドでソフトボールをする人たちが、小さな点になって動いていました。
子どもたちは声もなく景色に見とれていましたが、やがて声を揃えて「ヤッホー!」「ヤッホー!」と叫び始めました。
静かな山に響く、子どもたちの声。雄大な眺めを満喫するひとときに、みんな満足そうな表情でした。

えんどう豆となかよしになったよ「やさいとなかよし教室」

2014.05.09.fri/みのおライフプラザ

えんどう豆となかよしになったよ「やさいとなかよし教室」

 5月9日(金)、みのおライフプラザで「やさいとなかよし教室」が開かれました。奇数月に行われ、おおむね2歳〜3歳児の親子が対象で、野菜嫌いにならずに、日頃から野菜をしっかり食べるために、季節の野菜を触ったり、ボイルしたりする体験を実施しています。
 今回は、えんどう豆をみんなで一緒にむいて、ボイルするようすを見たり、豆ご飯を炊いて、食べました。
 参加した子どもたちは、皮をむいたら小さい丸いかわいい豆が出てきてびっくり、豆をボイルするとお湯の中で動いてびっくり、と興味津々で体験していました。
 箕面産と食の育成課では「濃い緑色の野菜は嫌いな子が多い傾向にありますが、食卓に出さないのではなく、シンプルに味付けをして、家族みんながつまめるように置いておくと食べやすいですよ」とアドバイスしていました。
 最後に、みんなでむいた豆入りおにぎりをおいしそうに食べていました。これからもしっかり野菜も食べてね。

箕面のゆずで天然ミストスプレーづくり

2014.05.09.fri/らいとぴあ21

箕面のゆずで天然ミストスプレーづくり

 アロマなど植物の力を活用して心豊かな暮らしを提案する、らいとぴあ21の「『Yuragi Style』プレゼンツ 暮らしのなかのセルフケア講座」。5月9日(金)、6回シリーズの初回が行われました。
 初回は、箕面のゆずで、天然ミストスプレー作り。講師で、ゆらぎスタイル箕面の店長 春木智恵子さんから実生ゆずのお話を聞き、ミストスプレー作りに挑戦しました。近頃は、アロマを生活に取り入れているかたが多くなっていますが、間違った使い方をするとリラックス効果は実は激減してしまうとか。講座は、今後、アロマを使って髪や手、足のケアや、美肌クリーム作り、むくみなどをとる解毒オイル作りなどを行います。ご興味のあるかたは、ぜひ、らいとぴあ21(TEL072・722・7400)へお問い合わせください。

花壇をつくろう会がハーブ園オープン

2014.05.06.tue/上平公園南側広場(西宿2丁目)

花壇をつくろう会がハーブ園オープン

 箕面で初めてのハーブや薬草などを育てるコミュニティ広場が、西宿2丁目の上平公園南側広場にオープンしました。
 オープンを迎えるに当たり、花壇をつくろう会のみなさんは、畑に50cmの穴を掘り、堆肥を入れて畝を作るなどの準備を行いました。
 オープン当日は、小さいお子さんから中高年のかたが集まり、カモミールやレモングラスなどのハーブや、オオバコなどの薬草を植えました。その後、アップルミントティーや、オオバコやカラスマメ、ドクダミなどをブレンドした薬草茶を煎れて、香りや味を楽しみました。
 花壇をつくろう会のみなさんは、今後毎月第3日曜日に、この広場で活動を行います。ハーブや薬草に興味のあるかたは、ぜひのぞいてみてください。

もうすぐ本番!ダンスワークショップレッスン生が元タカラジェンヌと舞台に!

2014.05.03.sat/箕面市立メイプルホールリハーサル室

もうすぐ本番!ダンスワークショップレッスン生が元タカラジェンヌと舞台に!

 昨年4月、グリーンホールで、元タカラジェンヌの指導によるダンスワークショップが開講しました。この講座は年齢、ダンス経験にこだわらず、ジャズファンクを体験するもの。約1年のレッスンを経て、ついに5月18日(日)、箕面市立メイプルホールで「夢のつづき…ステージオブドリームズ」と題したステージで、元タカラジェンヌと舞台に立つことになりました。
 本番まであと2週間に迫った5月3日(土)、メイプルホールのリハーサル室では、衣装をつけての通し稽古が行われました。曲に合わせて振り付けどおり踊るだけでなく、衣装替えや舞台転換のタイミングなどを確認しながらの進行に、舞台が初めてのレッスン生さんはあたふたする場面も。
 これまでダンスワークショップを指導してこられた元花組 初花美咲さん、銀華水さんだけでなく、通し稽古には元花組 彩ひろみさん、元月組 花城アリアさんも参加され「やっぱりオーラが違いますね」とワークショップの生徒さんは感激の面持ちでした。
 総合プロデュースの西井珠紀さん(元雪組 真汐いづるさん)は「ダンス経験のあるかた、ないかたが一緒のクラスということで大変な面もありましたが、それぞれが1年間で成長したところを見ていただきたいです。またミルキーウェイさん、箕面東高校さん、K’s Factry Dance Schoolレッスン生の共演、元タカラジェンヌ7名のクオリティもお楽しみください。生演奏で迫力もあると思いますヨ」とのこと。
 出演する元タカラジェンヌ7人のうち、元宙組 樹里咲穂さんは箕面市のご出身です。
5月18日(日)はぜひ、メイプルホール大ホールへお越しください。

■「夢のつづき… ステージオブドリームス〜元タカラジェンヌと舞台へ〜」
5月18日(日)開場14:00 開演14:30 箕面市立メイプルホール大ホール
お問い合わせ:(公財)箕面市メイプル文化財団 072-723-2525

page top