春の全国火災予防運動実施中!

2013.02.28.thu/箕面マーケットパークvisola

春の全国火災予防運動実施中!

 3月1日から7日の「春の全国火災予防運動」に先駆け、箕面市の大型商業施設である箕面マーケットパークvisolaで、消防訓練が行われました。
 90人のvisola店舗のかたと、30人の消防関係者が参加。屋上からのロープ降下訓練、はしご車を用いた救出訓練のほか、119番通報訓練、初期消火訓練、車イスのかたを想定した避難誘導訓練などが行われました。
 

「ダン活」中

2013.02.25.mon/わくわく子ども村(船場東2)

「ダン活」中

 放課後の子どもたちが集まるわくわく子ども村で「ダン活〜つながる楽しさ体験しませんか?からだdeコミュニケーション」と題したワークショップが行われました。
 「ダン活」とは、公共ホール現代ダンス活性化事業の通称。ダンスカンパニーMonochrome Circusの坂本公成さん、森裕子さんを講師に迎え、振付を踊るダンスではなく、カラダとカラダで対話するダンスを体験しました。
 子どもたちは、ダンスの先生や子ども村の大人たちと一緒に、みんなで手をつないだり、体に乗っかったりと人との触れ合いが多く、初めは恥しがってぎこちない感じでしたが、次第に笑い声が出てきて、参加者が一体となって楽しそうにダンスしていました。

総合学習「すてきな先輩からのメッセージ」

2013.02.25.mon/箕面市立南小学校

総合学習「すてきな先輩からのメッセージ」

 箕面市立南小学校5年生が、地域で活躍する人をゲストティーチャーとして招き、将来自分らしさを生かしてやりたい仕事を考えるきっかけ作りとなるような授業を受けました。
招かれたのは、市内で活躍する画家の川上綾子さん、理学療法士の金田麻さん、農家の岡村幸雄さん、美容関係のショップを経営する岡山栄子さん、ドーナツデプトの中尾健太郎さん。各人が、仕事の苦労や喜びなどを語りました。
 ハーブやアロマを使ったリラクセーションスタジオやショップを経営する岡山さんは、パソコンやゲームをし過ぎて視覚ばかりを刺激せず、五感全てを大事にしてセンスを磨き、人間としてバランスよく生きていくことが、どんな仕事をするにしても大切だと話し、子どもたちは真剣に聞き入っていました。

ひな寿司でおひな祭りを祝おう

2013.02.23.sat/箕面市立総合保健福祉センター調理室

ひな寿司でおひな祭りを祝おう

 ひな祭りを前に、親子でひな寿司を作るファミリークッキングが、ヘルスメイト(箕面市食生活改善推進協議会)主催で開催されました。
 ファミリークッキングは20年以上に及ぶヘルスメイト活動の一環で、最近は年に2回の開催が定例化しています。
 今回はひな祭りも近いということで、テーマは「ひな寿司でおひな祭りを祝おう」。
7組16人が参加しました。
 献立は、ひな寿司・おからサラダ・洋風茶碗蒸し・くだものの花ゼリー。
4歳から11歳のお子さんが、お母さんやヘルスメイトさんの助言を受けながら一緒に調理します。火や包丁を使う場面ではみなさん真剣な表情でしたが、日ごろから台所でのお手伝いを進んでしているお子さんばかりで、手つきは大人と変わりません。
 おひな様の顔に見立てたうずら卵に、黒ごまと人参で顔をつくり海苔の髪の毛を施したり、茶碗蒸しの飾りつけ用のハムを可愛い型で抜いたりと、子どもが楽しく取り組めるような工夫もいっぱい。予想以上に可愛らしくできあがったひな寿司と記念撮影したあとは、みんなでおいしくいただきました。

