市民レポーターが箕面の今を密着取材!

タッキー816でオンエア中!放送:月〜金曜10:45〜10:55

インドネシアの影絵芝居「まめ鹿カンチルのおはなし」

2019.03.10.sun/箕面小コミセン

インドネシアの影絵芝居「まめ鹿カンチルのおはなし」

3月10日(日曜日)、箕面小コミセンでインドネシアの影絵芝居「まめ鹿カンチルのおはなし」が上演されました。
出演は「マギカ・マメジカ」のみなさん。インドネシア生まれのアナント・ウィチャクソノさんと、大阪生まれの西田有里さんによるユニットで、インドネシアの伝統的な影絵芝居「ワヤン・クリ」の上演を各地で行っています。
 影絵と同時に演奏されるのは、インドネシアの伝統音楽ガムランで使われる楽器の数々。両面太鼓や金属製のゴングなど、豊かな響きが室内にあふれます。
 会場の灯りが消され、暗くなるといよいよ影絵芝居の始まり。スクリーンに映る動物や木のシルエットが躍動し、不思議なガムランの響きもあいまって、観ていた幼児からは「こわいー」と半べそをかく声も。それでも物語が進むにつれ、いつしかお話の中に引き込まれていったようでした。
 主人公はカンチルという名の小さなまめ鹿。カンチルたちが暮らす森にある日恐ろしい鬼が現れ、暴れ回ります。カエルやサル、象に至るまで、鬼に怯えて森を逃げ出しますが、カンチルは「ぼくが鬼をこらしめてやるよ」と、ひとりノコノコと森の中へ。ついに大きな鬼と対面しますが、カンチルの作戦とは・・・?
 どことなくユーモラスな語りとダイナミックな影絵の動きを楽しんだひととき。お客さんは演者のみなさんに大きな拍手を送りました。
 終演後は、影絵人形やガムランの体験コーナーもあり、子どもたちは夢中で影絵芝居の人形を手に取って、スクリーンに映しながら時を忘れて楽しんでいました。

第32回東生涯学習センターグループフェスティバル

2019.03.09.sat/箕面市立東生涯学習センター

第32回東生涯学習センターグループフェスティバル

 3月9日(土曜日)と10日(日曜日)、箕面市立東生涯学習センターで恒例のグループフェスティバルが開催されました。日頃センターで活動する市民グループのみなさんの発表のおまつりです。舞台では音楽やダンス、展示では絵画、写真、書道、木工、陶芸などの力作が並びました。お茶や軽食のコーナーもあり、多くの来場者でにぎわいました。
 活動しているみなさんは「活動が楽しい」「活動を通して友達ができた」「健康のためにも長く続けていきたい」と話し、今年も活気のあるフェスティバルとなりました。

季節の節目を祝う「五節句展」

2019.03.08.fri/箕面市立郷土資料館

季節の節目を祝う「五節句展」

 箕面市立郷土資料館で、季節の節目を祝う「五節句」にちなんだ企画展が、5月15日(水曜日)まで開催されています。五節句は、正月7日の「人日(じんじつ)」、3月3日の「上巳(じょうし)」、5月5日の「端午(たんご)」、7月7日の「七夕(しちせき)」、9月9日の「重陽(ちょうよう)」の節句で、伝統行事として古来からお祝いされてきました。会場には、人日の節句として七草粥のレプリカのほか、ひな飾り、五月人形や鎧兜、七夕の笹や短冊、重陽の節句の菊の酒杯など、約70点が展示されています。
 和歌山から来館されたかたもおられ、丁寧に展示物を見ていました。それぞれの節句のいわれや風習なども紹介されていて、節句になじみの薄い若い世代のかたにも興味がもてる内容になっています。
■箕面市立郷土資料館 企画展「五節句展」
3月8日(金曜日)〜5月19日(水曜日)午前10時〜午後5時(木曜日休館)
入場無料

「はじめてのそば打ち」講座

2019.03.02.sat/箕面市立中央生涯学習センター

「はじめてのそば打ち」講座

 蕎麦を自分で打って作る3回の講座が、中央生涯学習センターで開催されました。講師はNPO法人フードラボそば打ち部のかた。マンツーマンでそば打ちのやり方を教わりました。講座では、自分たちで打って鴨せいろで食べたり、打ったそばを受講生同士で食べ比べしたり、そばを存分に楽しみました。学習センターでは、新しい趣味を見つけて、人生を豊かなものにしてほしいと話していました。

箕面矯正展 刑務所作業製品等展示即売会

2019.03.01.fri/箕面市立グリーンホール

箕面矯正展

 3月1日(金曜日)・2日(土曜日)の二日間、グリーンホールで、今年も「刑務所作業製品展示即売会」が開催されました。
 社会復帰をめざす全国の受刑者たちが作った家具、靴やバッグなどの革製品、陶磁器やガラス製品などレベルの高い製品が並び、毎年多くの来場者が訪れ購入しています。今年も、箕面市更生保護女性会によるお茶席もあり、にぎわっていました。
 製品の売上の一部は、犯罪被害者支援団体の活動に役立てられます。

page top