夜桜ライトアップ

2010.03.30.tue/新船場西公園〜南公園

夜桜ライトアップ

 春の雪が舞った3/29(月)から、南北に続く新船場西公園から南公園にかけて、桜の木に提灯約200個が灯り夜桜ライトアップ中。(〜4/4まで) 撮影当日は底冷えのする満月の夜・・・。桜は3分咲き。

桜の訪れとともに!菊炭窯出しとシイタケ菌植え付け

2010.03.28.sun/箕面市上止々呂美

桜の訪れとともに!菊炭窯出しとシイタケ菌植え付け

NPO法人愛農郷(あいのさと)では、菊炭の伝統文化と里山環境保全のための活動を行っています。
この日は、約1週間かけてできた伝統の菊炭と竹炭の窯出しの後、「シイタケ菌の植え付け」が行われました。この作業は桜が咲き始めたこの時期がベストタイミング!一般参加者も含む12名が参加しました。
まずは、密度が高くずっしりと重いクヌギの木に15センチ間隔で深さ5センチの穴をあけます。そこにコマ菌と呼ばれる椎茸の菌を差し込み、ハンマーでたたきこみます。1本に対して約40か所近く植え込めば完成。太陽のちらちら当たる風通しの良い日陰が、シイタケの成長には最高の温湿度環境なのだとか。植えつけられた木々は木陰に置かれ、2年後の収穫時期を待ちます。
大ぶりで水分をいっぱい含んだジューシーなシイタケは、火であぶり塩で食べるシンプルスタイルが一番おいしいそうで、参加者はとれたてシイタケを満喫していました。
竹炭などは市内でも販売されます。詳しくは、みどりまちづくり部農とみどり政策課TEL072-724-6728まで。

春到来!第17回高山真菜まつり

2010.03.28.sun/能勢町高山

春到来!第17回高山真菜まつり

花冷えの中も穏やかな日曜となった28日。能勢町高山では第17回高山真菜まつりが開催されました。毎年3月最終日曜に催されるこのイベントは、キリシタン大名・片山右近のふるさとで行われる春の風物詩。青空市や模擬店、歴史ガイドによる片山右近の話などのほか、なにわの伝統野菜「真菜(まな)」を菜の花畑から摘み放題とあり、多くの人で賑わっていました。
川西から来たという女性は、「毎年来ているんですよ。油でいためたり、お浸しにしてもおいしいの。」と、大きなポリ袋をいくつもかかえ、摘んだばかりの真菜を見せてくれました。

自然の魅力を探るハイキング

2010.03.27.sat/箕面山

自然の魅力を探るハイキング

あさ9時30分箕面駅前集合で、3回目となる「箕面の山の自然の魅力を探るハイキング」が開催されました。
これは箕面の山のパトロール隊が主催した催しで、冷たい風の中、大阪市内などから68名が参加。
テーマは「巨樹とsakuraの魅力を訪ねて」。
巨木や桜を楽しみながら、話を聞いたり、歌を歌ったり、教学の森方面へハイキングしました。
桜広場の桜は、来週くらいが見ごろでしょうか。
教学の森のエドヒガンは満開ですよ。

バスケットボールカーニバル

2010.03.27.sat/スカイアリーナ

バスケットボールカーニバル

 箕面市バスケットボール協会が発足して1年。記念すべき第1回のカーニバルが開催されました。
午前中は、小学6年生と中学1年生の合体チーム交流戦。ランチタイムには、中庭でみんなでワイワイピクニック気分。午後からは、3ポイントやフリースロー大会のほか、中学生の箕面選抜チームによる紅白戦、大ジャンケン大会が行なわれました。さらに、サプライズゲストとして、吉本の芸人span!*登場!箕面のバスケットボールを愛するみなさんをつなぐ・交流・体験イベントになりました。

咲き誇る 花の競演 「いけ花展」

2010.03.27.sat/箕面文化・交流センター

咲き誇る 花の競演 「いけ花展」

市内の華道各流派が集まって行われる「いけ花展」。
今年も、箕面文化・交流センターの地下、市民ギャラリーと多目的室に、いけ花の作品がずらりと並びました。彩り豊かに咲き誇る花、花…大きな枝を大胆にあしらった大作もあれば、シンプルな構成の中に可憐な花一輪を際立たせたもの、浮き立つような色とりどりの花を一まとめにしたもの、それぞれに個性を光らせていました。
会場にはいけ花ファンが詰めかけ、趣向を凝らした作品の数々に目を楽しませていました。