今年も開催!「プロムのすゝめ」

2013.02.22.fri/MGK24さくらい

今年も開催!「プロムのすゝめ」

 2月22日(金)と23日(土)の2日間にわたり、阪急桜井駅前の「MGK24(えむじーけーにじゅうよん)さくらい」で、今年も「プロムのすゝめ」が行われました。
 「プロム」とは、欧米では一般的となっている卒業パーティー「プロムナード」のこと。「プロムのすゝめ」は、大阪大学の卒業生有志が集まり、アートや音楽など自由な発想を盛り込んで行う卒業イベントです。
 今回、会場として使われた「MGK24さくらい」は、桜井スーパーマーケットの2階に位置し、古くは銭湯があったところ。しかし、営業を停止してから長く経ち、今では瓦礫やがらくたが散乱しています。そのスペースをアートとして利用したのが、今回の「銭湯ステージ」。瓦礫の中で音楽の演奏や朗読を行い、来場されたかたは独特の趣を楽しんでいるようでした。
 残念ながら、MGK24さくらいが会場として使えるのは今年のみ、とのことでしたが、来年以降も箕面市内のどこかの場所で、趣向とアイデアを凝らしたイベントが行われることを楽しみにしたいですね。

六中・3年生を送る会

2013.02.22.fri/箕面市立第六中学校

六中・3年生を送る会

箕面市立第六中学校では、毎年この時期に「3年生を送る会」が開催されます。
2月22日(金曜日)午後、5・6限の時間に体育館で、今年も「3年生を送る会」が盛大に実施されました。
1・2年生が見守る中、入場してきた3年生たち。スライドには、入学からこれまでの学校生活の写真が映し出され、3年生たちは懐かしく見入っていました。
1・2年生からは歌やダンス、お礼の言葉が送られました。
教職員からは、吹奏楽部の演奏を背景に、歌のプレゼント。扮装、コスプレもばっちりで、並々ならぬ思い入れが感じられるステージに、会場は大盛り上がりでした。

第六中学校には文化祭がありませんが、この「3年生を送る会」がその替わりを果たしているようです。中学校生活の最後に、生徒も先生も一つになって楽しんだひととき。3年生にとって、きっと忘れられない青春の1ページとなったことでしょう。

被災地へ!箕面の子どもたち1400人の声のメッセージ

2013.02.19.tue/らいとぴあ21ほか

被災地へ!箕面の子どもたち1400人の声のメッセージ

 東日本大震災で被災した子どもたちに元気を届けようと、市民グループ「タッキー816応援団」のみなさんが、1400人を超える箕面の子どもたちの声のメッセージを収録しました。
 これは、応援団のメンバーが昨年訪れた石巻市で、子どもたちの心の傷が癒えていないと感じ、箕面から応援メッセージを送ろうと企画したもの。箕面市内の学校やこども会に呼びかけたところ、趣旨に賛同した子どもたちが次々と参加を希望。「今がんばっていること」や「夢」などを語り、被災地の子どもたちへ一緒にがんばろうと呼びかける内容です。
 2月19日(火)らいとぴあ21のぴあぴあルームに放課後に集まってきた子どもたちの声を収録。そして、22日(金)には、とどろみの森学園で、3カ月間に渡る収録を終えました。とどろみの森学園の児童たちは、「どんな気持ちでメッセージを届けましたか?」とたずねると「同情はしないで…、と東北の人たちから聞いていたので、励ましの言葉を届けようと思いました」「共感を持って僕たちも頑張るから一緒に頑張りましょう…という気持で話しました」と語っていました。
 収録された声のメッセージは、東北の35局のラジオ局へ送られ、タッキー816でも3月1日からの午前8時から午後11時の間、毎正時前(59分〜00分の1分間)に放送されます。

花とみどりの街づくりフォーラム

2013.02.17.sun/みのお市民活動センター

花とみどりの街づくりフォーラム

 「花とみどりで街の魅力をアップしよう!」をテーマにしたフォーラムが開催されました。
 大阪府立大学大学院准教授 加我宏之さんの基調講演の後、箕面市内でみどりに関する活動団体が参加してパネルディスカッションが行われました。
 会場には、30人近い市民のみなさんが来場し、熱心に話を聞いていました。箕面市は、山にはみどりが多くありますが、街中のみどりは少ないという話には、「えっつ!?そうなの〜?」と自分の周りのみどりを思い出すきっかけになったようです。
 街の景色に溶け込む花壇や街路樹のみどりは、5年・10年・20年…と継続して育てていくことが街の中にみどりが生まれるということかもしれません。

