わくわくこども村でハッピーハロウィーン!!

2012.10.30.tue/わくわくこども村(船場東2丁目)

わくわくこども村でハッピーハロウィーン!!

「ハッピーハロウィーン!!」

にぎやかな子どもたちの声がこだまする中、わくわく子ども村の楽しいハロウィンパーティーが始まりました。
「ピニャータ割り」は、メキシコ風くす玉割り。紙のくす玉・ピニャータを、棒で叩いて開かせるというもので、子どもたちは一生懸命ぶっ叩きますが、けっこう頑丈なピニャータ。なかなかしぶといピニャータ。ようやく割れると、詰まっていたお菓子がバラバラッと落ちて、子どもたちは夢中で拾っていました。
 そのあとも楽しいレクリエーションが続き、思い思いの仮装の参加者は、子どもも大人も素敵なハロウィーンを満喫していました!

竹林コンサート

2012.10.30.tue/白島

竹林コンサート

NALCみのお主催の「竹林コンサート」が白島の竹林で行われました。
出演は「本町クラブ」(関西学院大学マンドリンクラブOB)のみなさん。午後1時からのコンサートには多くの方が参加して、竹の間にこだまするマンドリンの音色を楽しんでいました。

箕面初!ビールの祭り「オクトーバーフェスト」

2012.10.27.sat/かやの広場

箕面初!ビールの祭り「オクトーバーフェスト」

 好天に恵まれた10月27日(土)、箕面マーケットパークvisolaのかやの広場では箕面初となるビールのお祭り「オクトーバーフェスト」が行われました。
 このイベントは、大阪大学の学生が中心となり企画・運営したもので、箕面ビールを飲みながら学生による多様なステージパフォーマンスも楽しんでもらえたら、というコンセプトで開催されました。
 当日は、ビール以外にも焼肉・串かつ・箕面産ゆずを使った柚子コロッケや柚子ソーセージといったフードも用意され、子どもが参加できるアトラクションもあったので、家族みんなで楽しんでいるようすも見受けられました。
 イベントのスタッフは大阪大学の学生で構成され、大阪大学お祭りダンスサークル「祭楽人」(まだに)のパフォーマンスでは出演者やお客さんといっしょに輪になって踊る姿もあり、地域と学生が一体となって楽しめるイベントになりました。
 「来年からも継続して開催していけたら」と主催する箕面市学生連携会議(MGK24)の代表者は話します。今後ますます学生と地域との連携がすすむと良いですね。

美の競演…第55回箕面市民展、スタート!

2012.10.26.fri/箕面文化・交流センター

美の競演…第55回箕面市民展、スタート!

箕面文化・交流センターでは、10月26日(金曜日)〜11月4日(日曜日)まで、「第55回箕面市民展」が開催されます。作品は、

●絵画・彫塑の部
●写真の部
●工芸の部
●書の部

以上の部門があり、市民展に向けて制作に心血を注いできた箕面市民の力作を見ることができます。ほほ笑ましい作品、本格的な作品、それぞれに込められた作者の思いが伝わってくるようです。
優秀な作品には、主催者賞・大阪府知事賞・箕面市議会議長賞・大阪府議会議長賞・各新聞社賞などが贈られていました。
 訪れた人たちは、感じ入ったように作品に見入ったり、出品者と話したりしながら、年に一度の市民展を楽しんでいました。

親子で楽しむお弁当作り

2012.10.25.thu/らいとぴあ21

親子で楽しむお弁当作り

 もうすぐ幼稚園へ通う子どもたちが、親子でおにぎりを作ったり、お弁当箱におかずと詰め合わせてバランスのよいお弁当を完成!栄養士さんを含む食育サポート隊のみなさんがアドバイスしてくださいました。がんばっておにぎりもにぎったよ。
 輪切りにしたレンコンに油と塩少々をまぶしてオーブントースターで焼くだけというレシピは、簡単なのに美味しい!参加していた子どもたちも、みんなで食べるといつもよりもたくさん食べることができました。

ハロウィンパーティー

2012.10.24.wed/みのお市民活動センター

ハロウィンパーティー

 お子さんと一緒に参加するママのサークル「Suku・mama」のハロウィンパーティー。好きな色を選んで子どもネイルでちょっとおめかし。さらさらのパステル粉でアートに挑戦。親子でちょっと早いハロウィンを楽しみました。