サクラにメジロ

2010.03.27.sat/箕面天使幼稚園

サクラにメジロ

 3月最後の土曜日。久しぶりの快晴。箕面市内でもサクラの開花情報が聞こえてきました!先日50年の歴史の幕を閉じた箕面天使幼稚園のサクラの大木。メジロがたくさん遊びに来ていました。

箕面市議会、伊丹空港の廃港を目指す決議を採択

2010.03.25.thu/箕面市役所

箕面市議会、伊丹空港の廃港を目指す決議を採択

伊丹空港の存廃をめぐって、大阪府や周辺自治体で意見が分かれる中、箕面市議会では伊丹廃港を目指す決議「関西における空港の在り方と都市将来像について」を採択しました。
採択に先立ち、市議会ではこの議案に対する討論が行われ、賛成・反対双方の議員が次々と意見を述べ、激しい討論となりました。結果的に賛成15・反対9、賛成多数で決議は採択されました。
直後に行われた記者発表では、議案を提出した議員のうち4名が会見に臨み、「関西国際空港を国際・国内一体のハブ拠点化して、中長期的に伊丹は廃港。関西圏全体の活性化をもたらす未来のまちづくりを志向する」という決議内容を明らかにしました。
記者からは「北大阪急行延伸を推進するための取引きでは」と質問が飛びましたが、議員団はこれを否定。あくまで地域の将来の繁栄を願っての決議であることを強調しました。

観察会「文学碑に見る箕面の自然」

2010.03.21.sun/箕面公園

観察会「文学碑に見る箕面の自然」

 黄砂(季語「つちふる」ともいう)で迎えたどんよりとした春分の日。自然と触れ合うきっかけづくりを目的に活動する「箕面の自然と遊ぶ会」が、箕面公園内で『文学碑に見る箕面の自然』と題した観察会を開きました。
 西江寺や滝道の樹木を観察したり、散歩しながら句碑に見られる俳句や和歌を紹介。
午前中のわずか2時間で、黄砂、滝道のケヤキ、アラカシの巨木・芽吹き、アオキの花、レンギョウ、モミ(万葉ではオミ)、ミツマタ、ジンチョウゲ、シュンラン、ショウジョウバカマ、ソメイヨシノ、シダレザクラ、サンシュユ、ヤブツバキと品種改良のツバキ、ユキヤナギ、コバノミツバツツジ、ジョウビタキ、モミジなど落葉樹の紅い新芽、タチツボスミレ、ハウチワカエデの種と落ち葉、梅屋敷のウメ、シロハラ・・・・。万葉集など文学を切り口に自然観察を楽しみました。

さようなら、ありがとう。箕面天使幼稚園

2010.03.20.sat/箕面天使幼稚園

さようなら、ありがとう。箕面天使幼稚園

 昭和32年に開園した箕面天使幼稚園。キリスト教精神に則って箕面の幼稚園教育を担ってきましたが、3月18日、最後の卒園式が行なわれ、50数年の歴史を閉じました。3月20日、全卒園生を対象に「感謝の会」が開かれ、セレモニーでは、子どもたちの合唱や合奏、そして、シスターから最後の挨拶がありました。各教室や園庭では、参加されたみなさんの当時を懐かしみ、歓談する姿が見られました。閉園にあたり、多くの備品を箕面市立保育所や幼稚園に寄付されたということです。

外院の杜、活動10周年!

2010.03.20.sat/外院の杜(箕面市外院)

外院の杜、活動10周年!