箕面高校ダンス部も登場!青少年健全育成市民大会

2013.02.16.sat/メイプルホール大ホール

箕面高校ダンス部も登場!青少年健全育成市民大会

 2月16日(土)、平成24年度箕面市青少年健全育成市民大会がメイプルホール・大ホールで行われました。今回、基調講演として招かれたゲストスピーカーは、箕面高校ダンス部顧問の高木克彰先生。「ダンスがくれた奇跡」と題し、箕面高校ダンス部に来てからの3年間の歩みを映像や写真も交えて紹介。部活動そのものだけでなく、「学業」「規律」などを大切にしていることを話されました。講演の最後にはダンス部1年生が登場し、迫力あるパフォーマンスを披露。入部当初は全員ダンス未経験者だったことが紹介されると、会場からは驚きの声があがっていました。
 基調講演に引き続き行われたのは、箕面市の青少年のためになる育成活動をされたかた・団体に贈られるもみじ顕彰・ささゆり褒章の表彰式。受賞されたかたは、皆さん一様に喜びをかみしめているようすでした。表彰式終了後も、メイプルホール・ロビーでは花束を持って記念撮影をする受賞者や、その家族・友人・仲間の皆さんの姿が見えました。

◆もみじ顕彰 受賞者
・吉田胡桃(よしだ・くるみ)さん
ロンドンオリンピック・水泳シンクロナイズドスイミング

・百野郁子(びゃくの・ゆうこ)さん
ロンドンオリンピック・バドミントン競技国際線審

・澁谷亮太(しぶや・りょうた)さん
国際化学オリンピック・銀賞

・眦舫妬紂覆燭しま・りょうすけ)さん
全日本高校模擬国連大会・最優秀賞

・大阪府立箕面高等学校ダンス部
日本高校ダンス部選手権・優勝

・家間史夫(けま・ふみお)さん
ボーイスカウト団委員長としての功績をたたえて

・寺山恒利(てらやま・つねとし)さん
野球活動指導者として

梅ひらく

2013.02.16.sat/桜1丁目

梅ひらく

春の先ぶれ…今年も、梅の花が咲きました!
昨年は寒い日が続いて、梅の開花もかなり遅れていましたが、今年の開花はほぼ平年並み。やわらかな日差しを浴びて、ぽつりぽつりと枝先に花を開かせていました。丸いつぼみもふくらんで、春を迎える準備は万端、といったところ。初春の季節を彩る花、これからしばらく目を楽しませてくれそうです。

始まりました!「第11回みのお選抜美術展」

2013.02.13.wed/市民ギャラリー(箕面文化・交流センター)

始まりました!「第11回みのお選抜美術展」

「みのお選抜美術展」が、今年も始まりました!
第11回となる今回も、箕面在住の市民アーティストから、絵画・彫塑、写真、工芸、書の作品が寄せられました。展示された作品は、さすがに「選抜美術展」だけあって、見ごたえのあるものばかり。会場を訪れた人たちは、一つ一つの作品に、じっくり見入っていました。

●第11回みのお選抜美術展
日程:2月13日(水曜日)〜2月19日(火曜日)
時間:午前10時〜午後6時(最終日は午後4時まで)
場所:市民ギャラリー(箕面文化・交流センター地下)

HAPPY SMiLEとキレイを磨こう

2013.02.10.sun/箕面駅周辺

HAPPY

 バレンタイン直前の土・日曜日、箕面駅周辺で「HAPPY SMiLEとキレイを磨こう」と題した、女子力向上のイベントが開催されました。
 「リフレッシュ&リラックスゾーン」「自分磨きゾーン」の各会場では、多彩なセミナーやプチ料金で体験できるエステ・ネイル・アロマなどが楽しめ、箕面市内外を問わず多くの女性が女子力向上のために参加しました。
 健美walk、講師にお洒落のヒントを教えてもらいながら一緒にお買物をするツアー、キレイ体操など、実践型の内容のほか、箕面駅周辺の店舗でも、女性にうれしい催しや特典満載。バスタイムを楽しむ雑貨を集めたお店、八ヶ岳からの手作り雑貨の出張ショップのほか、カフェでは「有機ごぼう茶と自家製天日干し芋で体の中からキレイに」セット、「美肌ランチ」など特別メニューも登場しました。

第5回箕面森町妙見山麓マラソン大会!

2013.02.10.sun/とどろみの森学園

第5回箕面森町妙見山麓マラソン大会!

