快晴!第17回れんげまつり

2013.04.29.mon/石丸1丁目

快晴!第17回れんげまつり

 箕面の山を臨む石丸1丁目のれんげ畑で、今年もれんげまつりが開催されました。萱野東小学校西側に広がる田園風景。一面に敷き詰められたれんげ。ピンクとグリーンのじゅうたんは、箕面の自慢の原風景です。子どもたちが大好きなゲームを始め、松ぼっくりなどで工作をしたり、れんげを押し花にして遊ぶコーナーや、焼き鳥・焼きそば、野点、新鮮野菜市などの出店もあり、多くの人でにぎわいました。
 お弁当を持参で、れんげ畑でのんびり食べる家族連れや、青空の下で、焼き鳥とビールを満喫するお父さんの姿も。地域のみなさんの毎年の楽しみ。いつまでも続いてほしい催しです。

快晴!第21回春のこどもカーニバル

2013.04.28.sun/止々呂渕公園(桜ヶ丘4)

快晴!第21回春のこどもカーニバル

子どもたちに大人気の催し「春の子どもカーニバル」が、今年も快晴の空のもと、桜ヶ丘4丁目の止々呂渕(とどろぶち)公園で開催されました。
 午前10時、すでにたくさんの人が詰めかける中、オープニングを飾ったのは瀬川保育園の園児による和太鼓演奏でした。掛け声も勇ましく、一生懸命バチを振る子どもたちのかわいらしい姿に、盛大な拍手が送られました。市立第三中学校の吹奏楽部は毎年出演の常連で、観客はじっと聴き入っていました。
 続いて登場したのは、チアリーディング。赤い衣装のテディベアーズは親子で構成されたグループで、家族が力を合わせて繰り広げる演技に声援が飛びました。青い衣装はシャイニーズ、大人数で行う演技は迫力がありました。
 周囲には出店が並び、わたがしや当て物に長い列ができていました。無料配布された風船は相変わらずの人気で、次々と子どもたちに手渡されました。のんびりと催しを楽しむ人たちの頭上を、手を離れた風船がふわり、ふわりと風に遊びながら、青空に吸い込まれて行きました。

れんげ畑でみんなで遊んだよ

2013.04.23.tue/箕面市萱野

れんげ畑でみんなで遊んだよ

 地域のかたのれんげ畑で、今年も、萱野小学校とかやの幼稚園、萱野保育所のみんなが一緒に遊びました。れんげで首飾りを編んだり、ビニール袋にたくさん採ってこんなに採ったよと見せあいっこしたり、緑の瑞々しいにおいの中で仲良く遊びました。
 

第48回春の山野草展

2013.04.20.sat/箕面文化・交流センター

第48回春の山野草展

 箕面山野草の会の「山野草展」は、毎年、春と秋の2回開催されています。回を重ねるごとに小さな草花たちが見せる表情を楽しみに、来場者も増え、今回も会場は多数のかたが来られていました。
 会のメンバーのみなさんは、育てていらっしゃる約300鉢の中から展示する7鉢を選ぶのがとても難しいそうで、「展示会に連れていくからもうちょっと頑張れ!」「秋まで待っててね」など、鉢に語りかけながら育て、呼びかけに応えてくれた鉢を選んでいるそうです。展示会に集まった山野草たちは、どれも選りすぐりのものばかり。来場者のみなさんも、1点1点、ていねいにご覧になっていました。

元タカラジェンヌと舞台に立とう!ダンスワークショップ

2013.04.20.sat/グリーンホール

元タカラジェンヌと舞台に立とう!ダンスワークショップ

 元タカラジェンヌの指導によるダンスワークショップが開講しました。
この講座は、年齢、経験にこだわらず、ダンスを体験するもので、学校のダンス必修科目にも適応しています。
 講師は元宝塚歌劇団花組・祐澄しゅんさんと、元宝塚歌劇団雪組・真汐いづるさん。学校でダンスが必修科目となったものの、ダンスで使う全身が写る鏡が無い体育館が多いと知った祐澄さんたちは「体育館に『鏡』を贈ろう。そして『本物をリアルに』」を合言葉に活動し、去年8月からは箕面市立第六中学校の体育館で本格的にスクールを始動。そのご縁から、今回のワークショップが開催されました。
 この日は、舞台公演中の祐澄さんに代わり、元宝塚歌劇団花組・初花美咲さんが講師を務められました。
「ダンスの魅力は、言葉がなくても全身で感情を表現できること。タカラジェンヌは喜怒哀楽を舞台で生き生きと表現するのが得意です。それを少しでも受講者のみなさんにお伝えしたい」と熱意を語っておられました。
 参加者は、6歳から64歳までと幅広い年代のかた26人。ストレッチで体を温めたあと、基本のステップを学び、音楽に合わせて踊る振り付けを受けていきます。
年齢やダンス経験の有無に関係なく、みなさん、心から楽しそうに体を動かし「元タカラジェンヌの先生は本当に華やか」「一所の舞台に立てるよう1年間しっかり頑張ります」と目を輝かせていました。
 ワークショップは第1・2・3土曜日の午後6時からで、来年3月までの1年間続き、成果発表として、元タカラジェンヌと舞台で共演することになっています。
 また、今後期間延長される可能性もあり、追加応募も受け付けています。
詳しくは、(公財)箕面市メイプル文化財団TEL072-723-2525へ。