鎮座350年記念の稚児行列!牧落八幡大神宮秋季大祭

2012.10.21.sun/牧落八幡大神宮

鎮座350年記念の稚児行列!牧落八幡大神宮秋季大祭

 よく晴れた秋の空の下、平成24年度の牧落八幡大神宮秋季大祭が行われました。

20(土)にぎわい行事「森のコンサート」
21(日)宵宮祭:神輿・太鼓巡行、稚児行列
22(月)本宮:湯立神事、神楽祈願

 中でも稚児行列は18年ぶり、神社が鎮座して350年の記念行事「奉祝祭」とあり、おごそかな衣装に身を包んだ多くの子どもたちが地域を練り歩きました。
 子どもたちの頭には、男の子は烏帽子(えぼし)、女の子は天冠(てんがん)を載せられています。地域を巡った稚児行列が神社の鳥居をくぐり入ると、地域の方々からは大きな拍手が起こりました。
 穏やかな天気となったこともあり、境内での記念撮影では、暑さに衣装を脱ぎ出す子も出て、境内はほほえましいムードに包まれていました。
 最後に、本殿に入ったお稚児さんたちは健やかな成長を祈願し、宮司からお祓いを受け、無事稚児の役目を終えました。

青空の秋祭り…阿比太神社秋季例大祭

2012.10.21.sun/阿比太神社(桜ヶ丘1丁目)

青空の秋祭り…阿比太神社秋季例大祭

気持ちのいい、秋晴れの青空。
まちのどこかから聞こえてくる、太鼓の音とかけ声。
絶好の晴天に恵まれたこの日、阿比太神社の秋季例大祭には、地域の人が大勢詰めかけました。
五つの地域(新稲・桜・桜井・桜ヶ丘・大同)がそれぞれにみこしを仕立てて、順番に奉納していく秋祭り。地域ごとに、みこしのデザインも異なれば、囃しのリズム・かけ声も違います。
 合間に行われた「献湯神事」は、二つの釜に沸かした湯を、巫女が周囲に振りまくというもので、湯のしぶきが体にかかると、この先健康で過ごせると言われています。
 太鼓の音が近づいてきました。可愛らしいハッピ姿の子どもたちの担ぐ子どもみこし、そして勇ましい男衆の担ぐ太鼓みこしが、参道を通ってやって来ます。わっしょい、わっしょい…力強くみこしを差し上げながら、本殿前をぐるりと回るその姿に、観客は見とれていました。

「オクトーバーフェストみのお」間近!プレイベント開催

2012.10.19.fri/大阪大学豊中キャンパス

「オクトーバーフェストみのお」間近!プレイベント開催

 箕面からもほど近い大阪大学豊中キャンパスで「オクトーバーフェストみのお2012」のプレイベントが行われました。
 「オクトーバーフェストみのお」は、箕面市と大阪大学の学生がタッグを組んで企画・運営する、今年はじめてとなるイベントです。学生の「箕面ビールもあるし、箕面でもオクトーバーフェストをやってみたい!」という声から開催と相成りました。限定ビールを含む箕面ビールはもちろん、各種フードやアトラクションも用意され、お酒を飲まない人でも楽しめるようなつくりになっています。また、阪大の学生が出演するステージもあり、どなたでも楽しむことができます。
 今回行われたプレイベントでは、大学カフェテリアの横のスペースを使い、チラシを配りました。(11/3開催の「石橋はしご酒祭り」の告知も兼ねて行われました)
学生のみならず、教員や地域のかたもチラシを受け取っている姿が見受けれました。

◆オクトーバーフェストみのお2012公式サイト

箕面市防犯大会開催!防犯功労者表彰!

2012.10.18.thu/箕面文化・交流センター

箕面市防犯大会開催!防犯功労者表彰!

「箕面市防犯大会」が開催され、日頃から箕面市の安全・安心な街づくりに多大な貢献をしているボランティアのみなさんが「防犯功労者表彰」を受けました。

・地域防犯活動功労者…6名
・職域防犯活動功労者…5名

第二部では、腹話術タレントの千田やすしさんをゲストに迎え、人形との掛け合いで防犯をテーマとしたコントが行われました。笑いあり、歌ありの楽しいひとときとなりました。

天狗舞う夜の境内

2012.10.16.tue/西江寺

天狗舞う夜の境内

ドーーーン

ドーーーン

山から降ってくる太鼓の音が、夜のまちに響いています。
「そうか、今夜は天狗まつりだったね」
音に誘われるように、坂を上っていく人の流れ。
聖天宮西江寺の境内、普段は閑静で落ち着いた雰囲気ですが、この夜ばかりは…

「!」

石段を上ってたどり着くと、大勢の人で境内はごった返していました。前に進むのもままならないほどの超満員、ものすごい人口密度。数百人はいたでしょうか。
そんな人ごみの中を、疾風のように駆け抜ける妖しい影。長い白髪を振り乱し、真っ赤な顔の中央に、ニョッキリ伸びた長い鼻。

天狗です!