 箕面市外院にある面積44.867屬量面市の市有林「外院の杜」ので、市民グループ「外院の杜クラブ」が森の整備・保全活動を始めて10年。
3/20(土)、これを記念して、多くの市民に外院の杜を見てもらおうと『ウォークアラウンド外院の杜』と題したイベントを開催。早春の杜を楽しみました!
 まずは、外院の杜入口にある「ゆめの森」で、萱野東小学校の児童が菌を植えたシイタケのホダ木と第四中学校の生徒がボランティアで作った階段を、「たんけんの森」ではツリーテラスを披露。その後、「あたごの森」に登って、「子どもの巣」や四中生手づくりの橋などを見て、お弁当を食べながらワイワイと話しに花が咲きました。
山モモの巨木に登っているのは、クラブメンバーの女の子。読書が大好きで、木の上で本を読んでいました。涼しくて快適だったそうですヨ。外院の杜クラブでは、「これからもこのようなイベントを通して外院の杜を多くの市民に愛される山にしていきたい」と話しています。
 「外院の杜クラブ」は、毎年箕面市と「箕面市『外院の杜』森づくり活動協定書」を交わし、森林環境の保全・整備、森作りの人材育成、環境教育の場づくり、及び地球環境の保全への貢献を目的とした活動を行っています。
1999年に箕面市がボランティアを集めて活動開始。2007年に活動を民間のグループに移管し、現在の「外院の杜クラブ」が出来ました。メンバーは現在14名。毎月第3土曜日に定期活動をしています。

卒業生を送る花道

2010.03.18.thu/箕面市立南小学校

卒業生を送る花道

 くもり空の3月18日。箕面市立小学校で一斉に卒業式が行なわれました。
南小学校では、午前10時から「第56回卒業証書授与式」がおごそかに行なわれ、齋藤史恵校長先生や教育委員会、来賓のお祝いのことばの後、在校生からリコーダー演奏や合唱、送ることばが贈られました。そして、卒業生の旅立ちのことばが会場の体育館に響きました。校門前では、在校生が華やかなアーチを作り、卒業生たちは花道をくぐって輝く未来へ第一歩。先生やお友だちと写真を撮ったり、別れを惜しむ姿も見られ、なかでも、若手の熱い先生が号泣されていたのが印象的でした。

みのお ECO TREND -写真でつづる生きものたちの物語-

2010.03.16.tue/箕面文化・交流センター

みのお

 箕面に住み、活動を続けている写真家・画家の谷上裕ニさんの写真展。箕面の野山や水辺の自然や生きものが、表情豊かに写真におさまっています。トンボの一生懸命飛んでいる姿、ウグイスの地面から上を見上げる顔、真っ赤な葉っぱの上でポーズするカマキリ・・・。思わず頬がほころびます。展示方法に演出を凝らして、静かな照明の中で見る作品の数々。箕面の自然活動グループの紹介DVDも流れています。また、作品をモチーフにしてデザインしたオリジナルエコグッズも販売。お茶を飲みながら、しばし箕面の自然の中へ。
▽みのお ECO TREND
箕面文化・交流センターにて
3/16(火)〜3/19(金)10:00〜21:00(最終日は18:00まで)*3/18(木)休館

第24回東生涯学習センター グループフェスティバル

2010.03.13.sat/東生涯学習センター

第24回東生涯学習センター グループフェスティバル

2階から地下2階まで、建物全体を使って盛大に開催された「第24回東生涯学習センターグループフェスティバル」。日頃の活動の成果を、ここぞとばかりに展示やステージ発表で開花させたのは、東生涯学習センターを拠点に活動する市民のグループのみなさんです。
入口では子どもたちのヤキソバ屋台が客を呼び込み、地下では陶芸作品、フラワーアレンジメント、お茶席に喫茶コーナー、絵やペン習字。2階では書道、山野草、写真に木工体験、所せましと並んで、行き交うお客さんと忙しく立ち回る実行委員に、会場はごった返しました。
正午からはステージ発表が行われ、六中吹奏楽部、健康体操、リコーダー演奏にコーラスが次々と出演しました。
開演に先立ち、東生涯学習センターの杉山尚輝館長から「ここを楽しい館にしていきたいです」とあいさつがあり、観客から拍手が起こりました。

日程:3/13(土)〜14(日)

卒業おめでとう!五中卒業式

2010.03.12.fri/箕面市立第五中学校

卒業おめでとう!五中卒業式

この日、箕面市立中学校が、一斉に卒業の日を迎えました。
第五中学校でもたくさんの保護者が見守る中、卒業証書授与式が行われました。
会場の体育館は、クラブの後輩手作りのメッセージが掲示され、あたたかい雰囲気に包まれていました。
ブラスバンドの演奏と、拍手のなか卒業生が入場すると、用意されたスクリーンにその様子が映し出されました。
校歌などが斉唱された後、野村校長先生から、一人ひとり大切に卒業証書が手渡されました。

春の全国火災予防運動に伴う消防訓練!