フラメンコ教室体験会

2013.04.19.fri/スカイアリーナ

フラメンコ教室体験会

 5月から始まるフラメンコ教室を前に、体験会が行われ、フラメンコ初心者の女性が参加しました。
 「フラメンコは本来歌が主役。靴の裏で音を奏でながら自分が楽器になったつもりで踊ります」指導者の説明のあと、みなさん初めてのフラメンコに挑戦しました。
 両足、両手、顔の向き、すべて別の動きをするフラメンコ。難易度の高い踊りですが、体を動かしているうちにみなさん楽しくなってきたようす。「年齢や体型に関係なく楽しめますよ」という先生の言葉に、本格的に教室に参加したいという思いが芽生えたようでした。

素芸楽会ゆかいな仲間の木版画展

2013.04.17.wed/みのお市民活動センター

素芸楽会ゆかいな仲間の木版画展

 「2013 箕面在住アーティスト展」素芸楽会(そげらかい)ゆかいな仲間の木版画展が、みのお市民活動センターで4月25日(木)まで開催されています。 
 同じマンションに住む4人の男性が、世相評論や、時には駄洒落の飛ばしあいをしながら木版画作りを楽しみ、人柄がうかがえる楽しい作品の数々を展示しています。
 4月25日(木)まで、あさ9時から夜10時まで。みのお市民活動センターフレキシブルコーナーにて。

和太鼓ボランティア講習会

2013.04.15.mon/牧落自治会館

和太鼓ボランティア講習会

 和太鼓に興味のあるかたや、今後、和太鼓を通してボランティア活動をしたいかたを対象に、4回にわたる講習会が行われました。講師は、和太鼓グループ「英(はなぶさ)」のみなさん。見本を見せてもらったり、一緒に太鼓を打ったりしながら、参加者たちは、真剣な面持ちで取り組みました。そして、衣装も身につけ、仕上げの演奏。4回の講習で1曲演奏できるようになり、「英」のみなさんとも和やかに交流し、講習会を終了しました。
 

箕面森町 桜まつり

2013.04.14.sun/森町自治会館

箕面森町

 箕面森町地域に新しく完成した森町自治会館で、自治会のみなさんが集まって桜まつりが開催されました。
 とどろみの森学園の児童たちによるバンドでスタート。地域のみなさんのマジックやカラオケで盛り上がり、甘酒やポップコーンなどが振る舞われました。 
 平均年齢26歳という若くて子どもたちがたくさんいる新しい地域。自治会のみなさんが、地域で力をあわせてまちを作り上げていこうと工夫されているようすが伝わってきました。

桜植樹10周年記念「めんぎょ」の花見

2013.04.13.sat/とんど山桜園(箕面市白島3)

桜植樹10周年記念「めんぎょ」の花見

 雲一つない青空に恵まれた春の一日、阪急バス「石丸」停留所からほど近い、とんど山桜園で、「めんぎょ」と呼ばれる、地域に伝わるお花見が行われました。
 めんぎょの行事を復活させようと、山を整備し、市民有志で桜を植えて今年で10周年。今回は、10周年を記念して新たに15本の桜を植樹することになりました。
 もちろん、今年も桜を愛でるだけでなく、豚汁、ポン菓子の振る舞いや中学生のみなさんによる野点、野遊びや宝探しなど楽しい催しが用意されました。
 子どもたちは元気に遊び回り、大人たちは桜を眺めながら乾杯!
あらゆる世代が思い思いに楽しんでいました。
 植樹式では子どもたちがお手伝い。苗木を支えるつい立てをトーントーンと木槌で地中に埋め込んでしっかりと固定し、肥料をあげて完成!
 10年の間、地元のかたがたが手入れも行い、とんど山桜園は、素敵な場所になりました。今回植えた桜の苗木は、10年後には立派な木になっているとのこと。今から10年後のめんぎょが楽しみになりました。