群集に躍り込み、手にした竹の「ささら」で、当たるを幸い片っ端から人の頭を叩いて回ります。その激しさに、泣き出す子ども、逃げまどう子ども、嬉しそうな(?)子ども…もちろん大人も容赦なし、悲鳴を上げながら叩かれていました。

太鼓の音は、ドーーン カッ ドーーン カッ ドン ドン 「やらまい!」
拝殿の前で、白腹巻姿の男衆が、太鼓に合わせて囃します。
するうち、太鼓が急調子になり、境内を暴れまわっていた天狗が、一直線に拝殿を目指して駆け上がってきます。
拝殿の中には獅子舞が陣取り、天狗とにらみ合います。太鼓に合わせて素早く左右に動きながら、突入しようとする天狗を阻むように、戯れるように、ひとしきり激しく舞います。
攻防が一息つくと、太鼓は再びゆったりとした調子を奏で、天狗もまた境内で一暴れしに戻っていく…このサイクルが何度も繰り返されました。

聖天宮西江寺(さいこうじ)の秋季大祭は、毎年10月15日が宵宮、16日が本宮となっています。天狗は修験道の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)の化身と言われ、天狗に頭を叩かれると賢く、体を叩かれると健康になると伝えられています。
無病息災、子孫繁栄。人々の願いを込めて、古来より続けられてきた秋のまつりは、今年も大盛況でした。

美しい山野草の世界

2012.10.14.sun/箕面文化・交流センター地下

美しい山野草の世界

 爽やかなお天気の週末、阪急箕面駅前の箕面文化・交流センター地下1階で、箕面山野草の会の「第47回秋の山野草展」が開催されました。
 ピンクや薄い紫色の小さく可愛らしいお花や、透き通るような葉など、素朴で優しい山野草の世界に、来場者のみなさんも思わず笑顔でご覧になっていました。
 また、会場前では、山野草の苗や鉢の販売も同時開催され、こちらも多くのかたで賑わいました。
 次回の山野草展は春。来年4月20日(土)・21日(日)に、同じ場所で開催されます。

「もくもく里山プロジェクト」のカフェがオープン

2012.10.13.sat/上止々呂美

「もくもく里山プロジェクト」のカフェがオープン

10月13日(土曜日)、上止々呂美のバス停近くに、もくもく里山プロジェクトによるカフェがオープンしました。(箕面から向かうと、右側にあります)
豊かな自然が残る地域で、農食林業と伝統文化ワークショップを開催して、より良く住みやすい社会を作るための地域ネットワーク推進と啓発を目指す任意団体 もくもく里山プロジェクト。
上止々呂美で高齢者のかたが気軽に過ごせる居場所をとカフェを立ち上げました。
今のところ、年配の男性でも調理できるワッフル、ホットサンド、コーヒー、紅茶(それぞれ300円)というメニュー展開です。
今後は地域で作られた安心安全なお野菜の市場も立てたいとのこと。
若者の自立サポート、地産地消を推進するプチマルシェであると同時に、
高齢者と若い方の世代間交流ができる居場所である もくもく里山カフェ。
行楽のついでにお気軽にお立ち寄りください。
営業日は、土日祝日、雨天休業です。

年に一度の「文化フェスタ」!

2012.10.13.sat/とどろみの森学園

年に一度の「文化フェスタ」!

とどろみの森学園、年に一度の「文化フェスタ」。
1年生から9年生(中3)が、日頃の取り組みを発表する一大イベントとあって、体育館には在校生を始め、保護者や地域のかたが大勢詰め掛けました。
朝8時45分より、生徒会長・学校長のあいさつのあと、ステージはバンド部の演奏で幕を開けました。
以下、