2010.03.08.mon/箕面市粟生間谷東1丁目

春の全国火災予防運動に伴う消防訓練!

3月8日朝9時30分。粟生間谷東の有料老人ホームでは施設初となる消防訓練が行われました。訓練は自衛消防隊による火災の発見からはじまり、通報訓練、初期消火訓練、避難誘導訓練が行われ、その後到着した消防隊(消防車両6台、21名)により、揚水・中継・放水訓練、逃げ遅れ者の救出訓練を完了。最後に消防本部に報告して訓練が終了しました。
訓練に参加した職員の女性は、「訓練は初めてで緊張しましたが、こういう訓練を行っておけばいざというときにも安心できます。」と語りました。

滝道にミニ阪急電車登場!

2010.03.07.sun/瀧安寺前広場

滝道にミニ阪急電車登場!

 1910年3月10日、阪急電鉄の前身 箕面有馬電気軌道が開業。今年で100周年を迎えます。それを記念して、箕面の滝道にミニ阪急電車や滝ノ道ゆずるが登場するイベントが開催されました。ちびっこたちはミニ阪急電車に大喜び。100年前の箕面駅は線路がラケット型だったとか、大きな電飾塔が立っていたとか、今のスパーガーデンの場所に動物園や観覧車があったという当時のパネル展示もありました。そのほか、ミニ縁日コーナーや阪急オリジナルグッズ販売なども。イベントは、小雨降るなか、お昼過ぎまで行われました。

第5回箕面芸術祭「レビュー伊勢物語」満員御礼!千秋楽

2010.03.07.sun/メイプル大ホール 箕面市箕面5丁目

第5回箕面芸術祭「レビュー伊勢物語」満員御礼!千秋楽

年に1度の箕面芸術祭が満員御礼のうちに千秋楽を迎えました。第5回となる今年のテーマは「レビュー伊勢物語」。プロのキャスト、公募で集まった市民参加者など、総勢124名の大ステージは、2日間のべ入場者数なんと約1000名(6日451名、7日522名)!終演後、キャストたちはロビーで記念撮影。5ヶ月間の稽古で生まれた新しい絆を確かめ、名残を惜しんでの最終日となりました。観客からは、「歌、踊り、生演奏の迫力!古典とロックの融合が素晴らしかった!この料金でこのステージは安い!」などと絶賛の声。
時代考証を忠実に再現した衣装部さん、ホール始まって以来のマイク数を裁いた音響さん、大がかりな舞台転換の多い場面をスムーズに作り上げた美術さん、平安絵巻の美しさを見事に描き出した照明さんなど、打ち上げで明かされたそれぞれの苦労は数知れず。キャストだけではなく、連日連夜作業をしてきた裏方さんたちみんなで作り上げた素晴らしい舞台となりました。来年の箕面芸術祭、今から期待が高まります。

西南公民館グループ協議会 第28回活動祭

2010.03.06.sat/箕面市立西南公民館

西南公民館グループ協議会

 箕面市西部にお住まいのみなさんの生涯学習、サークル活動の場 西南公民館で年に一度の活動祭!日頃、館を利用されているみなさんの、活動発表、お祭りです。
初日の3/6(土)は、あいにくの雨にもかかわらず、多くのみなさんが来場。所狭しと飾られた展示物、講堂での太鼓や合唱、マジック、詩吟、フォークダンスのほか、ガールスカウトや福祉会が出す軽食コーナーを楽しみました。3/7(日)も午前10時〜16時に開催。ぜひお出かけください!

もうすぐ1年生ともうすぐ2年生、給食交流会

2010.03.05.fri/箕面市立南小学校

もうすぐ1年生ともうすぐ2年生、給食交流会

 箕面市立南小学校に、せいなん幼稚園から新1年生になる園児のみなさんを招いて交流給食会が行われました。もうすぐ2年生になる先輩1年生と一緒にはじめての給食。今日の献立は、ご飯とミルク、さわらの照り焼き、けんちん汁、フルーツゼリー。園児たちはお魚をきれいに食べられたかな?