凱旋!箕面高校ダンス部、世界一の踊り

2013.04.13.sat/箕面マーケットパークヴィソラ

凱旋!箕面高校ダンス部、世界一の踊り

箕面高校ダンス部、世界制覇!
4月6日(土曜日・現地時間)、アメリカ・カリフォルニアで開催された「ミスダンスドリル世界大会」HIPHOP部門女子ラージ編成において、日本代表として出場した箕面高校ダンス部が、見事に優勝を果たしました。
この快挙を受けて、箕面で急きょ凱旋公演が行われることになりました。4月13日(土曜日)午後2時、箕面マーケットパークヴィソラのエルステージには、約1000人の観客が詰めかけ、世界を制したダンスを心待ちにしました。
 公演に先立って行われた市長表彰では、倉田哲郎市長から「全力で世界一をもぎ取って来られたみなさんに、心から感謝します」というねぎらいの言葉と、表彰状が贈られました。
 ダンス部顧問の高木克彰(たかぎ・かつあき)先生は「仲間のため、支えてくれるみなさんのために優勝しよう、という思いで大会に臨み、本当に優勝することができました。今日はみなさんに感謝を伝えたい、そんな思いで、全身全霊で踊らせていただきます」とあいさつしました。
 続いてお待ちかねのダンス、最初はダンス部17期生(新2年生)による「boogie wonderland」。このメンバーも、3月の「日本高校ダンス部選手権」で優勝を果たしており、その実力は折り紙つきです。軽快で息の合った動きで、四つの踊りを次々と披露し、会場を沸かせました。
 そしていよいよ、世界優勝メンバーの16期生(新3年生)の登場です。30人の部員は、全員女子。ダンスの前にみんなで肩を組み、円陣を作ります。お互いに言葉を交わし、気持ちを確かめ合うようすを、周囲の観客もしばし息を詰めて見守りました。
 位置に着く部員たち。ミュージック、スタート!

「walking on music」に合わせて躍動する、鍛え抜かれたその身体。
まぶしい午後の日差しを受けて、きらめく赤いコスチューム。
激しい動きをものともせずに、弾けるスマイル30個!

3分間の中に込めたそれぞれの思いが、一つになって舞台に実り、観客は惜しみない拍手でそれに応えました。
 顧問の高木先生は「今までで一番の踊りでした。正直、ここまで成長してくれるとは思ってませんでした。この姿を、地元のみなさんに観てもらえて嬉しいです」と語りました。
 ダンス部部長の大西真由(おおにし・まゆ)さんは「練習はキツくて、体が砕けそうだと思うこともありました。それでも私たちは、みんなダンスが大好きで、楽しみながら全員で団結してやって来れました。今日は応援してくれたみなさんに、ダンスで感謝の気持ちを伝えられたと思います」と話していました。
 3月末で引退が決まっていた16期生たちにとっては、これがダンス部としての最後の公演となりました。余韻も冷めやらぬ舞台で、何度も行われる記念撮影。並んだ顔はどれも、満ち足りて輝いていました。

いけばな展

2013.04.13.sat/箕面文化・交流センター

いけばな展

 箕面市茶華道文化連盟のいけばな展が、今年も2日間にわたって艶やかに行われました。会場は、100点近くの華やかな作品が出品され、花の甘い香りや緑の生き生きとした香りに包まれました。また、茶道の表千家のみなさんが、美しい所作でお茶をたて、活けられた花を観賞しながらお茶をいただくこともできました。
 100点近い作品に、100通りの感性があふれた華やかな展示に、来場者も1点1点ゆっくりと見入っていました。