・1年生 詩と歌
・2年生 発表「とどろみ・町たんけん物語」
・4年生 朗読劇「ごんぎつね」
・5年生 合唱、合奏
・8年生 劇「キジムナー」

昼食を挟んで、午後からは

・PTA 「おやじの絵画PART供
・3年生 朗読劇「さんねん峠」
・7年生 太鼓
・6年生 合唱
・9年生 劇「あ・くしゅ」

元気いっぱいの歌声、練習を重ねた劇、どれも見ごたえ充分の発表でした。
 7年生は本格的な和太鼓に挑戦。専門家の指導を受け、短期間で磨き上げた演奏「心打心響」は、力強く打つ大太鼓、リズムを保つ締太鼓、真剣なまなざしが印象的でした。
 最高学年の9年生の劇「あ・くしゅ」は、熱演が光ったステージでした。引越しすることを親友に打ち明けられずに悩む少女に、部屋の人形たちが語りかける…ちょっと不思議なストーリー、生徒たちの扮する個性豊かな人形たちが、舞台狭しと躍動するさまに、観客はどんどん引き込まれていました。
 体育館の後ろには、各学年の絵や工作、習字などの作品が展示されました。休憩時間には作品を見学する人たちで、展示スペースは大にぎわいでした。

ヤクルトレディー、防犯ボランティアします!

2012.10.12.fri/西小路3丁目

ヤクルトレディー、防犯ボランティアします!

10月11日(木曜日)〜20日(土曜日)まで、全国地域安全運動が実施されています。
 そんな中「自分たちも地域の安全に協力したい」と、ヤクルト箕面センターで働く女性たちが手を挙げました。毎日、箕面市内の職場や個人宅へスクーターで配達を行っている皆さんは、子育て中の母親が多く、日頃から子どもたちの安全に親の目線で気を配っていました。
 10月12日(金曜日)には、配達用スクーターの前かごに「ヤクルトセフティレディース」と書かれた黄色いパネルを取り付け、気持ちも新たに地域の見守りボランティアとしてがんばることを宣言しました。
 今後、箕面警察とも協力しながら、お年寄りに声をかけたり、子どもたちを見守ったり、ヤクルトレディースならではの機動力を活かした活動を展開していくそうです。

「プロが教える食品素材教室」開催!

2012.10.11.thu/中央生涯学習センター

「プロが教える食品素材教室」開催!

10月11日(木曜日)箕面おやつプロジェクトによる「プロが教える食品素材教室」が、中央生涯学習センターで開催されました。第一回となるこの日のテーマは「砂糖」。普段、あまり気にせず使っている砂糖の種類など、興味深い内容のお話に、参加者は熱心に耳を傾けていました。

◆第2回「プロが教える食品素材教室」
日時:11月8日(木曜日)午前10時30分〜11時30分
場所:中央生涯学習センター第2会議室
テーマ「酢」

瀧道でイタリアン…「MINOH KAJIKASOU」オープン!

2012.10.10.wed/瀧道

瀧道でイタリアン…「MINOH

瀧道ぞいに建つ築60年の旅館「河鹿荘」が、このたびイタリアンレストランとしてリニューアルオープンしました!
歴史ある建物の雰囲気を活かしつつ、大胆に生まれ変わった店内。アーティストによる壁画など、見どころ・話題もたっぷりです。料理には地元で採れた野菜がふんだんに使われ、安心して味わうことができます。
 天気のいい日はオープンテラスで、瀧道を吹く風を感じながらのカフェタイムも。夜のライトアップでは、また違った表情を見せる「MINOH KAJIKASOU」、箕面の新しい名所として、注目のスポットです。

※写真は10月10日(水曜日)「完成披露PRESS PARTY」での様子です。

心をひとつに!第45回市民スポーツカーニバル・大なわとび大会

2012.10.08.mon/第二総合運動場

心をひとつに!第45回市民スポーツカーニバル・大なわとび大会

 10月7日(日)と8日(月・祝)の2日間、第二総合運動場・スカイアリーナ・武道館では第45回市民スポーツカーニバル・ふれあいフェスティバルが行われました。体育の日の午前中、第二総合運動場の体育館で行われたのが「大なわとび大会」。過去最高の参加者数を数えた今回は箕面市内の小学生およそ500名の参加があり、白熱した戦いが行われました。
 「8の字とび」と「みんなでジャンプ」の2種目が行われ、それぞれ低学年・高学年に分かれて競技が行われました。低学年は13組、高学年は49組の参加がそれぞれあり、優勝チームが決まりました。高学年の部では、「8の字とび」の優勝チームは386回、「みんなでジャンプ」の優勝チームは465回とび、笑顔で賞状を受け取っていました。
 みんなで心をひとつにして一丸となってガンバった大なわとび大会。きょう力を出しきった皆さん、本当にお疲れ様でした。

箕面市立小野原多世代地域交流センター、オープン!