ブルガリア児童画展

2010.03.04.thu/みのお市民活動センター

ブルガリア児童画展

イルカや魚、鮮やかな色彩の海の生きものたち。
ブルガリア北部の都市・プレベン市の子どもたちが、黒海をテーマにいきいきと描いた作品の数々、その展示が市民活動センターで行われています。
ブルガリアといえば、ヨーグルト!…琴欧州!
…それ以外にあまりイメージがないかも知れません。遠いブルガリアですが、そこに住む子どもたちの絵を間近で見ると、「描いたのはどんな子だろう」「どんな表情で描いたのかな。友だちと大さわぎしながら描いただろうか」と想像がふくらみ、遠い国が少し近くなったような気になります。
 鮮やかな色づかい、紙いっぱいに描いた魚の姿はとてもダイナミック。子どもたちの海への憧れが感じられます。その一方で、海にたれ流される重油や家電ゴミ、放射性廃棄物のドラム缶が描かれた作品も。死んだ鳥、網にかかって苦しむイルカ、海にも陸にも広がる汚染…。海を愛し、その将来を心配するブルガリアの子どもたちの思いが伝わってきました。

◆ブルガリア児童画展
2/27(土)〜3/7(日)みのお市民活動センター
3/17(水)〜3/24(水)中央生涯学習センター(メイプルホールロビー)
主催:駐日ブルガリア共和国大使館
共催:チャターボックス、箕面市国際交流協会(問合せ072-727-6912)

六中、3年生を送る会

2010.03.04.thu/箕面市立第六中学校

六中、3年生を送る会

6時間目を使って「3年生を送る会」が開かれました。
在校生が感謝の気持ちを込めて、さまざまな贈り物をします。
スクリーンを使って卒業生の中学校生活振り返る「思い出のアルバム」でスタート。懐かしい写真に時折笑い声も響きました。
1年生からは、卒業式で胸につける手作りの花が贈呈され、2年生からはステンドグラス調に作られた思い出の数々と、合唱で「3月9日」「手紙〜拝啓、十五の君へ〜」がプレゼントされました。
最後は、3年生を担任した先生がメドレーで歌のプレゼント。
ブラスバンドの伴奏に合わせて、仮装、替え歌、熱唱ありで生徒にも大好評!!
大盛り上がりでした。
暖かい手作りの「3年生を送る会」、卒業生にも感謝の気持ちがしっかりと届いたのではないでしょうか。

かやっこまちづくりプロジェクト「鍋田川清掃」が行われました

2010.03.03.wed/鍋田川 箕面市萱野

かやっこまちづくりプロジェクト「鍋田川清掃」が行われました

快晴の清掃びよりとなった3月3日。田園風景広がる鍋田川で清掃活動が行われました。これは箕面市立萱野小学校4年生が取り組んでいる「かやっこまちづくりプロジェクト」のひとつ。「川をきれいにしてほしい」という地域の方々の声を解決しようと、総合学習の時間に学年全体で取り組み、清掃活動だけではなく、川を汚さないための呼びかけにどんな方法があるか、新聞やチラシ、看板などのチームを結成し、活動してきました。
この日は長靴、軍手などに身を包んだ4年生のほか、保護者の方たちも大勢参加。胸に手作りのプロジェクトバッチが光ります。前日の雨の影響で水量の増えた川に注意しながら順番に川に降りますが、高さのある土手から川辺への上り下りだけでも一苦労。それぞれが工夫してビニール袋や傘、缶、瓶、電池などを拾い上げ、分別収集しました。
テレビチームの子供たちは活動のようすをケーブルテレビにレポート。ラジオチーム「ケンタッキーズ」はイベントPRのため、去る2月23日、タッキー816みのおエフエムに生出演しています。
偶然、萱野保育所からもキレイキレイ隊(毎週水曜日保育所周辺のゴミ拾いをする活動)を終えた5歳児さんたちがお散歩に来ており、春から入学する小学校の先輩たちのようすを興味深げに見ていました。

page top