箕面からプロ棋士誕生!千田翔太さん

2013.04.11.thu/箕面市役所

箕面からプロ棋士誕生!千田翔太さん

 箕面在住の千田翔太さんが、日本将棋連盟奨励会の四段に昇格。4月からプロ棋士になり、この日、お母様と一緒に市長室を訪れ、市長表彰を受けました。
 千田さんは、3月に刀根山高校を卒業したばかりの19歳。5歳で初めて将棋に触れ、2006年、小学校6年生で「日本将棋連盟・奨励会」に合格。2010年、中学校卒業と同時に三段に昇段し、高校3年生の卒業間近に見事四段に昇段。今年4月からプロ棋士としての生活をスタートさせています。
 奨励会合格から4段昇段に6年半。周囲に比べると早い道のりでしたが、やはり、気の緩みからスランプの時期もあったそうです。
 ハナから負けのイメージをもつと負けるので、イメージトレーニングで、とにかく将棋を指しまくったといいます。頭の中でひたすら…。将棋のスランプは将棋でしか晴らせないと、勝つことでスランプを脱出しました。
 プロになって次なる目標は?
「名人戦のタイトルをとりたい。先ずはこの一年、一気で抜けたい。そして、これは千田翔太だな、といわれるように個性を大事にした棋士をめざしたい」と力強く話してくださいました。
 箕面からプロ棋士誕生!将棋道一筋で進む千田さんのご活躍を応援しています!

ナンバ歩きでお花見ウォーク

2013.04.10.thu/芦原公園

ナンバ歩きでお花見ウォーク

 足腰に負担が少ない「ナンバ歩き」という歩き方で、箕面市内の桜の名所を巡ろうという催しが行われました。
 「ナンバ歩き」は、江戸時代までの日本人の歩き方で、右足と右肩、左足と左肩を一緒に出します。
 芦原公園に集まった参加者は、日本ウォーキング協会専門講師の上野敏文さんから、ナンバ歩きのポイントをしっかり学びました。
 当日は花冷えの朝となりましたが、ナンバ歩きを覚えようとしっかり体を動かします。でも、やってみると、手と足の動きが先生の見本のようにはいかず、参加者のみなさんは、苦笑い。でも、ちゃんと覚えると、疲れ知らずのウォーキングができるそうです。
 昔の人の知恵が詰まったナンバ歩き。体に覚えさせた後は、約6キロのお花見歩きに出発しました。

はじめてのようちえん!

2013.04.10.wed/箕面市立かやの幼稚園

はじめてのようちえん!

4月10日(水曜日)、例年より早く咲いた桜が散る中、箕面市立の各幼稚園では入園式が行われました。
 かやの幼稚園では、真新しい制服に身を包んだ子どもたちが、保護者に付き添われて門をくぐりました。午前10時からの入園式では、先生の紹介、パネルシアターなどが行われ、子どもたちは一緒に歌いながら、体を動かして楽しんでいました。中には緊張のあまり泣き顔になる子もいましたが、それでもみんな元気よく幼稚園生活のスタートを切ることができました。
 これから楽しいこと、たくさんありますように!

箕面市立幼稚園入園式

2013.04.09.wed/箕面市立せいなん幼稚園

箕面市立幼稚園入園式

 箕面市立せいなん幼稚園では、24人の園児が新しいスタートを切りました。
入園式には、約50人の保護者や教育委員会、地域の見守り隊のかたなどが出席。大勢の大人に見守られながら、ぎこちないおじぎに笑みもこぼれる入園式となりました。
 のびのびと充実した幼稚園生活を送ってくださいね!

今日から中学生…!

2013.04.08.mon/箕面市立第三中学校

今日から中学生…!

4月8日(月曜日)、箕面の各市立中学校で入学式が行われました。
箕面市立第三中学校では、181人の新中学1年生が入学式に臨みました。午前9時、来賓や保護者、教職員が見守る中を、1年生たちはクラスごとに体育館に入場してきます。少し緊張した表情、真新しい制服を、吹奏楽部の演奏と拍手が迎えました。
 校長、PTA会長のあいさつの後、新入生代表が壇に上がり、校長と対面して宣誓を行いました。「これから始まる中学校生活で、勉強、クラブ活動に、目標を持って取り組んでいきます」と、しっかりした言葉で伝えていました。職員紹介では、1年生の担任・副担任などの先生たちが並んで、1人ずつ「よろしくお願いします」とあいさつしました。
 担任の後について、1クラスずつ退場していく1年生たち。体育館を出てようやく緊張から解放され、あちこちで笑顔が浮かびました。3年間の中学校生活、その始まりの日を祝うように、うららかな春の日差しが降り注いでいました。

張り子でゆずるを作ろう

2013.04.07.sun/瀧安寺前広場

張り子でゆずるを作ろう

 新聞紙を丸めた張り子で、箕面の柚子キャラクター滝ノ道ゆずるを作ろうという催しが、箕面山「大」七日市で行われ、多くのキッズが挑戦しました。
 ゆずるの顔の形に新聞紙を丸めます。みんなが丸めているところへ、本物のゆずるも登場!子どもたちの顔が一層笑顔になります。丸めたら、のりでオレンジや黄色の和紙を貼って、眉毛や目、口、そばかすも…。途中ドライヤーで乾かしながら、個性豊かなゆずるが次々と完成していきました。完成したゆずるを持って写した写真は、箕面市役所のロビーなどにある画面(デジタルサイネージ)で、後日放映されるということです。