2012.10.08.mon/小野原東6丁目

箕面市立小野原多世代地域交流センター、オープン!

秋晴れの10月8日(月曜日・祝日)「箕面市立小野原多世代地域交流センター」のオープン式典と内覧会、地域のみなさんが集まっての交流会が行われました。箕面のゆるキャラ・滝ノ道ゆずるもお祝いに駆けつけ、もちつきも行われ、和やかな雰囲気の中、センターの新しい歴史が始まりました。
施設は、明るい日差しのウッドデッキ、プレイルームはクッション床で安全に配慮してあり、三つの会議室、赤ちゃんの駅も備えています。これから地域の交流拠点として、にぎわっていくことでしょう。

秋目前!箕面山「大」七日市

2012.10.07.sun/阪急箕面駅前周辺及び瀧道

秋目前!箕面山「大」七日市

10月7日(日)秋晴れの中、阪急箕面駅前周辺及び瀧道の14会場ではファミリーで楽しめるイベントが盛大に開催されました。
箕面駅前ステージでは、地元の音楽教室の演奏会やパフォーマーによるイベントステージ、商店街ではフワフワ遊具、バッテリーカーや大人気の振舞い。
また、瀧道では手づくり市やキッズフリマ、キーワードラリーなど、市内だけではなく市外からも多くの方が来場し、家族でイベントを楽しんでいる様子が各イベント会場で見られました。

箕面の紅葉時期はもう間もなく。
今年の秋は是非、箕面にお越しください。

ようこそ、天狗の世界へ

2012.10.06.sat/西小路

ようこそ、天狗の世界へ

本日、10月6日土曜日は、毎年恒例の西小路八幡太神社「天狗まつり」が行われると聞き、さっそく西小路にやって来ました。時刻は夕方4時30分。
…おっと、向こうから小学生の一団が、こっちに向かってきます。早い、全速力で走っています、その後ろから追いかけてくるのは、なんと怪しい者!
これが、うわさの天狗なのでしょうか…。
手に持っているのは、竹筒の先を細かく割ったもののようです。ああっ、子どもが逃げ遅れた!竹筒で、叩いています!バシン、バシンという音が響いています!

今度は、新手が現れました!赤い頭巾に白い顔、白ひげの翁ですが…とてもにこやかな笑顔で、どうやら怖い人ではない模様…

バシンバシン

思い切り叩いています!笑顔なだけにいっそう怖い!
その他にも般若、獅子舞、黄金仮面、鬼…次々と湧いて出てきます!
蜘蛛の子を散らすように逃げ惑う小学生たち、その足音と叫び声で、あたりは大変なさわぎとなっています!
ああっと、赤ちゃんを抱いた親が、わざわざ天狗の方へわが子を差し出した!赤ちゃんが、頭を叩かれて、わんわん泣き出しました!
いったい、どういう訳なんですか?

「天狗に頭を叩かれると賢くなり、体を叩かれると丈夫で健康に育つ、と言われてましてね。年に一度のことで、楽しみにして来たんですよ」

ははあ、そういうことだったんですね。

あたりが薄暗くなってきました。四辻のあたりは今、大変な人だかりです。
おお、道のまん中で、中学生か高校生の男子がつかまりました。何やら天狗もエキサイトしていますが、どうも男子がチョッカイを出して怒らせたようですね…ああ、天狗や鬼や般若が集まってきて叩く…、かなり痛そうです!
…このようにかなり荒っぽい行事ではありますが、叩かれる方もけっこう楽しんでいる様子が伝わってきます。

それではこの辺で、現場からのレポートを終わ…
っと、天狗がこっちに向かってきた!?
え、ちょっと。違うんです。これは取材で…うそ、やめて。そんな…うわあああああ!!

バシンバシン、バシン、バシンバシンバシン!!

徳尾こども会のみこし

2012.10.06.sat/箕面6丁目

徳尾こども会のみこし

どこからか聞こえてくる、太鼓の音。
徳尾こども会のみこしは、箕面6丁目の北川原公園から出発して、地域を練り歩きます。参加した子どもは約30人、そして見守り隊の大人たち。なかなかの大所帯です。
先頭は太鼓と叩き手4人、みこしは大人が前後から支え、つないだ紐を子供達が引いていました。
お神輿には祝儀袋がくくりつけています。
途中、2度ほど休憩をしながら、約1時間練り歩きました。
休憩中もずっと叩き続けられる太鼓の音に、人々が集まる…昔も今も変わらない、そんな光景でした。

収穫の秋だ!レッツ稲刈り体験!