きん!と冷えたこの日「第5回箕面森町妙見山麓マラソン大会」が開催されました。
とどろみの森学園をスタートして、豊能町立ときわ台小学校をめざすこの大会。
10km、5km、3kmと3kmファミリーの4コースが設定されています。
一般ランナーのほかに、学校のクラブやリトルリーグのチーム全員で参加している参加者もいて幅広い世代のランナーが、総勢1499名集まりました!
また、女子ハンマー投げ・女子円盤投げの日本記録保持者で、2004年のアテネオリンピックにも出場し活躍された・室伏由佳さんがゲスト参加!
スポーツをするうえでは、成績はもちろん大事だけど、仲間も大事。
道具は、ピカピカに磨きいつでも良い関係を保っていらっしゃるとのこと。
感謝の気持ちを込めて競技をすると、どんな結果でも素晴らしい結果になるとお話くださいました。
体力づくりには、心が大事!楽しんでチャレンジし続けて欲しい。
楽しみをドンドン見つけることが継続のコツ。仲間と高めあいながら、いつの間にか健康になっているというのが理想です。とアドバイスもいただきました!
体力づくりに励んで、来年はぜひ参加してみませんか?

来て!見て!触れて!車いす体験

2013.02.10.sun/総合保健福祉センター(ライフプラザ)

来て!見て!触れて!車いす体験

中央生涯学習センターの講座「来て!見て!触れて!車いす体験」。
第1回は、障害を持つかたのお話を聞いてみよう。第2回が車いす体験。第3回が筋力低下予防体操という、三回連続講座です。
2月10日(日曜日)に開催された第2回の講座では、ライフプラザ2階の大会議室に10台のさまざまな車いすが用意され、参加者全員が車いすを体験しました。
 いざ乗ってみると、まっすぐ進むだけで一苦労。少し段差があるだけでなかなか乗り越えられず、四苦八苦する参加者のみなさんでした。
 日頃、車いすを利用されているかたからは「何かお手伝いすることありますか、と声をかけてもらえると嬉しい」というお話も。知っているようで知らなかった車いすについて、体で学ぶまたとない機会となりました。

●第3回講座 筋力低下予防体操
日時:2月17日(日曜日)午前10時〜12時
場所:総合保健福祉センター2階大会議室
問合せ:中央生涯学習センター 電話072-721-4094

箕面駅前フェスティバル MiNOH×SMiLE

2013.02.09.sat/箕面駅前野外ステージ

箕面駅前フェスティバル

 バレンタイン直前の土曜日、箕面駅前で「箕面駅前フェスティバル MiNOH×SMiLE 〜箕面のなかに愛がある・笑顔のなかに愛がある〜」と題した愛がいっぱいのイベントが開催されました。
 「箕面から愛を伝えよう!」をキャッチフレーズに事前募集した「バレンタイン・メッセージ」をステージの上でご紹介しようという試みに、箕面市内外を問わず、600通を超える応募がありました。寄せられた内容は、家族や恋人へ宛てた愛のメッセージから、地域の人への感謝メッセージ、受験を控えた友人への応援メッセージまで多岐に渡りました。
 午後1時からのステージには、梅花女子大学チアリーディング部をはじめ、ジャズ・ゴスペルシンガー植村紀子さん、バルーンアーティストのクラウンドレミさん、漫才コンビ ミヤ蝶美・蝶子さんが登場。演技や歌、パフォーマンスなどを繰り広げながら、厳選したメッセージをステージ上で代読しました。観客のみなさんは、発信されるメッセージを聴きながら微笑み、ときには漫才師の絶妙なツッコミに大笑いしていました。
 応募されたメッセージは、箕面駅周辺の商店街でも展示。子どもたちが書いたメッセージを家族で見に来たり、買い物の途中で立ち寄る人の姿が見られました。

止々呂美地域で炭焼きの窯入れ

2013.02.07.thu/中政園(下止々呂美)

止々呂美地域で炭焼きの窯入れ

 とどろみの森学園7年生が、止々呂美地域の古くからの特産品である炭焼きに挑戦しています。止々呂美地域の炭は、切り口がきれいな菊の文様をしていることから「菊炭」と呼ばれ、たいへん重宝された歴史があります。
 生徒たちは、原木や枝柴などを切りそろえて束にする柴づくりから始め、窯の掃除、窯温めなど約10日間かけて準備を行い、良い炭を焼くための苦労をしっかり体験しました。
 この日は窯入れ作業。まず、窯の中の灰のお掃除。中に入った生徒たちは「窯の中はサウナみたい!」と楽しそうです。掃除の後は、炭にする原木の入れ方を中政園のかたに教えてもらい、みんなで手分けして原木や柴を運び、窯の中にぎっしりと入れていきました。
 生徒たちは「作業はたいへんでしたが、2週間後の窯出しが楽しみです」と話していました。

親子でこねこねパン作り!