箕面山「大」七日市

2013.04.07.sun/箕面駅前周辺商店街、瀧道

箕面山「大」七日市

 前日の春の嵐で開催が危ぶまれた箕面山「大」七日市ですが、「雨が降りませんように!」というみなさんの願いが通じたのか、当日の朝は奇跡的に晴れてくれました!
 予定通り開催された箕面山「大」七日市。今回のコンセプトは「春だ!飛び出せ!Let’go!「大」七日市」と、名前の通り、「大」きくて、春を楽しめるイベント盛りだくさんで行われました。
 箕面駅前野外ステージで行われたファミリーEnjoy広場では、ネイティブの先生と英語を使って遊んだり、みんなでオリジナルブローチを作ったり、新響楽器ライブや極真カラテ橋爪道場のみなさんによる空手演武のほか、キッズチアリーディング「バニーズ」によるチアの披露など、あらゆるジャンルのステージが繰り広げられました。
 みのお本通り商店街では、恒例の振舞いに大行列。ジューシー餃子、こんにゃくゼリーが振舞われたほか、子どもが大好きなフワフワ遊具のコーナー、ちびっこプラザ、絵本ミュージカルといったキッズが楽しめるイベントで盛り上がりました。
 さらに、バルーンアーティストのキャサリンが七日市の会場を練り歩きながら、たくさんのバルーンアートを子どもたちにプレゼントしてくれました。
 また、瀧道では、ポールを持って歩き、エネルギー消費量をアップさせるノルディックウォーク体験会も行われました。
 夜の七日市、みのお櫻通り商店街の眄虔羶棲擅桶では、なんと今回で30回目という七日市寄席「わいわい亭」が行われ、七日市を爆笑の渦で締めくくってくれました。
 どの会場でも、参加者のみなさんは、春らしいとびっきりの笑顔を見せてくれました。
 次回は、5月7日(火)に阪急箕面駅周辺商店街を中心に開催されます。みなさんお誘い合わせの上、ぜひお出かけください。

とうほく+さくらい つながり市開催!

2013.04.06.sat/桜井スーパーマーケット

とうほく+さくらい つながり市開催!

毎月第一土曜日に桜井で開催されている「西国街道一番市」。4月は「東北の商品を桜井で売って支援しよう!」と『とうほく+さくらい つながり市』として開催されました。
この日は朝からあいにくの雨。会場を屋内に移しての開催でしたが、たくさんのかたが立ち寄りお買い物をされていました。
かまぼこなどの練り製品は完売!他の商品もたくさんお買い上げいただいたとのこと。
美味しい商品が多数出品されていましたが、購入者の中には「応援するために買うというのもあるけど、美味しいから買うという感じ。」というかたもいらっしゃいました。
東北地方の生産者の想いを伝えることで、改めて被災地のことに想いを馳せたり、被災地支援に目を向けるきっかけになるようなイベントでした。

第14回如意谷さくらまつり

2013.04.05.fri/箕面如意谷住宅東側さくら広場

第14回如意谷さくらまつり

毎年百花繚乱な風景が楽しめる箕面如意谷住宅東側さくら広場。今年も、ライトアップが始まっています。枝垂れ桜、ソメイヨシノ、ユキヤナギ、レンギョウ、芝桜が一緒に咲き誇る見事さです。
▽ライトアップ時間:4月5日(金)〜11日(木)日没〜午後9時、4月12日(金)〜14日(日)日没〜午後9時30分

箕面市立小学校入学式

2013.04.05.fri/箕面市立豊川南小学校

箕面市立小学校入学式

 4月5日(金)、箕面市立小学校で一斉に入学式が行われました、豊川南小学校では、35回目の入学式。今年は、5クラス158人の新1年生が学校に仲間入りしました。
 当日は、2年生が元気いっぱいに「歓迎の催し」として歌を披露してくれました。

桜風景

2013.04.02.tue/船場、萱野

桜風景

 新船場西公園から新船場南公園は、約500mの桜並木が続きます。オフィス街と住宅街の間にあるオアシス。北から順に満開に!地域のみなさんが管理するパンジーなどのお花もこの時期美しく咲いています。
 萱野5丁目の千里川沿いの桜並木も見ごろを迎えています。

page top