2012.10.06.sat/白島2丁目

収穫の秋だ!レッツ稲刈り体験!

10月6日(土曜日)、白島2丁目の田んぼでは、市民の皆さんが稲刈り体験に取り組みました。
この日は稲刈りにはちょうどいい薄曇りのお天気。稲刈り開始まで、子どもたちはカエルやバッタを捕まえて遊びながら過ごし、日本の秋そのものといった景色でした。
午後1時に31世帯およそ100人が集合しました。その中の多くは今年の6月9日に同じ場所で行われた田植え体験の参加者です。
田植えではぬかるみに足を取られていた小さなお子さんが、半年の間にしっかりと成長されているのには驚きました。

稲刈りではカマを使うので、左右の人と十分に距離を取り、お子さんは絶えず見守って下さいという注意を受けたあと、稲刈りのコツ、稲の束ねかたのレクチャーも受け、いざ実践。
地面から握りこぶし一つ分くらい上を持ち、根元をザクザクとカマで刈っていきます。意外にも小さなお子さんもじょうずにカマを使っていて、実に軽快に稲穂を刈っていきます。むしろ大人のほうから「こんなに大変だとは思っていなかった」の声が上がっていましたよ。どうやらその理由は、立ったりしゃがんだりの動作の繰り返しにあるようです。中にははっきりと「お腹が邪魔で…」とおっしゃるかたも。
田んぼの畦を無駄にしないよう植えられた枝豆を、稲刈り参加者には格安で譲っていただけるというサプライズもあり、参加者のやる気は倍増したのでした。

田んぼの提供者、岡村幸雄さんが今日まで丹精込めて育ててくださったお米。素人目にはわかりませんが、今年はご自身で納得のいく作柄ではなかったそうです。理由は体調を崩された時期があり、例年通りの手入れができなかったこと。「植物は正直です。」と岡村さん。「小さなお子さんが今日自分でカマを使って稲刈りをしたことを、きっと心のどこかで覚えてくれているでしょう。体が続く限りこういった機会をもちたい」とおっしゃっていました。

この日刈り取った稲は、その場でコンバインにかけられました。このあと、精米されたお米が参加世帯全体に配られることになります。
植えられた稲の品種はコシヒカリの流れをくむヒノヒカリ。食卓に上る日が楽しみな農業体験でした。

■農とみどり政策課では、来年も田植え・稲刈り体験、黒大豆の植え付けや、いも掘りなど、さまざまな農業体験を企画しています。今後も もみじだよりなどで告知していきますので、参考になさってください。

敬老会

2012.10.04.tue/らいとぴあ21

敬老会

 地域の対象高齢者(9月1日現在で満70歳以上のかた)のかたが参加し、萱野小地区の敬老会が行われました。子どもたちの歌や演技、ママさん吹奏楽、保健師さんによる健康体操コーナーなどなどでひとときを楽しみました。

「游展」開催中!

2012.10.03.wed/市民ギャラリー(箕面文化・交流センター)

「游展」開催中!

10月2日(火曜日)〜10月6日(土曜日)まで、箕面文化交流センター地下の市民ギャラリーで「游展」(ゆうてん)が開催されています。
2008年にスタートし、今年で4年目を迎えるこの展覧会。もともとは大阪府美術協会に出品していた箕面在住の有志が、箕面市内で始めたものです。
 作品は日本画と洋画が中心で、八人の作家が出品しています。作家それぞれの持ち味を充分に活かした作品の数々に、訪れた人たちは興味深く作品に見入っていました。

台風第17号の箕面公園内の爪痕

2012.10.01.mon/滝道(落合谷橋そば)

台風第17号の箕面公園内の爪痕

 台風第17号の強風で、箕面公園内では、3カ所で倒木が発生しました(10月1日時点)。
 トップ写真は、滝道の落合谷橋そばのもみじの木。滝道を塞いでいましたが、支障のある枝は即日撤去し、既に通行可能です。
 下記2カ所は、風呂ヶ谷トイレ手前の散策路、階段途中。2カ所で、山側斜面から頭上を渡って倒木しています。現在注意換気の掲示をして、通行は可能ですが、なるべく迂回していただくようお願いしています。
 
<緊急 倒木処理> 箕面公園管理事務所 TEL072・721・3014
10月3日(水)終日
1・風呂ヶ谷トイレ手前階段の倒木処理2本
  地獄谷〜風呂ヶ谷トイレの間を完全通行止め
2・落合橋そば倒木処理 通行規制あり

page top