2013.02.07.thu/箕面市立中央生涯学習センター

親子でこねこねパン作り!

 親子でこねこねパンを作って、その場で焼いてみんなでいただく催しが行われました。企画したのは、安全で安心なおやつを考え、食育に関わるイベントを箕面で開いていきたいと活動するボランティアグループ「箕面おやつプロジェクト」。今回は、16組みの親子が参加して、パンをこねて好きな形、好きなトッピングをして、オーブンへ!子どもたちも興味津々のぞきこんでいました。
 自分で作った焼き立てパンは、おいしかったよー!

みのおのまち商学校アロマミスト作り

2013.02.06.wed/箕面5丁目

みのおのまち商学校アロマミスト作り

 お店の店主が講師となり、市民のみなさんが学ぶ「みのおのまち商学校」(主催:箕面商工会議所)『街ゼミ』が、2月20日まで、箕面市内の各店で開催されています。
 この日は、箕面5丁目の治療院で、アロマセラピストを講師に「体調や体質にあわせたアロマミスト作り」が行われました。
 自分の体調に合わせた世界で1本だけのアロマミスト。体質をチェックし、心地よく過ごせるアロマミストを教えてもらいながら作りました。

ひな人形を作ろう!

2013.02.06.wed/箕面市立とよかわみなみ幼稚園

ひな人形を作ろう!

 地域の未就園児を対象に行っている「遊びにおいでよ!幼稚園へ」。とよかわみなみ幼稚園では、ひな人形作りが行われました。女の子ばかりの7組の親子が幼稚園へ。色紙やリボンをはさみを使ってお雛様の形に切り、のりで台紙に貼っていきます。子どもたちは、「もっと切りたい!もっとはるー!」と大はしゃぎ。
 かわいいお内裏様とお雛雅がたくさんできあがりました。

阿比太神社 節分祭

2013.02.03.sun/阿比太神社

阿比太神社

 2月2日から3日にかけて、箕面市内の各寺社で節分の催しが行われました。桜ヶ丘の阿比太神社では、本殿での祭典後、火がおろされ、山伏問答を経て大護摩が始められました。今年は日曜日とあって、例年よりも多くのかたが参拝に訪れ、護摩が焚かれるようすを見守っていました。
 護摩火が落着いたあとは、焚かれた護摩木の上を素足で祈りながら歩く火渡り神事。
阿比太神社の火渡りでは、すすが付いた足形を半紙にうつし、記念に持って帰ることができます。多くの参拝者が御幣を手に火渡りし、無病息災を祈願しました。
 最後に福豆が授与され、本殿前に長い列ができました。

福を授かる福護摩祭り

2013.02.02.sat/帝釈寺

福を授かる福護摩祭り

 神煙に包まれて、今年の福を授かりましょう!と行われた帝釈寺の節分の行事 福護摩祭り。境内は、福を求める大勢の参拝者のかたであふれかえるなか、護摩壇に火が上がり、参拝者の願いが書かれた護摩木が焚かれ、煙となって空にのぼっていきました。
 護摩木が燃え尽きたあとは、焼けた護摩木の上を素足で歩く火渡り修行。今年も多くのかたが参加しました。
 今年1年、みなさまにも福が訪れますように!

鬼は〜外〜!保育園で節分の集い

2013.02.01.fri/桜保育園

鬼は〜外〜!保育園で節分の集い

桜保育園でミニイベント「節分の集い」が行われました。
園庭開放で訪れていたお子さん達も一緒に手遊びや歌、劇を楽しんだ後、豆まきも行われました。大豆アレルギーを持つお子さんにも配慮して、新聞紙とカラーテープを駆使した手づくり豆での実施。
豆まきには、手に金棒、鬼のパンツを履いた鬼が登場!
先生が扮する鬼は迫力満点で、泣き出すお子さんもいたほどでした!

page top